そよ風メールマガジン

今日も梅津さんの絵画展を取材に、HBCの方がいらっしゃいました。

そして、本日NHKの地域ニュース(18:45から)で、先日のインタビューの様子などが放映される予定だそうです(都合で放映延期になる事があります)。

今日もたくさんの方がご来館されています。なんと札幌からという方も!いかがですか?と尋ねましたところ、「すばらしい!」とおっしゃってくださいました。



まったく話は変わるのですが、活センスタッフは交代でいろいろな原稿を書いています。このブログ、広報紙「かわらばん」、室蘭民報「活セン通信」…もう一つ、月に一度の原稿担当が、室蘭市が発行する室蘭ぐらし情報「そよ風メールマガジン」の「室蘭まちかどコラム」です。

このメールマガジンは、室蘭市企画課の発行で、室蘭への移住をお考えの市外の方に、室蘭のトピックスや移住体験情報などをお伝えしています。私たちが担当する室蘭まちかどコラムでは、季節が感じられるような話題や市内で行われるイベントを取り上げています。

このブログをご覧になっている市外の皆様、ぜひ登録してくださいね!



「そよ風メールマガジン」は、

室蘭市のトップページ「総合案内」(左コラム)

→「室蘭移住、U・Iターン転職情報」

→「移住相談ワンストップ窓口

→「7、その他」

から登録できます。(三木)

ようこそサミット"さわやか室蘭"クリーン月間のお知らせ

日頃から自主的に町並みや沿道の清掃、草刈りを行い、街をきれいにすることを目的とした、『まち「ピカ」パートナー事業』。4月28日現在で146団体もの方々に登録していただいています。



そんなまちピカ事業では、室蘭市とともに北海道洞爺湖町サミットへの歓迎の意を表して、6月に「ようこそサミット"さわやか室蘭"クリーン月間」を設定し、多くの市民の方々に呼びかけ、清掃活動を展開します。

7月7日~9日に洞爺湖町で開催されるサミットには、参加国首脳が一同に会するととともに、内外から多くの関係者、観光客が訪れる事が予想されます。来訪者をきれいな町並みで迎える為、多くの方のご参加をお待ちしています。

なお、実施要綱等、詳しい内容につきましては下記までお問い合わせください。(村本)

-------------------------------------------------------------------------------

・リサイクル清掃課(電話0143(22)1481)

・市民活動推進課(電話0143(25)2223)

・市民活動センター(電話0143(25)7070)





函館市地域交流まちづくりセンターに行って来ました!

 4月22日、「函館市地域交流まちづくりセンター」に行って来ました。

 函館市の十字街電停そば、旧丸井今井呉服店函館支店の建物を再利用。博物館や美術館にしようという動きもあったという趣のある建物です(写真は後ほどアップします)。



 1階:観光などの情報を発信するスペースとカフェ

 2階:市民交流フロア(会議室とギャラリースペース)

 3階:市民活動支援フロア(貸事務所スペース、打ち合わせスペース、資料作成、情報発信など)



 去年の4月にできたということですから、ちょうど一年くらいですね。



 室蘭から来て…とご挨拶すると、施設をくまなく案内してくださいました。北海道で最初に出来たデパートなので、東京の某デパートにならって大理石をふんだんに使うなど豪華なつくり。なんと言っても、驚いたのは「手動エレベーター」!上下動はもちろん電気で動くのですが、操作が手動(レバーを倒すと、あがったりさがったりする)。段差無く床にあわせるのが難しいそうです。建物を見ていると、すっかり観光気分。

 スタッフのみなさんも親切で、観光情報やカフェもあることから、とても入りやすい雰囲気。以前は人通りも少なかった場所だそうですが、この「まちセン」ができてから活気が出てきたというのも納得です。会議スペース、展示スペースもたくさんあり、うらやましいなぁと思いました。

 しかし、案内をしてくださった方は「ここの自慢は設備よりも、センター長です」とおっしゃっていました。函館にも市民活動を支えるスペースを、と設立に奔走されたセンター長の丸藤さんがいなければ、現在の自由な雰囲気のまちづくりセンターもなかったであろうということでした。どんなに立派な設備があっても、成功するかどうかは運営する人によるのだ、ということをあらためて感じました。



 いろいろな活動センターを見てきましたが、設備がどうのこうのよりも、そこを運営する「人」をしっかりみて、その雰囲気を感じて、自分たちが目指すものを考えていかなければなりませんね。実際、どこのセンターでも、市民活動に長く関わってきた方が、いきいきと、目標をもって市民活動のサポートに当たっていました。「大変だよね」といいながら、笑顔で。

 「中間支援組織」という意識も無いままに、活センにかかわってきてしまった自分を振り返り、反省するきっかけとなりました。



 今回も観光のついでだったことから、見学の申し込みなどもせず突然の訪問でしたが、函館「まちセン」の皆さんにはあたたかく迎えていただき、ありがとうございました。

 皆さんも、函館観光の折にはぜひお寄りくださいね!(三木)

今日の活セン

今日も梅津さんの展示をUHBの方が取材にこられました。

まちピカの活動や印刷機のご利用、レターケースの中身を取りになど、みなさんにご来館いただき活気あふれる活センです。







さて上の資料ですが、今日届いたばかりです。

「平成20年度 市内各種大会・行事一覧」ということで、年間を通した、室蘭のありとあらゆる行事が掲載されています。



露店のあるお祭りから小学校の運動会、科学館や民俗資料館の催し、スポーツ大会など、こんなにも多くの行事があるんですね。

入口に何部か置いてありますので、必要な方はお持ちくださいね。(山川)

取材のようす



 今日は、NHKの方が絵画展の取材に来られました。

 ご自分の描いた絵をバックにインタビューをうけた梅津さんは「新聞の取材などと違って、カメラがあると緊張するねぇ」とおっしゃっていましたが、白黒ブロマイドをもとに描いた苦労話や、好きな映画のことなどを話していらっしゃったようです。



 放送日は未定ということですが、18時45分からの地域ニュースだと思いますので、注目してみてください。



 また、日本の女優さんにも名前をつけていただきましたので、昨日までにご来館されて「名前がわからない!」とお悩みの方はぜひもう一度お越しくださいね。(三木)



 

梅津さんの「懐かしの女優さん100展」

昨日から始まった、梅津成夫さんの「懐かしの女優さん100展」。洋画・邦画の女優さんの肖像約百点を展示しています。









今日は新聞にも掲載していただきましたので、お客さんが多かったです。

日本の女優さんをみて「本当に懐かしいね、青春だよ」という方もいれば、「マリリン・モンローやヘップバーンは分かるよ、きれいだねぇ」という方も。

78歳になる梅津さんが、去年の秋から制作をはじめ、一人で書き上げたんですよと説明すると、皆さん一様に驚かれます。



名前の入っていない絵もあるので、「あー、このひと分かる~、でも名前が出てこない…」と来館者を悩ませております。お客さんにきいて、分かる範囲で名前を付けてみましたが、まだまだ分からない絵がたくさん。今度、梅津さんがいらっしゃったら改めて確認いたしますが、名前のついていない絵があったら「このひとは○○さんだよ」と教えてくださいね。(三木)

和の装い

 本日も大賑わいの活動センターです。

朝から会議、お客様、まち「ピカ」の対応、パソコン無料相談会、お客様、そして会議・・・。

大変ですが、笑顔を絶やさず接客です。



民俗資料館より、ポスターとチラシをいただきました。

「和の装い 下駄・草履履物展」開催のお知らせでした。

場所―室蘭市民俗資料館

期間―4月26日(土)から6月15日(日)

時間―午前10時からまでの開催です。

下駄や草履・各種道具類、奉納わらじなどを展示するようです。

最近は日本的な文化に触れていない方や改めて日本の歴史を勉強するいい機会では?



お問い合わせは活動センターまたは、下記までお願いします。

室蘭市民俗資料館 室蘭市陣屋町2-4-25 TEL0143-59-4922



私のブログの日は写真がないなぁって、思われている方もいらっしゃるでしょう、写真を添付出来ないわけではありませんよ。できます、出来ますよ。たぶん・・・。(英)



今日の活セン~展示準備中





今日はさわやかな青空が広がり、あたたかく、とても過ごしやすい一日となりました。



そんな中、活動センターの展示コーナーでは明日から開催の、『美人女優100展』の展示の準備真っ最中です。

色とりどりに飾られた、世界の美人女優の絵画作品が多数展示されていて、一見、写真かと見間違えるかのような、見事な作品です。

この作品を描いていただいた、梅津さんは元看板職人。さすが、というような納得の作品の数々です。



こちらは5月10日(土)までの開催となっていますので、ぜひ市民活動センターに足をお運びください。(村本)

季節の野草

 今日も朝から立て続けに、印刷機が大活躍です。

 申し合わせたかのように、終わったら次の方が来られ、という感じでしたが、もし混雑してお待ちいただくときには、昨日も紹介されたように色々な資料がありますのでぜひごらんくださいね。







 今日は、そんな、もしもの待ち時間でなくとも見ていただきたいような素敵な冊子をお持ちいただきました。

「季節の野草」、清川さんが作られた冊子です。

 春夏秋冬、全部で100種の草・花・木について解説され、「室蘭のどこそこに咲いている」などの情報も。清川さんが8年間白鳥台の老人クラブ会報に連載されていたコラムに、分かりやすく彩色し製本されたそうです。

 私も少し山歩きをしていたので、花を見るのも好きなのですが、室蘭にこんな花が!と驚いてしまいました。ヒメザゼンソウなんて見た事ありますか?市内某所に生育しているらしいですよ。室蘭は意外と自然が多い、ということを証明してくれる一冊です。

 活センにお寄りの際は、ぜひご覧ください。



 ところでちょっと宣伝なのですが、あした4月20日13時半より、長崎屋室蘭中央店にて、私たち「ぼこいふじエンターテイメント」が、コミュニティFMをPRするための公開放送を行います。もしお時間ありましたら遊びにきてくださいね!(三木)

活センに咲いた花♪

昨日のあたたかさから一変、肌寒い一日になりましたね。

活セン入口には、ピンクの大きな花が印象的なキョウチクトウを飾っているので、その回りだけ春爛漫といった感じです。



スタッフ大西さんのお宅の温室で育てられたキョウチクトウ。

関西方面では街路樹としても馴染み深い花だそうですが、みなさんご存知でしたか。

大西さんは以前山茶花(さざんか)も持ってきてくれました。

花をながめていると心が和みますね。



「来館者名簿ご記入のお願い」も、リニューアルしています。

ご来館の際はちょっと気にかけていただけると嬉しいです!







活センにはさまざまな情報が集まってきます。

エコライフ・ハンドブックは環境対策課よりいただきました。

環境問題全般について書かれていますが、カラーやイラストをふんだんに使っているので、読み物としても楽しめる内容になっています。

興味のある方はご覧になってみてくださいね。(山川)



室蘭市民美術館が10月にオープン!

今日も良いお天気ですね♪



今年初の半そでで出勤してみましたが、活セン内はあたたかいので、なかなか過ごしやすいです。



活センには午前中から、近くにお住まいの市民の方や、まちピカの方、室蘭に美術館をつくる市民の会の方などがいらっしゃいました。

室蘭に美術館をつくる市民の会では、10月1日のオープンにむけて『室蘭市民美術館』サポート会員を募集しています。

長年の活動が実を結び、室蘭市文化センター地下に市民のための美術館がオープンするんですね!

会員になって応援したいとお考えの方は、申込用紙をお預かりしましたので、活センまたは室蘭に美術館をつくる市民の会までお申込ください。(山川)



ちょっと賑やかな活セン

 昨日のブログにもありました通り、今日は朝からご予約が。





 鉄ン子文庫のみなさんが、資料作りをされていました。

 子ども文庫として活動されている鉄ン子文庫は、ただ本を読むだけではなく、クイズやゲームを交えて子供達が本に親しみやすくなるような活動をされているのだとか…、という紹介を、去年の今ごろも書かせていただいたのですよ。ご利用ありがとうございます。



 現在は伊達太極拳協会の方が、資料づくりをされています。

 伊達市は室蘭のとなりまちですが、室蘭でも活動なさっているそうですよ。私もやってみたいな、と思うんですけど、なかなか…という話をしたら、「サンライフ室蘭」でも夜にやってる方がいるのよ~など、教えていただきました。



 資料作りなどは大変そうですが、みんなでわいわいやるのは楽しいですよね!

 印刷機も初めて使われるときや何かわからないことがある時には、スタッフが手順を教えますので、ぜひお気軽にご相談ください。今日はわたしも、印刷の位置をずらすワザを覚えました!(三木)

本日は・・・。

 今日の活動センターは、昨日とは違い落ち着いた一日となりました。

お天気が良かったのでみなさん何処かへお出かけしたのでしょうか?少しさみしい日となりました  明日は会議や打ち合わせが3つ入っています、朝からにぎやかな活センとなりそうです。

 最近は印刷機がフル回転状態が続いています。年度始めなので、各団体さんの資料作りが多いようです。印刷機は予約ができませんので、印刷されている方がいらっしゃったら、少しお待ちになってください。(各団体の資料や印刷物がありますのでご覧になってお待ちください。)

 4月中旬となり暖かくなってきた今日この頃、お天気の良い日こそ活センに情報収集にいらしてはいかがですか?(英)

午前中からにぎやかな活セン、そして150周年…



今日は朝から小雨がちらつき、あいにくのお天気でしたが、多くの団体の方々に来館していただき、非常に朝から賑やかな活センとなりました。





ところで、話は変わりますが、活センの入口には来館者の方にお名前を記入していただくための来館者名簿が置いてあるのですが、今朝、スタッフが出勤してきたところ、来館者名簿のところに「登別温泉開湯150周年」の小さいのぼりがぽつんと置いてありました。

特にメッセージ等は無く、どなたかが活センのために置いていってくださった物だとは思うのですが、どなたが置いていってくださったのか、結局わからずじまいでした。



とりあえず、登別温泉開湯150周年ということで、おめでとうございます。

そして、このブログを見ていらっしゃる方で、『置いていったのは自分です』という方がいらっしゃいましたら、特に何もありませんが、活センまでご一報いただければ幸いです(笑)



蛇足ですが、久しぶりのブログでした。(村本)

インターネット安全教室





今日は14時から「インターネット安全教室」と題して、NPO法人くるくるネットの鳥山さんを講師に迎え、初心者の方にもよくわかるインターネットの安全な使い方を解説していただきました。



プロジェクターを使い実際のパソコン画面を見ながらのわかりやすい説明です。

質問はドラマ仕立てになっているので、どこがどんなふうに危険なのかが、具体的に理解しやすかったのではと思います。



講座が終了したあとで個人的に質問をされている方や、活センで毎月第4火曜日に開催しているパソコン無料相談会の日程をメモされる方などもいらして、みなさんの関心の高さを感じました。



機会がありましたら、ぜひみなさんご参加くださいね。(山川)

助成金応募ガイド2008





 財団法人助成財団センター「NPO・市民活動のための助成金応募ガイド2008」が届きました。

 市民活動も、広く公共の福祉に役立つためには、資金や物品が必要になってきます。活動への助成をしてほしいと思っている団体さんもあると思います。この本では市民活動に対して助成金を交付している財団などをまとめ、募集の要件や日程などのデータが掲載されています。

 「ビオトープイタンキin室蘭」では、この本などで情報を集め、補助金を獲得し、ビオトープの工事資金などにあてているそうですよ。本の中でも助成例が載っていますが、福祉関係のNPO法人設立補助、ボランティア活動助成、こどもの本の購入助成、いろいろな研究に対する助成など、たくさんの助成例があります。たぶん室蘭地域ではあんまり関係ないと思いますが、演劇への助成「珍しいキノコ舞踊団『3mmくらいズレてる部屋』ツアー」へのスタジオ貸与、など、なんだか面白そうな活動への助成もあり、助成例を見ているだけでも勉強になります。ぜひご覧になってみてください。

 1冊しかありませんので、貸し出しされている場合は予約を受け付けます。図書の貸し出しは2週間以内です。ご利用お待ちしています。(三木)

インターネット安全教室を開催します

4月12日(土)14:00~15:30まで市民活動センターにて

NPO法人くるくるネットがインターネット安全教室を開催します



内容:インターネット・携帯電話を安全快適に使いましょう!

どうすればインターネットを安全快適に使うことができるか?

被害にあったときにはどうすればいいかなど

対象:インターネット・携帯電話を使っている方

人数:30名程度(☆当時参加も可能)

参加費:無料、CD-ROM配布、ノベルティグッズ配布

スケジュール:

—————————————————

14:00開始

14:00~14:05 本日の説明

14:05~14:50 ビデオ上映を交えたインターネット安全教室を展開

        NPO法人くるくるネット

14:50~15:00 休憩

15:00~15:20 インターネット安全教室クイズ学習



★平成20年度むろらんIT勉強会の説明もありますので奮ってご参加ください

(スタッフ:鳥山)

リングプルいただきました!





本日素敵な親子さんが活動センターにたくさんのリングプルをもってきてくれました。

お父さんが一生けんめいお酒を飲んで集めてくれたのです。子供さんもそのおはなしをきいて、こんどはぼくもジュウスをたくさん飲んで応援しますといっていました。

いいご家庭を見たようなきがしました。嬉しいですね。

皆さんもほんの少しでいいのです。気が付いたら一つずつでもためてみませんか。

ちりも積もればやまとなるのです。この親子さんのように応援してくださいね。(純一)

絵手紙展 開催中!!







 本日から尾崎邦郎さん作品展第二弾の絵手紙展が開催いたしました。

写真展とは雰囲気がガラっと変わって、「和」テイストです、尾崎さんの辛口や、やさしい一言が絵手紙に書かれていて、心に響きます。19日(土)まで開催していますので、暖かい日に足をお運び下さい。(英)

まちピカも。





 今日も、団体さんが打ち合わせなどにいらしていて、にぎやかでした。

 登録団体の、難病連室蘭支部でも年度替わりの資料作成などをなさっていたようでしたよ。



 団体さんだけではなく、今日は「まちピカパートナー」の方が、活動予定の連絡やゴミ袋の受け取りに来ていました。春になって雪に隠れていたゴミが目に付くこのごろ、たくさんの「まちピカパートナー」が「自分のまちは自分たちできれいにしよう!」と活動してくださっています。

 今日来られた泉町会の方は、街路樹の剪定や花を植えたりもされているそうですが、「通りがかりの方が『きれいね』と言ってくれるのが嬉しいです」とのこと。そんなちょっとしたコミュニケーションが嬉しいですよね。私も、もしゴミを拾ってくださる方などに会ったら、挨拶したりお礼を言ったりしようと思いました。

 みなさんもぜひ、まちピカや市民活動をしている方へのそんな「ちょっとした応援」をお願いします!(三木)

年度替わりなので

今日は朝から印刷機ご利用の方が立て続けに4件。

町会などの総会資料だとか。1製版30円(紙持込)と安いのは助かる、とのことでした。

港立市民大学の打ち合わせもあり、やはり年度替わりはどこの団体さんも忙しそうです。



ところで、この日記の署名が変わったのにお気付きでしょうか?

スタッフの入れ替わりの際、IDを作ったり消したりが面倒だったので、「ぼこいふじスタッフ」というIDをつくって、みんなそれで投稿することにしました。

といっても、これまでと内容が変わったりはしませんので、これからもよろしくお願いいたします。



今日で尾崎さんの写真展が終了です。来週から絵手紙展が始まりますので、こちらのほうもお楽しみに!(三木)



今日の活セン





昨日、今日と、いくつもの団体の代表者が活センにお見えになっています。

市の担当者を交え、「まちづくり活動支援補助金」の協議を行う為です。



地域の活性化や課題の解決を目的とした、自主的なまちづくり事業を支援する為の制度です。市民を巻き込んだイベントのお話も出ているようですし、新年度は、みなさんどんな活動を計画されているのでしょうか。楽しみです。(山川)

室蘭盆栽会、室蘭和太鼓會が団体登録

 3月27日に室蘭盆栽会、そして今日は室蘭和太鼓會が団体登録してくださいました。

 室蘭盆栽会は、青少年科学館の盆栽の手入れをしたり、毎年五月に市民園芸相談を行ったりしているそうです。

 室蘭和太鼓會は毎週土日に青少年研修センターで練習を行い、各種大会やイベント、祭事などに参加されています。



 これで、登録団体は「60団体」!



 しかも、今回登録してくださった2団体、「日本の文化を見つめなおす」感じでいいですね。興味のある方はぜひ活センに情報を見に来てください。(三木)

~ギャラリー予告案内~

今日は風が強く肌寒かったようですね。

活センの大きな窓からながめていると、暖かそうに見えていました。

「外はけっこう風が吹いてるんだよ!」と展示を観に来られた方に言われるまで気がつきませんでした。







さて、これからの展示予定ですが・・



4月22日からは、元看板職人の梅津さんによる「美人女優100人展」

こちらは以前に何点かお預かりしていた絵を活セン内に飾っております!



5月13日からは、相原勝彦さんによる「イタンキ・冬の顔」写真展

打ち寄せる波しぶきなどを、1/1000秒の高速シャッターにより見事に表現された世界をご覧いただけます!



そして、6月17日からは藤井 松夫さんによる「鳴砂海岸写真展」と続くのですが、みなさんそれぞれにオリジナルのパンフレットやご案内ハガキなどを用意されているんですよ。

鳴砂海岸のパンフレットは、シニアネットいぶりのメンバーが講師になり、活セン内で毎月第4火曜日に行われている「パソコン無料相談会」でのアドバイスもずいぶん役立っているそうです。

習ったことを実践して、きちんと仕上げていらっしゃることに感心してしまいました。





こんなふうに、楽しみな展示予定が続きます。

みなさん、ご期待くださいね!



★スケジュールは変更になったり、新しい予定が決まることもございますので、事前にお電話で確認されることをおすすめします。

(山川)

新年度、ニューフェイス



 4月1日、新年度が始まりました。

 活センに常駐する市職員にも入れ替わりが…

 写真は新スタッフ菊地さんを交え、仕事の説明などを行っているところです。

 活センでのはじめての一日、「いろいろな方がいらっしゃるんですね」と驚いていたようです。



 昨日までスタッフだった大西さんは、今度は行政パートナーとしてときどき夜間の業務に入ってくれます。ビオトープ・イタンキin室蘭の代表でもある大西さん、昼はビオトープの工事状況を見ていらしたとか。風が強く寒かったようで、風邪声です。おつかれさまです。

 

 ちょっと新しくなった活セン、これからもよろしくお願いします! 

(三木)
プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ