押し花体験講座、受付終了

 昨日のブログにありました「押し花体験講座」ですが、定員に達しましたので受付を終了いたします。ありがとうございました。

 本間先生は女性センターで押し花の講座を行っておりますので、興味のある方はお問い合わせください。



 展示は8月9日まで行っておりますので、ぜひご覧くださいね!(三木)

押し花展開催中

ひさしぶりに雨もあがりましたが、今ひとつパットしませんね。

そんな憂うつな気分を吹き飛ばすように、ただいま活センでは、29日より四季おりおり

の草花を用いた、本間勝子先生による押し花展が、ただいま開催中です。

これが花で作った作品か、と思われる程、見とれてしまうみごとなもので、室蘭の風景や港の様子が色鮮やかに表現されております。

 見に来られた方々は、必ず、私も作って見たいですねと、おしゃっております。そんな方のために、2回にわけて体験講座をおこないます。

2日の日は絵にする花の作り方を、9日の日は作った花ばなを使って、いよいよハガキに押し花絵にする方法を学びます。2日間勉強して初めてひとつの作品が出来上がるのです。それほど頑張って作りますので、素晴らしい作品になるのですね。まずは、活センに来て見てください。ウンとうなることでしょう。9日までですのでお待ちしております。 定員は15名(要申し込み)です。また9日の方は、費用200円とハサミ、ピンセットを、ご持参ください。                              講座を詳しくしりたい方は活センまでお電話ください。              

 月曜日から金曜日は10時より21時まで、土曜日は10時より17時までです。

但し日曜祭日は休館日ですのでご注意ください                    電話0143-25-7070です  よろしく、お願いいたします(一色)





「市民活動センター展示ギャラリー」移動展

2~3日ぱっとしないお天気です。

 週末には室蘭港まつりや白鳥大橋ウォークなどイベントが開催されますので、ちょっと天候が気になります。

 週末には良いお天気でお祭り等が開催させることを願っています。

 さて、活センではイベントが8月13日(水)から18日(月)の間、丸井今井室蘭店7階催事場で「市民活動センター展示ギャラリー」移動展を開催します。過去に活センの展示で紹介した、22の個人、団体の方々の作品が観られます。写真・絵手紙・パネル展・日本画・押し花等たくさんのジャンルの力作がもりだくさんです。

 天候に左右されない屋内でのイベントですので、ぜひ、お買い物の際にはお立ち寄りください。(英)

押し花絵展「四季折々の風彩」は明日から!





今日は朝から雨が降り、あまりぱっとしないお天気でしたが、活動センターの展示コーナーでは色鮮やかな花々が飾られています。

活センでは、明日7月29日(火)から、本間勝子さんによる、押し花絵展「四季折々の風彩」を開催します。

四季折々の草花を用いて、室蘭の港の風景やトッカリショなどを描いた、見事な作品が約20点展示されています。こちらの押し花絵展は8月9日(土)までの開催です。



そして、活センでは押し花絵展の開催に合わせて、押し花体験講座を開催します。

講座は2回に分けて開催し、1回目は花びらを押し花に加工、2回目では押し花ハガキづくりを体験できます。

実際に色鮮やかな押し花を、自分の手で作ってみませんか?

詳しい日時と内容につきましては、活センホームページをご覧下さい。

~サロン「ますいち」絵手紙展 本日最終日~





サロン「ますいち」絵手紙展最終日の今日、開館と同時に4名の女性が来館されました。

絵手紙作品を前にお話が弾んでいたのでお尋ねしたところ、以前、展示を行ってくださった、港北町2丁目町会の絵手紙サークル「画楽会」のメンバーの皆さんでした。

「いやぁ 勉強になりました~」と感心なさっていたご様子で、他の方の作品に良い刺激を受けていらっしゃるようでした。



下の写真は広報むろらん8月号に掲載されているお知らせです。

絵手紙を始めこれまで市民活動センターで展示されてきた作品を、丸井今井室蘭店7階催事場で、「活セン展示ギャラリー移動展」と題して一堂に展示します。



「海岸町まで出かけるのは大変」との声も少なくないので、今回は活センのギャラリーをご覧になる機会がなかった皆さんにも、足を運んでいただけると嬉しいな~と思っております。

お時間がございましたら、是非お立ち寄りくださいね。(山川)



今日の活セン

久しぶりの青空でしたね♪



今日もさまざまな用件で、多くの皆さんにお立ち寄りいただいた活セン。

絵手紙展を観にいらした方、ポスターをお持ちくださった方、印刷機やコピー機をご利用の方、まちピカ活動に必要なゴミ袋を取りに来てくださった方の他、フィリピンのストリートチルドレンへの支援品を入れる袋を手作りして届けてくださった方や、自分たちの活動に協力してくれるボランティアをさがしている方など多岐多様です。



支援袋を手縫いで作ってくださったのは、伊達にお住まいの88才の女性で、娘さんが届けてくださいました。以前、中島町の蓬来殿を会場にして上映されたドキュメンタリー映画を見て、ストリートチルドレンの現状と支援活動を行っている「SYD北海道クラブ」の存在を知り、その時からこつこつと作業を始めたと聞きました。



活センにいらっしゃる皆さんは、そんなふうに前向きでひかえめな方が多いと感じます。

言葉を交わすと元気がいただけます!!(山川)

行政パートナーエプロン

先週から、活センでは行政パートナー用エプロンを導入いたしました。



ピンク・黄色・青の三色あります。

これまでもスタッフはネームタグをつけていましたが、私服なのでお客さんにまぎれてしまっていたかもしれません。このエプロンを着れば、行政パートナーであることが一目瞭然!印刷機器の使い方や相談など、お気軽に声をかけてくださいね。



このエプロンは30枚作製され、活センや女性センターなど有償ボランティアの「まかせてパートナー」、図書館や民俗資料館、子育てボランティアなどで無償で頑張っている「まごころパートナー」など他の行政パートナーにも配布されました。まちのいろいろな施設で見かけることがあると思います。見かけたら、ボランティアもがんばっているんだなぁと思っていただければ幸いです。できればぜひボランティアに参加してくださいね。



個人的には、ピンクのエプロンって柄じゃない自分ですが、これで皆さんにより親しみを感じていただければいいなと思います。(三木)

新しいポスター

なんだか寒い、寒いです・・

全国的には夏真っ盛りなのに、ちょっと取り残されてる感じが・・











今日はポスターをお持ちいただいた方が、二人いらっしゃいました。

お一人はNHKプラザミューで開かれる写真展のお知らせ、もうお一人は室蘭市民会館で上映される長編ドキュメンタリー映画のお知らせです。



ポスター貼りをしていたら、来館された方が「たくさんあるから大変だね~」と声をかけてくれました。

期日の過ぎたものは順次はがしていますが、この季節はイベントが多いので、ポスター掲示板はいつもいっぱいです♪



活センには新鮮な情報が集まってきますので、お立ち寄りの際はポスター掲示板や置いてあるチラシなどをチェックしてくださいね。(山川)



写真展「いぶり・野の鳥の四季?」

日時 9月12日(金)~9月15日(月)

場所 NHKプラザミュー



長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」

日時 8月24日(日)・午後2時30分(会場2時)

場所 室蘭市民会館

講座・室蘭港立市民大学「紙芝居制作うらばなし」



 今日は室蘭港立市民大学の方を講師にお迎えして、「紙芝居制作うらばなし」と題し、これまでの市民大学のあゆみについてのお話と、昨年から始まった「大学院(上級コース)」で作成した紙芝居「チケウの海の親子星」の上演を行いました。

 平成16年度から始まった市民大学の講座は、最初は室蘭についての話を聞く講演会が中心でしたが、だんだんと受講生が体験・実習する実践型講座が多くなり、室蘭をより深く知ることができるようになったそうです。

 その学んだことを生かすべく、市民大学卒業生が参加された上級コース。受講者11名の年齢をすべて足すと800歳を越えるとのこと!年齢に関係なく学ぶ意欲が素晴らしいと、お話していただいた昨年度の学級委員長・関村さんもおっしゃっていました。

 上級コースでは、昨年8月に「室蘭の昔話・民話を伝えていこう」というテーマを決めて、故・前田享之氏の「室蘭むかしむかし チケウの海の親子星」を場面ごとに分け、台本を作成し、色付けもみんなで手分けして紙芝居を作成されたそうです。

 いろいろなところで紙芝居を上演されて、各市民グループや、障がいを持つこどもと若いお母さんたちなど、一生懸命やっている方々とつながりができたことが、紙芝居を制作して一番の収穫だったとお話いただきました。



 紙芝居を上演してくださった宮野さんが「自分でも、何度読んでもあきない」とおっしゃったように、本当に面白いお話です!途中の「おかあさーん!」で、ほんとにうるうるしてしまいました。これからも依頼があれば上演をしていただけるとのことですので、お気軽にお問い合わせください。



 また、この紙芝居制作の続きとして、今年度は「親子星命名ツアー」を企画中!とのことです。上級コースの方だけではなく、一般の方にも参加していただいて、地球岬から見える「親子星」を探してもらおうという企画だそうです。

 詳しい内容や日時などが決まりましたらお知らせしますので、ぜひご参加くださいね!



 まだまだ学びつづける室蘭港立市民大学、各講座ごとの参加も可能ですので、みなさんもぜひご参加ください。(三木)





ラジオ版「活センかわらばん」

活センの行政パートナーであるわたしたち「ぼこいふじエンターテイメント」、本来の活動目的はインターネットラジオ番組制作や「コミュニティFM」を通して地域情報を発信し、まちを楽しくすることです。



なぜいきなりこんなことを申しましたかというと…

室蘭地域のボランティアを応援するインターネットラジオ番組「活センかわらばん」を制作いたしました

7月上旬にはできていたのですが、紹介する機会がなかったので、もう聞いたよ~というかたもいらっしゃるかもしれませんが、まだお聞きでない方はぜひ「ラジオぼこいふじ」のほうをチェックしてくださいね!

今回は、「室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会」の代表・菊地富子さんへのインタビューと、活センの紹介をしています。

今後、コミュニティFMでも放送する予定ですので、インターネット放送は聞けないという方もお聞きいただけます(8月中旬放送予定)。これからいろいろな団体さんにインタビューをしたり、ボランティアに関する疑問にお答えしますので、ご意見・ご感想をお寄せください。(三木)



※ぼこいふじエンターテイメントのホームページ「ラジオぼこいふじ」のアドレスは、7月10日より「http://bokoifuji.net」に変更されています。リンクなどの修正をお願いいたします。

7月19日(土)

7月19日(土)に室蘭港立市民大学さんが講座を行います。

内容は「むろらん大好き人間」を養成するために講座や施設見学などを開催している「室蘭港立市民大学」のこれまでの講座や行事の紹介のほか、市民大学卒業生による「上級コース」にて昨年度制作された紙芝居の上演も行うということです。

多くのご参加をお待ちしております。

~リングプル贈呈~

土曜日のブログにてお知らせしました予定通り、本日2時半に塩越さんと菊地さんが本室蘭小学校にリングプルを届けに行ってきました!







職員玄関には歓迎の張り紙がされていていたそうです。

八屋校長、森島教頭、児童会担当の先生、そして児童会代表の石川さんに、あたたかく迎えていただき、塩越さんと菊地さんもうれしそうでした。







リングプルの入ったダンボールを開けると、「わぁ~ すごい!!」「これだけの量を集めるのは本当に大変ですよね」と石川さんや先生方がとても喜んでくれたと聞き、私もうれしくなりました。



帰る時は玄関まで来てお見送り頂いたそうで、ありがとうございました!(山川)

「協働のまちづくり」視察

今日は滝川市の方々が、室蘭市の「協働のまちづくり」について視察に来られました。

市民活動推進課の職員が、まごころ・まかせて・まちピカの各「行政パートナー」についてや、町内会との懇親会など「市の職員もまちへ出て行って、現場をみる」という事例を説明され、滝川市の方々は熱心に質問されていました。



同席させてもらったのですが、行政パートナーである私たちにとってもいろいろ勉強になりました。



それにしても、他のまちからわざわざ視察に来ていただけるほど、室蘭の「協働」はうまくいっているんですね。もちろん、まごころ・まかせて・まちピカの各パートナーの頑張りがあるからですね。やっぱり室蘭はすごいところだ、と改めて思います。





予定時間をオーバーしての説明で、あまり活センはご覧いただけませんでしたが(といっても活センはこじんまりとしているので、一目見れば全体像がわかりますけども)、チラシコーナーやギャラリーなどもチェックしていかれたようです。

また機会がある時に、ゆっくり遊びにきてほしいです。(三木)

『サロンますいち絵手紙展』は明日から!





活動センターの展示コーナーでは、色とりどりの絵手紙が飾られています。

展示コーナーでは明日から26日(土)まで、サロンますいちの方々による、「サロンますいち絵手紙展」を開催します。

サロンますいちは、増市町を中心に市内全域に住む方々総勢15名で活動されている団体です。毎月2回、作品作りに取り組み、増市会館での展示会を開催しています。そのため、今回が始めての増市会館以外での展示です。

絵手紙展では、うちわなどの絵手紙の他、字のみでの表現、ちぎり絵など、絵手紙の枠を越えたさまざまな作品が展示されています。

ぜひ、サロンますいちの方々の日々の作品づくりの成果をご覧になってみませんか?(村)

なんと44kg!!

天気予報によると、今日は25度まで気温が上がる見込みだそうですね。

久しぶりの青空が気持ち良いです♪







そんなさわやかなお天気の中、私達は室内でうっすらと汗をかきながら、リングプルの箱詰め作業を行っておりました。今日現在でなんと44kgありました。



来週の水曜日(16日)に、皆さまから寄せられたリングプルを本室蘭小学校へ贈呈しに行く予定です。

1回目は知利別小学校、2回目は港南中学校と大沢小学校に、それぞれ寄贈しており、今回が3回目。



日頃こつこつとリングプル回収に取り組んでいる子供たちの喜ぶ顔を想像すると、なんだか嬉しい気持ちになります。

気が早いですよね・・(山川)







来館者アンケートにご協力お願い致します!

今週は曇り空の一週間でしたね。

週末のお天気が気になります。









↑ちょっと見ずらいですが、左が今までのアンケート、右がリニューアルしたアンケートです!



いつもは来館者名簿の横に設置しているアンケートBOXですが、新しいアンケートと共にテレビの横に移動してきました。



今回作成したアンケートは、来館者のみなさんに市民活動センターの現状と課題などについて声をお聞かせいただきたく、質問内容が今までのアンケートより少々増えております。

みなさんお忙しいとは思いますが、印刷機ご利用中や打ち合わせの空き時間など、ちょっと手の空いた時間にご協力いただけると助かります!

これからの活セン運営の参考にさせていただきたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願いいたします。(山川)

ちょっとまちピカ

活センがある港湾部庁舎前には花壇があり、以前、室蘭港立市民大学の皆さんが整備してくださいました。いろいろな花が咲いており、道行く人の目を楽しませていますが、雑草も元気よく伸びていて…。



塩越さんが「草取りする」というので、昼の時間に15分ほどやってみました。

ヨモギやスギナやイネ科っぽい雑草など、一度ではとり切れません。今後も折をみてやっていきたいです。

港湾部に植物に詳しい方がいらして、時々花の手入れをしてくださってます。頼もしいです。

みんなできれいな花壇を保っていければいいな、と思います。



ちょっとだけ行動してみると、やはりまちピカで清掃活動をされている方はすごいなぁと思います。私も応援するだけではなく、実践しないとなぁ、と思う今日この頃です。

イタンキ浜に咲くハマヒルガオ





8日の北海道新聞夕刊に、満開のハマヒルガオの写真が掲載されていました。

撮影したのは、先日まで「鳴砂海岸写真展」を開いてくださっていた藤井松夫さんです。



長い間イタンキ浜で写真を撮りつづけている藤井さんによると、「今年のハマヒルガオは花びらの紫色も濃く、これまで見た中で一番きれい」とのこと。



現在開催中の「ビオトープイタンキ パネル展」でも、ハマヒルガオをはじめ、ハマナス、エゾカンゾウ、ハマニガナなどの写真を展示しています。

ピンク、オレンジ、白、黄色、紫と、本当に色彩豊かで、イタンキ浜に行った時は海の方ばかり見ている私にとっては新鮮な驚きでした。



みなさんはイタンキ浜に咲く花を、ゆっくりご覧になったことがありますか?

機会がありましたら、お散歩がてら色々な花を見つけてみてくださいね。

展示してある写真は花の名前がわかるようになっていますので、名前のわからない花は活センに寄っていただくとわかるかも!! (山川)

室蘭港立市民大学の講座「紙芝居制作うらばなし」

今日はあいにくの霧雨。来館者数は多くはなかったのですが、市民団体の方が何組もいらっしゃいました。



室蘭友の会の方は、6月下旬から鍋帽子講習会をされていましたが、「3月に活センで行った講座に来てくれた方が、鍋帽子講習会にも来てくれたんですよ」と教えてくれました。そんなふうに、活センが活動を広めるきっかけになっていることが嬉しいです。



今月の講座は室蘭港立市民大学の「紙芝居制作うらばなし~室蘭港立市民大学 最近の事例」。「大学」の講座はどんなことをしているのか、また大学を卒業された上級コースの皆さんが、学んだ成果を生かして昨年度制作された紙芝居「チケウの海の親子星」の制作うらばなしをお話いただきます。紙芝居の上演も行います。



日時:7月19日(土)13:00~14:00

場所:市民活動センター

定員:30名(参加費無料)

※市民活動センターまでお電話でお申し込みください(25-7070)




室蘭に住んでいても、大人になると、あまり室蘭のことを学ぶ機会ってないですよね?この講座をきっかけに、室蘭について学んでみませんか?



そして講座をきっかけに、また団体の活動が広がっていけばいいなと思います。(三木)

ポスター掲示板~たくさんのイベント、そして、さよならアーケード~

活センの入り口には、イベント情報の掲示板があるのをご存知でしょうか?

季節も夏に近づくにつれて、屋外でのイベントも増えてきているので、掲示板には溢れんばかりのさまざまなイベントのポスターが貼られています。

なお、ポスターをお持ちいただければ、どなたでも掲示することができます。ぜひイベントの告知の際にはご利用ください。(ただし、内容によっては一部お断りする場合もありますので、スタッフまでお尋ねください。)



そんなたくさんのポスターの中から、一つ気になるイベントがありましたので、皆さんにご紹介したいと思います。

気になったイベントは、その名も『第5回 酔ってけ浜町 ビア・フェスタ』

最近ようやく夏らしくなったので、ビア(つまり、ビール)が飲みたいから目にとまったというわけではありませんよ。念のため。まあ、飲みたくないわけでもないのですが(笑)

このビア・フェスタのポスター右上に書かれている文字に目が止まりました。「さよなら、アーケード そして…ありがとう」

そう、今年の8月で中央町の浜町商店街のアーケードが撤去されてしまうんですね。

中央町といえばこの商店街のアーケードがシンボルだっただけに、何とも寂しい感じがします。ちなみに、このアーケードは昭和44年に整備されたもので、すでに老朽化が進んでいるため、今年の8月で撤去されることが決まっており、撤去後は市道として整備される予定だそうです。

このアーケード、活センからも結構近く、アーケードの近くを通ると、香ばしいやきとりの香りが漂います。

このアーケードが無くなってしまうのは残念ですが、商店街そのものがなくなるわけではないので、浜町商店街の方々には、きれいに整備された商店街で、また新たな気持ちで商売に励んでもらいたいですね。

なお、ビア・フェスタのご案内は下記をご覧下さい。

---------------------------------------------------------------

第5回 酔ってけ浜町 ビア・フェスタ

日時:2008年7月24日(木)~25日(金) PM5:00~9:00

内容:バンド演奏、カラオケ大会、露天お楽しみ抽選会など

お問い合わせ:室蘭中央飲食店組合(TEL 0143-22-8705)

----------------------------------------------------------------

自分はよくこのアーケードの前を通るのですが、普段何気無く見ていたものが無くなってしまうというのは、やはり寂しいものですね。(村本)

かわらばん7月号and夏のイベント開催中♪





先月号に引き続き、登録団体イベント情報を中面に掲載している「活センかわらばん7月号」。



日頃みなさまにご協力いただいている収集ボランティアの話題を取り上げました。

頑張っています!!のコーナーでは、登録団体のCAPむろらんを紹介、ミニマムクラブによるダンボールコンポスト講座の様子も掲載しています。ぜひご覧下さいね。





さてイベントですが、今日は光のアートプロジェクトによる「光と音の七夕祭」が行われています。









中央町アーケード会場では、フリーマーケット、トークショー、コラボレートアート展「霞」などが16時まで、入江臨海公園会場では18時から22時まで光と音のライブと題した音楽ライブが楽しめます。

19時30分から始まる「測量山 光の彫刻」の点灯カウントダウンも行うようです。



測量山上空の雲の様子が気になるところですが、光の彫刻がきれいに見られるといいですね♪♪ (山川)

今日の活セン









今にも雨が降り出しそうな厚い雲。

午前中から薄暗いので、時間の感覚がずれてきそうです。



さて活セン内ですが、難病連のみなさんは、お昼をはさんで熱心に打ち合わせ中。

港南町会のみなさんは、町会の資料作りのため印刷機を利用中です。



さきほど「あれ? こんなの出てきたよ」と刷り上った30枚ほどの紙を手に港南町会の方に尋ねられたのですが、前の方が印刷したデータで刷り上ってくることがたまにあります。



たぶん製版画面ではなく、「印刷できます」の画面が表示されていたのではと思われますが、電源を入れ資料をセットしてスタートするので、そのまま気付かず何枚も刷り上ってしまう恐れがあるのです!

今回は750枚と枚数が入力されていましたが、途中で気付かれたようで良かったです。

画面を確認いただくか、念のため1枚だけ印刷した後に枚数入力されることをお勧めします。(山川)



地域のCMを作ろう~登録団体活動紹介~

活センでは様々な登録団体の方が活動されています。

今日は、NPO法人くるくるネットさんの活動を紹介します

NPO法人くるくるネットさんはパソコンを使った地域情報化支援をしていて

7月19日に講師を招いて講習会をするそうです



日時:平成20年7月19日(土)13:00~17:00

場所:室蘭市青少年科学館2F

参加費:500円(テキスト代)

定員:30名

内容:地域のCMを作ろう

桐生地域情報ネットワーク理事長 塩崎 泰雄氏 を 迎え

講演会ならびに講習会「地域のCMを作ろう」 を開催します

地域のさまざまな魅力から個人またはグループで

CM作品を作っていただく内容です。

CMはビデオ・デジカメで撮影した地域の特色が伝わる

映像・写真をパソコンで10-20分の作品に最終的に仕上げます

グループまたは個人で企画・素材集め、編集を行います



★簡単にCMが作れるそうで、是非この機会に地域の魅力を発見して

お気に入りの作品を作ってくださいということでした。

(鳥)

海から応援

今日は、活センの窓の外に見える室蘭港に海上保安庁の「しきしま」という、とてつもない大きな船が入港しました。余りにもおおきかったのでそばにいた保安庁の方に聞きましたところ、サミットの応援にきましたとの事でした。詳しい話はきけませんでしたが、7175トンあるとのことでした。横浜からきたといっていました。海にあこがれる人には一度は乗ってみたい、素晴らしいの一言です。設備といい、形といい、どこから見ても素晴らしい!見ているだけで、時間も忘れてしまいそうです。どんな攻撃にも対処できるといいます。いつまでいるのか、わかりませんが、写真だけでも見て、私の言いたいことが、少しでもわかってもらえたら嬉しいとおもいます。あなたも活センに来たら見ることが出来るかなー。見ることが出来なくてもきっといいことが、あるような気がします。そんな午後のひとときでした。(一色)

はやいもので・・・。

 今日から7月です。早いのもで、一年の半分が過ぎてしまいました。

年々歳をとると月日が早く過ぎていくような感じになります。

この半年で何しんたんだ?少しは成長したのか?と自問自答しております。



 さて、活動センターは、会議や打ち合せ、展示や講座で日々皆さまに利用されています。半年で約3000人以上の市民や団体等の方々が利用されました。

ありがとうございます。



 本日から活動センターでは、昨日のブログでも記載されていますが、ビオトープ・イタンキのパネル展が開催中です。めずらしい植物や昆虫の写真も展示していますので足をお運び下さい。7月12日まで開催しております。(英)

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ