来年もよろしくお願いします!

今年の活センは、27日の土曜日が仕事おさめでした。



パソコンの調子が良くなくて、ブログが更新できていなかったのですが、このままなんとなく新しい年に変わってしまうのも淋しいので・・



27日は、白鳥大橋カウントダウンのメンバーが早くから集まり、案内板やチラシ作りをされていました。

きっと今頃はいろいろな企画で盛り上がっているんでしょうね!



写真展「ボランティアアクションinフィリピン」の最終日でもありましたので、展示をされた国崎さん、阿野さんが、それぞれご家族とごいっしょにいらしていました。

お二人の活動をそばで支えていらっしゃるご家族の、理解と絆を感じました。



カウントダウンの実行委員をしている、活センスタッフの工藤さんと、用事があって活センに寄った塩越さんもいたので、なんだか土曜日っぽくなかったです(笑)

ほんとは私と菊地さんの二人だけが、当日の担当だったもので。



三木さんも、ぼこいふじエンターテイメント制作の土曜生ワイド「ココロラジオ」で、毎週がんばっています。



私にとっては、活センでいろいろな経験をさせていただいた一年でした。みなさん大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします!(山川)

カウントダウン2009

2008年12月31日10:30から2009円1月1日1:00まで

HAPPY10YEAR!!白鳥大橋カウントダウンが開催されます

会場は室蘭市祝津町白鳥大橋記念館みたら周辺です

大抽選会も開催されます

10万円旅行券、現金つかみ取り、胆振の特選グルメ他

景品多数になります

ぜひご来場してみてはいかがでしょうか。

(スタッフ:鳥)

活セン・クリスマス・イブ





メリークリスマス!!

今宵いかがお過ごしでしょうか?

こちら市民活動センターあたりも今夜はあいにくの「雨模様」

夜更け過ぎに雪へと変わるだろうか・・・♪と気にかける間もなく活センは通常通り夜9時まで開館しております。フロアにはクリスマスツリーを飾られ、夜にはイルミネーションが灯り、クリスマスムードをささやかながら演出。利用する皆様方を迎えます。

暖かな家族とごちそうを囲い、プレゼントを用意したりもらったり・・・日本ではごく普通のクリスマスの風景も、国や事情が変わればそことは程遠い環境のもとでクリスマスを迎えている子ども達もいるのです。

先日の本ブログでも紹介していますが、『フィリピンのストリートチルドレン写真展』を展示スペースにおいて今月27日(土)まで(土曜は17時まで)開催しています。貧困と劣悪な環境の中で育つ子どもたちもカメラの前では元気で屈託(くったく)のない笑顔を振りまき、「子どもの笑顔は万国共通」との印象を受けます。

大人として子どもたちに何ができるのか・・・考えるきっかけにもなる写真展。ぜひお立ち寄りください。





「ボランティア・アクションINフィリピン」写真展



今日から「ボランティア・アクションINフィリピン」写真展が開催されております。

高校3年生の国崎さんと、中学3年生の阿野さんが、今年の夏、「SYDボランティア・アクションINフィリピン」というフィリピンのストリートチルドレンを支援する事業に参加されたときの写真を展示しています。





世界中に貧しい人がいる、ということをテレビなどで見て知ってはいても、なかなか身近に感じられないと思いますが、お二人は実際に現地へ行って、子どもたちと触れ合って、本当に何か行動を起こさなければならないと感じられたのだと思います。



お二人の思いが、展示を見る私たちにも伝わってきます。



今週末までの展示ですので、ぜひお早めにご来館ください。最終日(27日)は、16時までの予定です。

26日・27日には、活センで10時からフィリピンの子どもたちに渡す支援袋作りを行います。

こちらのほうにもぜひご協力ください。(三木)

ペットボトルキャンドル作り♪









今日は午前10時より、ペットボトルキャンドル作りの講座が行われました。



参加者は、むろらん夢キャンドルの会の鈴木さんより基本的な作り方の説明を聞いたあと、それぞれに趣向を凝らし製作にはげんでいました。

アットホームな雰囲気で、時おり楽しげな笑い声が聞こえてくる講座の様子が気になって、横からちょこちょこのぞいていましたが、完成品を見つめるみなさんの表情がとっても満足そうです!



「ペットボトルキャンドルは、灯りを点けて完成だね!」「雰囲気が変わるね」「クリスマスだけじゃなくて、普段でもいいよね」と、みなさん笑顔でお話されていました。

飛び入りの打ち合わせでのご利用もあり、部屋には人がたくさん。

朝からとてもにぎやかで、活気がありました。



夕方には、フィリピンのストリートチルドレン写真展の準備のため、国崎翠さんがご家族でいらっしゃいました。

黒い布がはられたギャラリーは、がらりと雰囲気が変わっています。

活センでの展示が3回目となる今回は、翠さんが夏休みを利用して訪問し撮影した写真と、SYDの活動に参加した中学生、阿野しおりさんが撮影した写真を展示します。



27日(土)までご覧いただけますので、ぜひお立ち寄りくださいね。(山川)



活センかわらばん

大変好評の市民活動ガイドブックですが、室蘭市のホームページからダウンロードが出来るようになっています。しかもカラー版なので、各団体の活動の様子などの写真が分かりやすいですよ!ぜひご覧下さい。

→市民活動推進課「市民活動ガイドブック」

※PDFファイルへのリンクがあります。





また、活センでは毎月、センター広報紙「活センかわらばん」を発行しています。

実はインターネット上でもPDFファイルで公開しておりますが、このほど「かわらばん」を掲載しているページをスタッフの(鳥)さんがリニューアルしてくれて、わかりやすくなりました。



室蘭市市民活動センターホームページの「WEBかわらばん」からダウンロードできます。便利な世の中になりましたね。

活セン登録団体の行事なども掲載していますので、ぜひご覧下さい。(三木)

一番忙しい時!!

 新聞も年末年始の広告や、10大ニュースの取材が始まり、何件からも暦の配達もあったりして、今が一番忙しい時なのでしょうか?。20日のむろらん『夢キャンドル』の

講座が終わりますと休みになり、休みが終わったと思えばクリスマスです。今年もあと何日とか、いつ掃除をしたらいいとか、そんな話で朝から緊張しています。ガラス拭きはどうする、机や椅子はどうする、それぞれの考えをいっておりますが?、はたして、皆さんの所ではいかがでしょうか!。

 さて活センでは各団体さんが、連日会議を開き印刷をしたり、年末年始の作戦を行っておりますが?

 いつも皆様の活動拠点として、地域・文化の事業を展開し、支援活動を行うことにより地域活性化と魅力のあるところにと、向上と実現を目指しております。

様々な取り組みをしており、多様な市民活動を行っている皆様が、さらに活動出来る様応援しています。市民活動のことで、困ったことなどありましたら、些細なことでもかまいません、一人で悩まないで活センに連絡してください、きっと解決の道がみつかると思います.連絡は下記の所までどうぞ

TEL 0143-25-7070

FAX 0143-25-7071

市民活動センターあて(日・祝日は休館日です)

室蘭市社会福祉協議会のホームページ

みなさん、社会福祉協議会についてはご存知ですか?

赤い羽根でおなじみの「共同募金」の事務局をされていたり、いろいろな相談を受付けていたり、介護を受けている方にオムツなどを配布したり、身近なところで支援をしていただけるんですよ!

主に福祉関係のボランティアについて、講座を行ったりもしています。



で、先日、室蘭市社会福祉協議会のホームページができたと言うことをききまして

リンクしようとアドレスを打ち込んだんですが…でない。

なんでだろう?と思っていたら、自分が勘違いして覚えていただけなんです。



室蘭市社会福祉協議会のホームページ

http://www.muroran-shakyo.jp/



のsakyoをsakyoと打ち込んでいたんですね。

ローマ字入力ならどちらも「しゃ」って出るじゃないですか…。



勘違いって恐ろしいですね。



ということで、ボランティアをお考えの方は、活センと共に「社協」さんのホームページもぜひご覧下さいね!(三木)

ーお楽しみイベントのご案内ー

 今年も残り少なくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしですか。

 今日は、活センから年末まで行われるイベントを三つご案内いたします。

(文章変更・追記しました。12/17・14:45)



(1)まちづくり活動支援補助金対象事業として、中島商店会などが行う、イルミネーションファンタジーINなかじまが、21日(日)17時~21時まで、アイランド道りを中心に行われます。むろらん夢キャンドルの会製作の白鳥大橋のイルミネーションも登場します。



(2)こちらもまちづくり活動支援補助金対象事業として、23日(火)東室蘭駅西口地域まちづくりの会によるウエストウインターファンタジーが行われます。室蘭第一ホテル横のスナックミューでは午後5時よりクリスマスライブも行われます。入場料は無料です。



(3)白鳥大橋カウントダウン実行委員会では31日22時30分から道の駅みたら室蘭横の特設会場で、新年までのカウントダウンを行います。それまでの時間を利用して運だめし大抽選会をおこない、10万円分旅行券や現金つかみどり等を行います。もちまきもありますよ。また室蘭出身のお笑いコンビ・トップリードが出演、皆様を幸せの世界へお誘いいたします。楽しみにどうぞ。



以上イベントのご案内をいたしましたが、活動センターではフィリピンのストリートチルドレン写真展22日(火)~27(土)の予定があります。

講座では20日(土)10時~11時30分(むろらん夢キャンドル)によるペットボトルキャンドル作りが行われます、参加費無料 定員20名(まだ余裕があります)。のでぜひお立ち寄りください。(一色)   

今日の活セン

今日は、午前中に山ぼうしさん、かるがもさん、午後一番から難病連のみなさんがそれぞれ打ち合わせなどでいらっしゃいました。



やはり年末ということでみなさん慌ただしく、今年中にここまではやっておきたいと、次回の予約も入れていかれました。



下の写真は、育児サポート・かるがものみなさんです。





受付けに置いてある「市民活動ガイドブック」をさっそく手に取ってくださり、内容をじっくりご覧になっていました。

とても熱心なご様子に思わずパチリ。 やらせではありませんよ!(笑)



午後からは工藤さんが、市内の公共施設にガイドブック増刷分を届けに行きました。

たくさんの方に活用していただけると嬉しいです。(山川)

もうご覧になりましたか!!

 早いもので、もう今年も半分過ぎてしまいましたね。気が焦ってしまいます。    



活センでは、まちづくり活用データ資料として、市民活動ガイドブックを、各企業や公の場所には配布しておりますが、予想もしなかったことですが、大好評で、大変うれしいことであり、作ってよかったと思っております。                 



ところで、皆さんは、もうご覧になられましたでしょうか?。この冊子は、「何かをしたい」、「市内にはどんな市民団体があるの?」、「ボランテイアやまちづくりには関心はあるのだけれど、どうしたらいいの?」等ボランテイアやまちづくりに、関心や興味のある市民が、行動する、きっかけになればと思い作ってあります。         



第1部 まちづくり活用データ

第2部 おしえてQ&A

第3部 市民活動センター登録団体紹介 など、芸術 文化 教育 体育 国際協力団体を始め、67の市民団体を網羅しておりますので、お近くの施設等に、お立ち寄りください。ご不明な点などがあれば、市民活動センターへご連絡ください。         



市民活動センターは室蘭市海岸町1-20-30 港湾部庁舎1Fポートロビーいりえ内、TEL0143(25)7070 FAX0143(25)7071です。    



また、只今は20日(土)までサロン「ますいち」・絵手紙サークル作品展を、おこなっておりますので、お友達 ご家族 お誘いあってご覧ください、お待ちしております。(一色)

~古切手の切り取り方~

今朝、家の前の道路は、降った雪が溶け残り凍っていました。



あたり一面真っ白な雪の世界が、単純にうれしかった子どもの頃がなつかしいですが、車の運転をするようになった今はそんなことも言ってられませんね。







活センでは回収箱を設置し、古切手、ベルマーク、リングプル、プリペイドカードの回収を行っています。

ご家庭である程度集まったら、活センに持ってきてくださる方も多くいらして、先日は2リットルのペットボトルにびっちり入ったリングプルが届いていました。



コピー機横の古切手回収箱も、いつの間にかこんなにいっぱいに!

いつもご協力いただき、ありがとうございます。

せっかくなので、この機会に切手の切り取り方法を説明させてくださいね。







なるべく消印を切らないで、台紙ごと切手の回りを切り取ってください。

郵便局名や日付のある消印も収集家の対象のひとつになっているそうなので、上の写真のように、けっこう大きめに切り取っていただいて大丈夫です。



メールでのやりとりが普及し、切手を貼って郵便で送る事も少なくなっているような気がします。

家に届いた郵便物の大半がダイレクトメールだったりしますし・・

これからは古切手の価値がもっと上がるかもしれないですよね! なんて、これはあくまでも私の個人的な考えですけど。



活センでは、今後も切手を含め上記の回収を行っていきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。(山川)

室蘭市民美術館

10月1日にオープンした室蘭市民美術館。

みなさんは、もう足を運ばれましたか。



オープン以来6000人以上の入館者があり、順調なスタートのようですね。

現在開催中の、道内在住やゆかりの画家による巡回展「第2回北海道現代具象展」も、10日付の道新、民報朝刊でそれぞれ紹介されていました。

中央画壇の第一線で活躍する作家の大作を、14日まで鑑賞できるとのこと。





私も、先日初めて市民美術館に立ち寄りました。

活センの常連さんが、活センギャラリーをはじめ、市民美術館、NHKプラザミューなどの展示をぐるっと回って来る予定とおっしゃっていて、市民美術館のオープンギャラリーで開催していた「田中恵書展」を楽しみにされていました。





最終日でしたがゆっくり鑑賞でき、パンフレットもいただきました。



観る人それぞれに感想をお持ちだと思いますが、にこにこした元気な笑顔が浮かんでくる作品は、かわいい!の一言。

かわいいの中にやさしいも入って、あたたかい気持ちになる書展でした。



みなさんも時間を見つけて、市民美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

活セン入り口には、年内の美術館行事一覧も置いてあります。

興味のある方はお持ちください。(山川)





~春が待ち遠しい!~









今日は本当にあたたかい一日でしたね。



さて、みなさん、上の写真はなにをしていると思いますか。



答えは・・ チューリップの球根を植えている!でした。

塩越さんが都市計画課 公園係からたくさんの球根を分けていただいたので、お昼休みに作業しようということになりました。

すると港湾部から、こんなに大勢の心ある方々(笑)が集まってくださり、あっという間に作業終了。ありがとうございました!



「春が待ち遠しいな~」と思っていたら、「花が咲くの見られるかな」なんて声も。

そうか、春は人事異動の季節でもありますよね・・



見事に咲いたら、このブログでも紹介しますので、見に来てくださいね。なんて。



そういえば今年の春は、チューリップ畑を荒らす事件が頻繁に起きました。

来年はそんな悲しいニュースを聞きたくないですね。



春が来るのが待ち遠しい!(山川)

クリスマスの準備♪

今日は、西胆振オカリナ協会の方が「オカリナ&ハーモニカ・歳末コンサート」のプログラムなどを印刷されていました。印刷機を使うのは初めて!とのことで、濃さや写真・イラストの印刷の出方などを説明しました。

印刷機、使ったことないんだけど…という方は、スタッフがお手伝いしますので、気軽に声をかけてくださいね。

ちなみに、



「オカリナ&ハーモニカ・歳末コンサート」

日時:12月23日(火)、13時30分から開演です。

場所:NHKプラザμ

童謡や歌謡曲、クラシックなど幅広い曲目をハーモニカやオカリナで合奏、ソロ演奏を行います。入場無料。




年末、クリスマスということで、たくさんの行事がありますね。



室蘭の冬といえば、これをはずすことはできません。



比較的暖かい室蘭ではアイスキャンドルが作れないために、「ペットボトルキャンドル」で冬の街を照らします。

「むろらん夢キャンドル」は、今年は12月21日(日)、中島町・アイランド通りで行われます。また、23日東室蘭駅西口の「ウエストウインターフェスティバル」にも協力されるそうです。

活センでは、前日の20日に「ペットボトルキャンドルづくり講座」を行います。

むろらん夢キャンドルの会のメンバーがペットボトルキャンドルの作り方を教えてくれますよ!

ペットボトルキャンドル作り講座は参加費無料、定員20名。申込みは活セン(0143-25-7070)まで!(三木)



サロン「ますいち」絵手紙サークル作品展



明日からの、サロン「ますいち」絵手紙サークルの準備のため、絵手紙サークルの方がいらっしゃいました。

今回で2回目の作品展ですが、新聞のちぎり絵で「丑」の年賀状をつくったり、芋版でだるまを描いたり、なかなかアイデア豊富な絵手紙作品が並んでいます。

先生の作品には、手漉き風の名刺用紙を用いた小さなものもあり、一つ一つ見入ってしまいますね。

「芋版はスプーンでくりぬくの。でこぼこした変わった形のお芋を探してね…」と、作品の作り方も少しだけ教えてもらいました!

みなさんも、年賀状の参考に、ぜひご覧下さい。

20日の午前中まで開催しています。(三木)







1泊2日?

   今朝は寒いと思っていましたら、外は白い雪でした。活センには、それでも早くから何人かの見学の方もいらして今日で終わりになる、松田先生の書道をおしむ様に見、説明をきてビックリしておりました。また先生の教え子さんによる、絵手紙の展示もみていきました。  一時港の船も見えなくなるような吹雪でしたが、午後からは晴れ間もみえ少し明るくなってきましたが、かぜが強くさむさが強いです。天気予報ではこの寒気団は一泊二日で帰ってしまうと言っておりました。明日からは又少しですが暖かくなるかもしれませんね。活センでは休み明けて9日(火曜日)からは「ますいち」・の絵手紙サークル展が始まりますし、22日(月曜日)からはフイリピンストリートチルドレンの予定もありますので、これからの活センを楽しみにしていてください. これからも皆様に役立つ情報を提供いきますのでよろしくお願いいたします。(一色)

~絵手紙~

活セン入り口の正面に展示している絵手紙。

今回、書道作品を出品した松田岑夫さんのかつての教え子のみなさんの作品です。







子どもの誕生を心待ちにしている気持ちが伝わる作品や、野球をする少年たちを描いた作品など、テーマはそれぞれです。

最近は個人で、サークルでと、絵手紙を楽しんでいらっしゃる方が多いですね。

以前、新聞記事で読みましたが、無心に集中して作品作りをすると、集中力アップなど心と体に良い影響を及ぼすという事で、授業に取り入れている学校もあるそうです。



次回は、サロン「ますいち」絵手紙サークルのメンバーが月2回集まって描きためた作品を展示します。

期間は12月9日(火)~12月20日(土)お昼まで。活センでの展示は2回目になります。



お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。(山川)

フイリピンストリートチルドレン

 ひさしぶりに暖かく感じる窓辺に、日鋼の風力発電のプロペラが回っているのが見えました、ひさしぶりです。 活センの回りの街路樹はさっぱりと枝も払われ、丸坊主、窓から景色が良く見えるようになりました。そんな時、活センの机の上にふと目を戻すと、そこにはフイリピンストレートチルドレンの写真展予告の案内がありました。これは苫小牧高専の国崎さんが、フイリピンのごみ捨て場で暮らす子供たちを、撮影した写真です。

 国崎さんは、文部科学省所管の社会教育団体のSYDのボランテア事業をやっており、何度かフイリピンを訪れていますが、今回は夏休みを利用して、個人で訪問し新たに企画したものです。 12月22日(月)~12月27日の予定です、ぜひご覧ください。

 その他の展示予定は、サロン「ますいち」・絵手紙サークル作品展が12月9日(火)~12月20日(土)も展示の予定です。合わせてご案内させていただきました。

 なおスケジュールは、変更になることもございますので、事前にお電話で確認してくださいますよう、お願いいたします。(一色)

民俗資料館企画展「長輪線の風景」

昨日は、活セン広報紙かわらばんや市民活動ガイドブックを各施設に届けていましたので、民俗資料館に立ち寄った際、企画展を見せていただきました。







資料や写真をながめていると、せっかくだからと学芸員の谷中さんが2階まで上がって来てくれ、かつて長輪線(おさわ線)と呼ばれたJR室蘭線・東室蘭ー長万部間の開通当時の様子などを詳しく説明してくださいました。

長輪線は昭和3年9月に、輪西(現東室蘭)-長万部間で全線開通。31年3月に室蘭と岩見沢を結んでいた室蘭線に編入されたとのこと。



長輪線(おさわ線)は当時ちょうりん線の名称で親しまれていたため、現在のJR職員さんも正式名がちょうりん線と思っていた方も多くいらしたそうです。

時刻表を見ると、東室蘭ー長万部間を約3時間かけて走行していたり、函館ー稚内間の直行便なるものが存在していたり・・ いったい何日がかりで・・ 

見るもの聞くもの初めてづくしで、「へぇ~」「ほぉ~」と感心しきりでした。



現在の東室蘭駅が、かつて輪西駅、東輪西駅と呼ばれていた時代があったことなど、通勤、通学で利用していた室蘭線はこういう歴史をたどっていたんだなとあらためて感じました。



待ちに待った長輪線開通に当時の市民は大盛り上がりで、芸者さん60人を含む総勢200名が列車に乗り込んだなどの記事も紹介されていました。

また、沿線の景色を写した当時の写真や絵はがきの横に、現在の写真も展示されています。

谷中さんが同じアングルで撮影できる場所を見て回ったそうです。



展示は12月7日まで。

まだご覧になっていない方は、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。(山川)





市民活動ガイドブック、好評です。

11月28日の記事にも書きました「市民活動ガイドブック」。

今日、新聞でも報道されまして、早速活センまで取りに来てくださった方も何名かいらっしゃいました。

また、東室蘭駅のえきがるセンター(蘭東支所)では、まず5冊置いてもらったものが早速なくなってしまったり、中小企業センターや市民会館などからも「ガイドブックがほしいんだけど…というお客様がいます」というお問い合わせを受けたりしております。



正直なこと書いてもいいですか?



…こんなに反響があるとは、活センのスタッフも予想していませんでした!



いやもちろん、すっごくいいものができたとは思ってましたよ(笑)。

市民活動に興味のある方が実はたくさんいて、本当に情報が求められているんだなぁということを改めて感じました。



「自分がボランティアの活動ができるかどうかは分からないけど、どんなものがあるのか知りたかったので…」

という「活動に興味のある方」もいれば、

「うちの団体の活動に協力してくれるところはないかな、と思って…」

「うちの団体は載ってないの?今度作る時は掲載して欲しいですね」


という「すでに活動を始めている方」もいらっしゃいました。

このガイドブックは市民活動推進課・市民活動センターが作成したもので、こちらにデータを登録していただいている「活セン登録団体」の詳細を掲載しております。まだご登録いただいていない団体の方には、ぜひこれを機会に活センへのご登録をお願いいたします。



活センができてから2年半。

このガイドブックは、活センの2年半の集大成みたいなものですが、これから先の長い道程の最初の一歩でもあるなぁ、と思います。

いまは「こんなにたくさん団体さんがあるんだ~」と感心して見てますけども、何年後かには「初版のガイドブックは薄いな~!」と思えるような、膨大なデータを掲載しているかもしれません。

ちょっとわくわくしますね。



ガイドブックは現在増刷作業中です。

公共施設にも追加で置いていただくようにしますが、もしお近くの公共施設にない場合はお手数ですが活センまでお越しください。

暦は今年もあと1枚





 いろいろあった今年も暦をあと1枚めくれば終わりです。

 気ぜわしい中で、活センでは皆様の憩いの場として、ロビーにクリスマスツリーを飾りつけをしました。 高さ約1m位の堂々としたものです。子供さんが見てもうれしくなってしまいますが、これに音楽と白い雪でもあれば、すっかりクリスマス気分になりますね。 若い方々カップルの方活センに来てすこし早いクリスマスの気分を味わってみたらいかがでしょうか。そして今やっている、「金子みすずの世界」と絵手紙五人展など見て行ってくれると嬉しいんですが? こんなこと言っているまに、どんどん時間が過ぎていきます。若い人には楽しみなことでも、お年よりには寂しいことかも?のこりはあと30日です。『金子みすずの世界」と絵手紙五人展は12月6日(土)までです。(一色)

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ