明日からビオトープ・イタンキパネル展!

 明日からの「ビオトープ・イタンキパネル展」の準備に、ビオトープ・イタンキin室蘭の方々が来られました。





 イタンキに咲く花や、めずらしいトンボの写真など約30点を展示します。青森が北限とされるショウジョウトンボの写真を始め、ヨツボシトンボ・ギンヤンマ・アジアイトトンボなど…トンボってこんなに色も形も違うんだなぁ、と驚きました!



 ビオトープ造成の写真も有り、何もなかったところに池を作り、木を植え、変わっていく様子が分かります。自然がなくなったと嘆いているだけではなく、自然をとり戻すために行動されてきたビオトープの会の方々はすごいと思いました。



 環境問題について話し合われるサミットももう間近。この展示を通して、身近な環境に目を向けていただければ、と思います。ぜひご覧下さい。(三木)

ダンボールコンポスト講座





今日は13時から、活センスタッフでもあるミニマムクラブ代表の三木さんによる「ダンボールコンポスト講座」が開かれました。



自宅でダンボールコンポストを使用している室蘭友の会の市谷さんにもご協力いただき、生ゴミを入れる量や水分によっての微生物の活動の違い、虫がついたら、腐敗臭がしたら、などの状況に合わせた対応の仕方について細かく説明していただきました。



かき混ぜたり、世話をすることで育てている感じが味わえ、名前を付けたくなってしまうほど愛着がわくそうですよ(笑) 



参加された方は「家に帰ってやってみるのが楽しみ!」とうれしそうに話されていました。

5名程度の人数が集まれば講習会を開く事が可能とのことです。

興味のある方は活センまでご連絡くださいね。(山川)

写真展「鳴砂海岸」は明日まで

今日も藤井松夫さんの写真展には、たくさんのお客様にきていただきました。好評のうちに、写真もチョウチョ貝も配布を終了。藤井さんが不在の時に伝言や感想などを入れる「連絡箱」なども自作してこられ、他の人には見られないように藤井さんに連絡が可能になっており、なるほど~と思いました。

写真展は明日まで。16時には撤収にかかりますので、まだ見ていないという方はお早めにお越しくださいね。

町内会運営ガイドブック



 室蘭市連合町会協議会と室蘭市・市民活動推進課が作成した「町内会運営ガイドブック」。町内会の重要性、運営のしかたなどが書かれた本編と、規約例文やさまざまな書類の例、町内会を支援する助成情報などが書かれた資料編に分かれています。たくさんの具体的な例をもとに説明されているので分かりやすく、町内会だけでなく市民活動団体にとっても参考になる冊子だと思います。



 私事ですが、去年うちにも自治会の班長役が回ってきて、広報などの配布や清掃活動の段取りなどを行い、これまで当たり前のように思っていたことも誰かがやってくれている仕事で、あまり気付かれないけれども大切な仕事だなぁと思いました。そんな大切な仕事をする町内会をバックアップする情報が満載です!



 「町内会運営ガイドブック」は活セン登録団体にレターケース等を通して配布するほか、市民の方にも配布しますので、ご希望の方は活センまで!数に限りがありますので、先着順です。(三木)

ダンボールコンポスト講座

天気予報では傘マークも出ていましたが、日中は吹く風も気持ちよく、とてもさわやかな

お天気でしたね。







レジ袋を利用せずマイバックを持参する、電気はこまめに消すなど、環境への身近な取り組みを実践している方は多いと思いますが、ダンボールをコンポストとして利用できることをご存知でしょうか。



活センでは28日(土)13時~14時にダンボールコンポスト講座が開かれます。

ダンボールコンポストの作り方と使用時の注意点などを説明し、希望者には中に入れる材料も300円でお分けします。

興味はあったけれども一人で始めるには不安が・・ と感じていたり、用意する物がわからなくて踏み出せなかった、という方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。



箱作り希望の方は、みかん箱程度の深さのあるダンボールをお持ちください。

みなさまの参加をお待ちしています。(山川)



パソコン相談会

 6月24日、今日は第4火曜日です。

毎月行っていただいている、シニアネットいぶりさんのパソコン無料相談会です。







毎回パソコンの相談に市民の方が来ています。



 パソコンは自分が使っている機能しか把握していませんが、いろいろなことが出来ると思います。勉強することは「歳」は関係なく、やる気があれば何でもできる。

やる気があれば・・・。ですが。

 なかなかパソコンは勉強する気にはなれない(英)ですが、何にでも興味を持って人生を過ごそうと思います。ここ活動センターに来られる方々のエネルギーは溢れんばかりで、いつも感心しています。自分ももっともっと頑張ろうと考えていた(英)でした。

会議スペースも盛況

写真展も盛況ですが、今日は会議スペースも盛況でした。



作業をされているやまぼうしの皆さんと、難病連の皆さん。会報の作成・印刷をされているひまわりクラブの方。さらに、14時くらいからは7月5日の和太鼓イベント「北響祭」関係の打ち合わせも行われ、活気のある活センでした。

こんなにいっぱいになるのも久しぶりです。

5名以上の打ち合わせの際には、予約されるかお電話で確認くださいね。

写真展大盛況♪

開催以来、たくさんの方に足を運んでいただいている鳴砂海岸写真展。

撮影された藤井さんも、時々顔を出してくださいます。

写真をご覧になっている方とお話されたりしていて、とても楽しそうです。







気に入った写真を持ち帰っていただけるようにと、テーブルの上に何枚も写真を用意してくださっていた藤井さん。

写真は残り6枚ほどになってしまいました。



先日このブログで紹介したチョウチョ貝もすべて無くなっていたので、また少し置いて行ってくださいました。

幸運が訪れるのはなぜか女性限定らしいのですが(笑)、持っているとお守りになるそうですよ。 残りわずかですので、ご覧になりたい方はお早めに!(山川)

はつらつ福祉ボランティア講座

活センのポスター掲示板、夏のイベントを控え、たくさんのポスターが貼られています。



今日は社会福祉協議会が開催する「はつらつ福祉ボランティア講座」をご紹介。

社会福祉協議会にて、高齢者疑似体験、布本制作体験、点訳体験…など、8つの体験講座が行われます。無料です。参加希望の方は、7月10日までに社会福祉協議会(0143-22-1858)へ申込が必要です。

ボランティアに興味はあるけど、自分にできるかな?という方、どんな活動が自分にあっているか分からないという方には、いろいろ体験できる絶好の機会。ぜひ参加してみてくださいね。各講座とも定員15名(先着順)です。



7月16日13:00~14:30 高齢者疑似体験・車椅子体験講座

7月17日13:00~14:30 布本制作体験講座

7月18日13:00~14:30 点訳体験講座

7月25日13:00~14:30 緊急時蘇生法講座

7月26日13:00~14:30 介護体験講座

7月28日13:00~14:30 朗読体験講座

7月29日13:00~14:30 手話体験講座

7月31日13:00~15:00 視力障害者ガイドヘルパー体験講座



8月1日の福祉施設体験講座(見学)は、もう定員に達したようです。申込はお早めにどうぞ。(三木)



フリーマーケット♪

NPO法人ワニワニクラブの仲間達の会より、フリーマーケットのお知らせをいただきました。ワニワニクラブは、輪西にある「ぷらっとてついち」(市民会館に隣接する商業施設)で、会員の子ども達が自由に遊べる施設「ワニワニクラブ」の運営を行い、子育てをしている方への支援を行っています。



~フリーマーケット~

日時:6月21日(土)13時~15時

場所:ぷらっとてついち内 ワニワニクラブ




家庭用品やおもちゃ、衣類などが出品される予定です。

子ども向けのものなども多いのではないでしょうか?興味ある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。



実は別件でワニワニクラブさんに電話したところ、「そういえば…」とこの情報を教えていただきました。登録団体のみなさま!このブログでもイベント情報の告知ができますよ。一言「ブログに載せて!」「ホームページに載せて!」と指定してください。なるべくご希望にお応えします。ご活用ください。

(三木)

今日の活セン~にぎやかな会議

今日は朝から「鳴砂海岸 写真展」をご覧になるため、多くの方々にご来場いただきました。会場では、この写真展を開催していただいている藤井さんのご好意で、持ち帰り用の写真があったのですが、この持ち帰り用の写真は大人気で、今日だけでかなりの数の写真が無くなっていました。会場を訪れた多くの人が、記念に写真をいただいて帰られたようです。



そして、会議スペースでは、このブロクでも何度も紹介させていただいていて、活センの常連さんである、「港立市民大学」の総勢約20名の方々による会議が行われました。

人数も多く、またとても活発に発言される方々が多いため、今日はとても賑やかな活センとなりました。

今日の活セン

鳴砂海岸写真展では、室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会の活動の様子も見ることができます。藤井さんともゆかりの深い会のメンバーをはじめ、今日一日で20名近くのみなさんが写真展に足を運んで下さいました。









持っていると幸せになると伝えられている、かわいらしいチョウチョ貝も展示されていますので、ご覧になってみてくださいね。(山川)

『鳴砂海岸 写真展』は今日から!





今日から、活センの展示コーナーでは、日の出町在住の藤井松夫さんによる、『鳴砂海岸写真展』が始まりました。

藤井さんは「鳴砂海岸」に魅せられ、その美しい自然や、海岸に訪れる人々を撮り続けていらっしゃいます。

会場の写真には、鳴砂海岸の美しい景色、海岸を訪れる人々の笑顔、普段はなかなか目にすることができない映画の撮影風景、海岸に咲く花々、海岸に訪れる鳥たち…

写真には、鳴砂海岸の様々な様子が写し出されています。

ところで、活センでは「鳴砂海岸」すなわち、イタンキ浜にかかわる展示や講座が多く開催されています。先月も「イタンキ冬の顔写真展」が開催されていましたし、毎年、室蘭鳴り砂を守る会の方々による「鳴り砂講座」を活センで開催しています。

それだけ、イタンキ浜はいろいろな魅力を持った場所だという事なんですね。



こちらの「鳴砂海岸 写真展」は今日から6月28日(土)まで開催しています。いろいろな魅力を持った、イタンキ浜のさまざまな写真をご覧になってみませんか?

今日の活セン



 午後から、室蘭港立市民大学上級コースの方が会議に来られました。

 港立市民大学を卒業した方々が、室蘭をより深く知り、まちの魅力を発信するために、何をすればいいのか自分たちで考え、実践していく「博士課程」。

 今日もみなさんでアイデアを出し合い、いろいろと面白い話をされていて、私も思わず聞き耳を立ててしまいました。



 会議終了と入れ替わりに、今日で展示終了の『港北町二丁目町会絵手紙サークル「画楽会」絵手紙展』の片付けに、画楽会の方が来てくれました。これまでご来場いただいたお客さんには「写実的なものや大胆なものなど、みなさん個性があって面白いですね」「添えられている一言が面白い」と、好評でした。

 他の町会でもサークル活動がさかんなところがあると聞いていますので、ぜひ活センギャラリーをご利用いただきたいと思います。



 来週からは藤井松夫さんによる「鳴砂海岸」写真展が始まります。ちなみに「鳴砂」と送りがなの「り」を入れないのは、藤井さんのこだわりです!(三木)

凧揚げに行ってきました!!









早朝に雨が降り心配していましたが、スタートする頃には雨もやみ無事凧揚げが行われました。



会場に到着するとすでに色とりどりの連凧が、白鳥大橋をバックに何本もの弧を描くようにのびのびと揚がっていました。大橋を通行する車も、心なしかいつもよりゆっくり走っているように感じられ、大空に溶け込む凧の姿を楽しんでいるように見えました。



祝津保育所やみどり保育園の子供たちも凧を見て大喜び♪♪

交代で凧の紐をつかみ賑やかに凧揚げです。

先生もなかなかの腕前でしたよ。



新宮市長は、礼文凧保存愛好会が用意していた「祝 白鳥大橋開通10周年」と描かれたお祝いの凧を空高く揚げ、記念凧揚げに花を添えていらっしゃいました。



少々肌寒く青空が見えなかったのは残念でしたが、空を見上げている時間はとても気持ち良く、楽しいひとときでした。



礼文凧保存愛好会のみなさん、関係者のみなさん、大変おつかれさまでした。

そして、ありがとうございました!(山川)

イベント準備



 気持ちのいい天気が続いていますね。活センのある港湾部庁舎前のルピナスも花盛りです。

 今日は朝からまちピカの方が草刈り機を借りに来られたり、団体の方がイベントで使う印刷物を作りに来ていました。



 シニアネットいぶりの方は、6月15日に男女平等参画センターで行われる「パソコンで遊ぼう!」の資料やキッズコーナー向けの塗り絵などを用意されていました。パソコン初心者相談コーナーや体験コーナーの他に、13時半からは室蘭市健康づくり課による講演「メタボリックの予防と食生活」も行われるそうです。



 そしてこちらは光のアートプロジェクトの須藤さん。



 7月5日に行われる「光と音の七夕祭」。今回は「七夕」ということで、短冊を用意されていました。児童館などを通じて、こども達にお願いごとを書いてもらうそうです。天まで届く「光の彫刻」とともに、願い事も届くかもしれません。当日、会場でも参加できるようなので、ぜひ行ってみてくださいね。

 それよりなにより、仕事着ではない須藤さんが珍しくて(笑)写真を撮らせてもらいました。仕事で石膏を使うので、いつも白いツナギなのだそうです。彼も室蘭をもりあげるために頑張っている方なので、応援してくださいね。(三木)

「白鳥大橋開通10周年 記念凧揚げ」のお知らせ

今年は白鳥大橋の開通10周年にあわせて、様々なイベントが企画されていますね。

6月13日が開通日だったということを、みなさんは覚えていらっしゃいましたか。



平日ではありますが、大橋開通日の6月13日に礼文凧保存愛好会のメンバーらによる記念凧揚げが行われます。



時間  10時~15時

場所  道の駅「みたら」裏の空き地



大橋に見立てた連凧のアーチ100連凧や、現在「みたら」でみなさんにメッセージを書いてもらっている畳3枚分の大きさの大凧、みどり保育園児によるみどりの凧など、普段なかなか見られない凧を豪快に揚げますので、見にいらして下さいね♪♪♪



室蘭カレーラーメンの会も参加して、カレーラーメンのマスコット「めんばる君」の凧を揚げるらしいですよ!(山川)

さわやかな一日

今日は絵手紙を展示中の画楽会のみなさんがそろってお見えになりました。



わきあいあい、作品を見ながら楽しそうにお話されていて、とても和やかな雰囲気です!

みなさんの「おはようございます!」のあいさつがさわやかで、気持ちの良い一日がスタートできました。

ありがとうございます♪♪



今日いらしたメンバー11人で記念写真を撮っていらっしゃいましたが、ブログ用にいっしょに撮るのを忘れてしまいました。

近くにいらした方に集まっていただき「はい! チーズ」







活動を始めて一年弱とのことですが、このチームワークの良さはやはり同じ町内会のメンバーだからなのでしょうか。



絵手紙展は14日(土)まで開催しています。

最終日にご覧になる方は、撤収の関係があるため午前中にお越しいただきますようお願いいたします。(山川)



ちょっとお得な。

 さわやかな風が吹き抜ける活セン。久しぶりに、事務所の窓が全開です。



 今日は、活センを利用して会議をされるのは初めてという団体さんが来られました。

 和やかに会議をされたあと、次回の予約もしていただきました。

 活センの掲示物をご覧になったり、「ペットボトルを利用したチラシ入れはいいわね」「今度はマイカップをもってこよう」と、さっそく活センを十分活用していただけそうな雰囲気です。

 そういえば土曜日に印刷機をご利用いただいた室蘭ウォーキング協会の方も、テーブルに置いてあったチラシを見て「活センに来ると、いろんな情報を仕入れられるからいいね」とおっしゃってくださいました。

 会議しに来たのだけど、印刷しに来たのだけど、ついでにおもしろい情報も手に入る。活センは、ちょっとお得な場所かもしれません。



 活センの打ち合わせスペースは、占有は出来ませんが無料でお使いいただけますので、ぜひご利用くださいね。(三木)

イベント盛りだくさん

今日は山川さんと田附さんが「室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会」の清掃活動に参加しました。

菊地代表のあいさつの様子↓



実は清掃活動を手伝うだけでなく、他にも重要な任務を果たしてくれたのですが…それは来週末くらいに明らかにしたいと思います。

参加されたみなさん、お疲れ様でした!次回は会員活動日6月26日(木)13時から、市民参加日は7月5日(土)10時半からです。ぜひご参加ください。



さて活センでは、登録団体イベント情報を作成しましたが

今週は本当にたくさんの団体が活動されていますよ!



8日:日本野鳥の会室蘭支部/月例探鳥会(会員向行事)

8日:室蘭ウォーキング協会/すこやかウォーク「地球岬」(会員向行事)

9日:鉄ン子文庫/講演会「子どもの読書を豊かにするために」

    /市民会館/10時半~(参加希望者は鉄ン子文庫までご連絡願います)

13日:礼文凧保存愛好会/「白鳥大橋10周年記念凧揚げ大会」

    /道の駅みたら横/10時開会、15時まで予定 

14日:母恋駅を愛する会/「一人芝居・女流講談会」/母恋駅/13時半~

14日:ぼこいふじエンターテイメント/「コミュニティFMPRキャラバンココロラジオinみたら」/道の駅みたら内/12時半~14時


15日:室蘭観光ボランティアガイド協議会/「市民観光ガイド公開講座」(募集は締め切りました)

15日:シニアネットいぶり/「パソコンで遊ぼう!」

    /ミンクール(男女平等参画センター)/10時~15時

15日:室蘭地区民謡連合会/「北海道民謡大会室蘭地区予選会」

    /市民会館/10時~




太字のものは一般の方向けですので、ぜひご参加ください。民謡大会は前売り券1000円(当日1200円)、それ以外は無料です。

登録団体の方へ!活センのホームページ、ブログを通してイベント情報を発信できますので、イベント情報をお寄せください。お待ちしています。(三木)

登録団体イベント情報

今日は雨模様の中、まちピカパートナーのみなさんが、明日や来週の活動に備え草刈り機やゴミ袋などを取りにいらっしゃいました。お天気になると良いのですが。



そして明日7日は「イタンキ浜鳴り砂を守る会」も10時30分よりイタンキ浜の保全活動を行います。

年間13回の保全活動予定の中で、4回は会員以外の市民も参加いただける市民参加活動日としていて、回を重ねるごとに、保全活動の思いを同じにする市民のみなさんの参加が増えていると聞いています。明日の市民参加活動日には、私もみなさんといっしょに活動させていただこうと思っています。たくさんの方の参加をお待ちしています。



こちらは来週の土曜日のお知らせです。





ぼこいふじエンターテイメントによる「ココロラジオ in 道の駅みたら室蘭」。



市民参加型ラジオとして開局目前のコミュニティFM。

その模擬放送を、道の駅みたらを会場に6月14日(土)午後1時より1時間の予定で行います。お時間がありましたら足をお運びくださいね。お待ちしています。(山川)

画楽会 絵手紙展

ただいま、画楽会 絵手紙展を展示中です





下のようないろんな絵手紙を展示しています。





















ぜひ、お誘いあわせの上、ご来場ください

(スタッフ:鳥)

~リングプル~

今日は朝からこどもたちの楽しそうな声が!

近くの小学生が引率の先生といっしょに消防車の絵を描きに来ていました。

写生会なつかしいですね。







さて上の写真のリングプルですが、栄町にお住まいの男性が届けてくださいました。

ご自分やお友達が飲んだ缶コーヒーなどのリングプルを集めたものだそうです。



見ての通りすごい量なんです!!

計ってみたら、なんと約10Kgありました。

活センには去年の6月からの一年間で集まった約30Kgのリングプルがあり、近々市内の小中学校へ寄贈する予定でしたので、とてもありがたかったです。



私も家でこつこつ集めていますが、まだほんのわずかです。

どれくらいの期間でここまでの量が集まったんでしょうね!?(山川)







二年目の活センを数字でみると…

昨年6月から一年間の延べ来館者数は、5911人(開館時からの述べ人数は12469人)。

登録してくれた団体は、15団体(現在62団体)。



多くのみなさんにご来館いただき、団体の輪も確実に広がっています。



活センの印刷機は1製版30円と割安なため人気ですが、昨年印刷機を利用された方(団体・個人)は342名。製版数は1654製版。印刷枚数は約17万2千枚に上ります!

印刷機の記録をとり始めたのは途中からなので、1年目とは比べられませんが、印刷機のご利用はくちコミで確実に増えています。昨年の4月は28名、5月は27名がご利用でしたが、今年は4月が55名、5月が50名となっています。



また、活センの打ち合わせスペースは無料でご利用可能ですが、昨年1年間で272団体(1787人)が利用されています。1年目は182団体(1372人)だったので、これも利用が増えていますね。人数的には平均すると小規模になっていて、気軽にちょっとした打ち合わせに使っていただいているのではないかと思います。



こんなデータをみると、活センを必要としてくれる方が徐々に増えているのではないかなと思います。嬉しいですね。(三木)

25周年!

6月。活センは3年目を迎えました。

これからも平常心で頑張ります。



今日は文学館チャリティーバザーの方が、打ち合わせとバザーの用意をされていました。

文学館は、今年25周年を迎えるそうです!

文学館の資料整理や運営などを、ボランティアで支えていらっしゃるたくさんの方の力だと思います。これからも頑張ってほしいと思いますし、活センでも応援していきますよ!

文学館チャリティーバザーは7月17日~20日に、旧室蘭駅舎で行われます。いろいろなお店が出ますので、ぜひのぞいてみてくださいね!



バザーの準備をされている方にも、活センについて「こういう場所があると助かります」と言っていただきました。

活センも2周年くらいではまだまだですが、だんだんといろいろな方に使っていただけるようになってきました。活センが25周年を迎えるころには、どんなところになっているのでしょうね?もちろん、今よりもっと便利になって、活用されていることと思いますよ!(三木)

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ