インタビュー

s-DSCF2392.jpg
 今日の活センは年度末とあってなのでしょうが、離任や退職などのご挨拶に訪れる方も見られるなど来館者の多いにぎやかな一日となりました。
 さて、今日31日から活センギャラリーにて「ガーデニングパネル展」が始まりました。昨年春に市都市計画課公園係が撮影した市内各家々の「ガーデニング」の写真を抜粋しパネル展示しています。
 初日の今日、室蘭のコミュにティFM FMびゅーの番組「うたたね日和」(火曜14時~15時)の井川さんが生中継での取材に訪れました。センターの職員(菊地さん)がパネル展をはじめ、まちの清掃活動を支援するまち「ピカ」パートナー(詳しくは前日の当ブログでも紹介)について紹介。やや緊張の面持ちで初のラジオ出演を果たしました。
春の訪れとともに「この春のお庭をどうしよう・・?」と気にかけているかたのご参考になればと思います。期間は4月11日までです。ぜひご覧ください。(石)

いよいよ明日から!

 各町内会、各家庭、学校などで丹精こめてつくって咲かせた、花々が、すばらしいガーデイニングになりました。そのなかの一部ですが、活センでは、優秀作品を写真にしたパネル約30点を、明日3月31日(火)より4月11日(土)まで展示いたします。
室蘭全域をきれいな花でかざり、つながっています。どうぞ楽しみにしてください。

この春活センでは、たくさんのイベントスケジュールを予定しておりますのでもう少しお待ちください。
お問合せは市民活動センター 電話0143-25-7070まで(日 祝は休館日です)(いっしき)

第3回テイーミーテイング

 ひさしぶりに良い天気になり活センスタッフはホットしております。といいますのも本日は15時からプリンスホテルにおいて、第3回テイーミーテイングがあるからです。
 昨日は資料作りで大変だったようですので、 さて今日は30団体50人の方々が参加され、福祉,教育,自然環境、文化,、情報、まちずくり、等幅広い分野において話があるのではないでしょうか。
 当初平成18年度の第1回目は、41団体が、19年度は18団体、20年度は11団体が登録しており現在では70団体になっております。また展示ギャラリーものべ72回の展示があり、講座も67講座行われました。市民の皆様には本当に心より感謝申しあげます、ありがとうございました。
 
 今回は「登録団体のつながり」と言う事で同じテーブル内でなにか一諸に連携できたら楽しいのでは?等お話しいただけるのではないでしょうか。
 主催者側からは、昨年10月5 6日丸井今井室蘭店で開催した市民ミュージアムの報告や、まちづくり活動援助金概要等、新たな事業などが広く市民参加につながる様支援する旨の話しがあります。
午後5時からは交流会も行い今日のイベントを終わる予定です。(一色)

ティーミーティングの準備

s-090327.jpg
明日は、登録団体の方に集まっていただいて団体同士の連携を深めよう、という目的で行われる「ティーミーティング」を開催いたします。
今日はその資料づくりなどを行っていました。
登録団体の代表者の方にはすでにご案内して、約30団体の50人ほどが参加してくださる予定です。
活センの登録団体は現在70団体。活動分野もさまざまで、どんな「ミーティング」になるのか想像もつきません。
2年前の1周年記念に1回目を開催し、しばらくやっていなかったので、とりあえず自己紹介が主になるとは思いますが、「連携」をテーマにグループ討議などもできれば…と考えています。

個人的には、私にも活センスタッフとして資料の説明などの分担があるらしく(しかも今日の帰り際に言われました)、K氏が全部やると思っていたので焦ってます…。

来週にでも詳しい報告をしますので、お楽しみに!(三木)

まち「ピカ」パートナー

 季節はずれの小雪もように、そう簡単にやってこない「室蘭の春」を感じるところです。しかし、今の季節、街の雪解けは進み軽やかな足並みに春を感じる反面、道端のよごれに眉をしかめることもよくあることと思います。
 外へお出かけの際ご近所で市民の方々がごみ拾いなど清掃活動をしている様子を目にすることがあると思います。市では地域の公園や道路などの公共空間を、自発的に清掃・美化活動に取り組む市民(団体・企業・個人)および市民活動団体を「まちピカパートナー」と称し、積極的に支援しています。
 現在、165団体、5,538名がまち「ピカ」パートナーに登録。春を迎え、各地域で活発にまち「ピカ」活動が繰り広げられています。
 
 今日、活センにまち「ピカ」活動報告に訪れたある町会の方が「道端に多量の紙おむつが捨てられていたよ・・・」と市民のマナーの悪さにこぼしていました。
 ごみの「ポイ捨て」は心の汚れた者のする行い。マナーを守り、街の美化を心がけ、心も美しくありたいものですね。

 なお、まち「ピカ」パートナーの申し込みはこちら市民活動センターで受付けております。ご相談はお気軽にスタッフにお尋ねください。   (石)

 

広報は積極的に!

現在、活センの広報紙「かわらばん」4月号を作成中なのですが、それと並行して室蘭市の広報「広報むろらん」5月号に掲載してもらいたい活センイベント情報のお知らせなども作っていて、私の頭の中ではすっかり3月は遠い過去になってました。
ところで、「広報むろらん」では、サークルの仲間募集やイベントのお知らせなどを無料で掲載してもらえる「伝言板」というコーナーがあることをご存知でしょうか?
広報は町内会などを通じて市内にくまなく配布されますので、興味のある方にみてもらえる可能性が高くなります。
先日の活センでのリンパ体験講習会も、広報の「伝言板」に掲載されたところ、大きな反響がありました。
掲載できるのは、市民が行う「営利を目的としない」行事やサークルの会員募集です。また、多くの情報が寄せられた場合は掲載ができない可能性もあるそうなので、詳しくは室蘭市・市民対話課へお問合せください。
5月号の伝言板の締切日は4月3日(金)です。イベントを考えていらっしゃる方は、利用されてみてはいかがでしょうか。(三木)

パソコン無料相談会

毎月第4火曜日は、パソコン無料相談会の日♪
本日もシニアネットいぶりの方が、相談者の質問に親切に対応してくださいました。

s-DSCF2387.jpg

相談者は3名。
午後1時から3時の時間内で、それぞれ都合の良い時間に起こしいただけるので、今日はちょうど入れ替わるように次の方が見えていたようです。
大人数の講習会とは違い、わからない事などを個別に相談できるのが魅力の「パソコン無料相談会」。
定期開催していますので、お気軽にお越しくださいね。

パソコンの基礎知識や、ワードの基本操作、パソコンの便利な活用方法などを学びたい方は、NPO法人シニアネットいぶり主催の講座が、登別市地域情報センター「PiP」で行われていますので、開催時間、受講料などの詳細については直接お問合せください。

 NPO法人シニアネットいぶり
 担当 工藤さんまで
 電話・Fax 0143-45-2726


市民活動について相談にいらした方や、写真展をご覧になる方など途切れなく、センター内はみなさんの和やかな談笑の声に包まれていました。

今日はWBCの決勝戦があったので、やはりみなさん、結果がとても気になるようでした!(山川)

文学と写真のコラボレーション展

文学と写真のコラボレーション展
室蘭市港の文学館開館20周年記念・白鳥大橋開通10周年記念として、昨年9月より室蘭港の文学館で開催されていた「文学と写真のコラボレーション展」もいよいよ今月で終了となります。

室蘭写真研究会の協力で30点の写真を展示。
さらに室蘭文芸協会員を中心に一般市民にも文芸投稿を呼びかけ、散文、詩、俳句、短歌と多岐にわたる文芸作品を出品していただいております。

テーマは「1足す1は2に非ず」
写真と文芸作品のコラボレーションの中から、自分なりの感性で正解を探してみてください。

3月31日(火)まで。時間は午前10時~午後5時までとなっております。
未見の方はお急ぎください。

主 催:室蘭市港の文学館・室蘭文学館の会
共 催:室蘭写真研究会・室蘭文芸協会

問合せ:0143-22-1501

展示 ・講座のご案内

 まだすこし冷たい風が吹いていますが、ひさびさの良い天気です。 窓から見える風車が気持ちよさそうに回っています。 
活センギャラリーでは、ただいま写真展「イタンキ風と波と砂と」を開催しています。これがイタンキですか、と思われる新しい発見もあります。28日までやっておりますのでぜひご覧ください。

また3月31日(火)からは「ガーデニングパネル展」が4月11日(土)まで、 4月14日(火)から4月25日までは「マクラメ手芸個展」も予定いたしております。楽しみにしてください。
スケジュールは、変更の場合もありますので、事前に確認されますようにおねがいします。

  講座は3月24日(火)13時~15時(毎月第4火曜日)に、「パソコン無料相談会」を開催します。NPO法人シニアネットいぶりのメンバーにより、パソコンでの困りごとなどの個別相談に応じておりますので、お気軽に活センまでお越しください。事前のお申込みは必要ありません。(一色)

写真展、好評です

ギャラリーでは相原さんの写真展「イタンキ 風と波と砂と」を開催しています。
初日から多くの方にご来館いただいています。

今日は相原さんから、良い話を聞きました。
病院から帰るところ、という年配の女性が、活センに来られ、展示を見ていかれたそうです。来た時には大変疲れた顔をしていたのに、写真をみてイタンキの美しい風景に目を輝かせ、「いいものを見せてもらった」とたいへん感謝され、元気に帰っていった、とのことでした。
相原さんも、「そういうふうにいってもらえると、私も写真を撮ってきた甲斐があります。本当に『生きがい』ですよ」と嬉しそうでした。

そんな素敵な出会いもある写真展は、28日まで!
見たら、イタンキ浜に行きたくなりますよ。(三木)

春ですね

今日は日差しも暖かかったですね。
写真展の取材の方や、早速見学に来られた方、春のいろいろなイベントのポスターをお持ちくださった方など、お客さんが切れ間無くいらっしゃいました。

s-DSCF2375.jpg
活センのある港湾部庁舎前の花壇では、いろいろな花の芽がでていますよ。

s-DSCF2376.jpg
以前、「大きくなりすぎちゃって…」と、来館者の方にご寄付いただいた「幸福の木」も元気です。

s-DSCF2372.jpg
春といえば、ダイエットを考える季節。なぜか体重計まである活セン。
実は、リングプルや古切手を計るのに使っていますが、今月はスタッフのダイエット月間らしいので、事務所から目に付く所に置いています。来館者の方に使っていただく機会は無いと思いますが(笑)、もし必要な場合は声をかけてくださいね。(三木)

写真展 イタンキ 風と波と砂と

イタンキ風と波と砂と02
明日17日(火)から28日(土)まで室蘭市在住の写真家、相原勝彦さんの写真展を活動センターギャラリーで行います。

昨年もイタンキ浜の波しぶきの瞬間を捉えた写真が大変好評でしたが、今年は砂浜や断崖の写真が中心となっております。
イタンキ風と波と砂と01
風紋によって描かれた砂浜のアートや波や風によってえぐられた、断崖の地層の様子などが楽しめます。

普段観ることのできない新鮮なイタンキ浜の風景を観るチャンスですよ。
是非、お越しください。

リンパ体操 講演会

今日は、リンパ代替療法普及協会による講座が10時30分より行われました。

s-DSCF2357.jpg

広報むろらん3月号に講座のお知らせを掲載したところ、とても多くの反響があり、あっという間に定員20名に達してしまいました。
その後も申込みのお電話をずいぶんいただきましたので、今回参加できなかった方には大変申し訳なく思います。

講座では、リンパが関わる日常生活のお話や、簡単なリンパ体操を行いました。
参加者は全員女性だったので、乳がんの予防につながるお話にみなさん真剣に耳を傾け、女性の敵(笑)セルライトを撃退する体操などに熱心に取り組んでいました。

次回の予定は未定ですが、登録団体による講座は毎月開催していますので、活センのホームページや、定期的に更新している「イベントスケジュール予告案内」、道新コミニ、ホームポストなどでのお知らせをチェックしてみてくださいね。(山川)



アンダンテthe6thコンサート

4月25日(土)PM6:30より室蘭市市民会館で、演奏グループ・アンダンテによるコンサートが行われます。

星野晴子、芳野俊史、高橋かずみ他、4名が、それぞれショパンやリストの楽曲を演奏します。
出演者の伊藤珠里さん、千葉理恵子さんは連弾で第1回ピアノデュオ・コンクールinTOKYO入選経験があります。
二人の息の合った演奏が楽しみです。

入場料は一般1,000円、高校生以下は700円
主催はグループAndante(代表)伊藤珠里。
お問い合わせ先は0143-42-3936(福島)となっております。

印刷機の季節

今日は印刷機が朝からフル稼働でした。
行事のまとめ、これから行うイベントの関係、町内会の会報など…

1製版30円で印刷ができますが、印刷用紙は持参してください。紙を忘れて取りにいってもらったという方もいらっしゃいます。
また、予約制ではないので、順番をしばらくお待ちいただくことがあります。時間に余裕をもってお越しください。
ご協力よろしくお願いします。

外川さん写真展?

今日は、以前活センギャラリーで写真展を開催してくださった外川さんが立ち寄ってくれました。
実は会議スペーススケジュール表では、外川さんの写真が常設展状態です。

s-DSCF2341.jpg

「いつも写真が貼ってあるなぁ」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は季節によって写真の入れ替えをしているんですよ!

外川さんは14年前から、毎日のように、イタンキ浜からの日の出を撮りにいっているそうです。
14年間に撮影した中では、たくさんの変わった形の太陽が見られたそうで、数々の写真を1枚の写真に収めたものをいただきました。

s-DSCF2340.jpg

ちょっと小さいですが、「えー!これ本当に太陽?」と思ってしまうものばかりです。


ほんとのギャラリーでは引き続き「山ぼうしリフォーム展」を行っています。今日も、冬に逆戻りの寒さの中、たくさんの方がいらっしゃいました。
最終日の14日は14時までとなっていますので、お見逃し無く。

茂呂蘭 室蘭地方史研究 43号

茂呂蘭
活センは市民団体が会議をする場所と思っている方は多いと思いますが、それだけでは無いんです。
普段目にしない、一寸変わった本もあります。

郷土史や地方史に興味のある方に是非読んでいただきたいのが、この本「茂呂蘭 室蘭地方史研究」です。

昭和34年、当時の市立室蘭図書館館長や教員の方々が中心となって発足させた室蘭地方史研究会。その研究会が発行している会誌は室蘭地方の史実研究誌として、会員の方々の地道な研究により、大変資料的価値の高い、貴重な情報満載なものとなっております。

「事業場報告」が記録した中国人強制連行や「室蘭街道」をゆく、日本製鋼所の高品質鋼塊製造技術導入についてなどの連載記事ほか、室蘭市民活動センターミュージアム2008開催や室蘭市民美術館が開館、室蘭市にFMびゅー開局など最近の出来事なども載っております。

室蘭のことが大好きで、故郷のことをもっと知りたい方は是非活動センターに来て、この会誌を手に取ってみてください。持ち出しはできませんが、館内での閲覧は自由となっております。

ダンボールコンポスト講座

ダンボールコンポスト
本日、午後1時よりダンボールコンポスト講座が行われました。

ダンボール箱を使い生ゴミを堆肥に変えることにより、ゴミを大幅に減少させることができるとあって、主に主婦を中心に密かなブームとなっております。
今回もこの講座に参加した方が何名か、早速ダンボールに敷く基材を購入しておりました。

次回は5月12日に行う予定です。
ダンボールコンポストに興味がある方や、実際にコンポストを使用してみて、虫や腐敗臭などでお悩みの方は是非ご参加ください。

~演奏会のお知らせ~

s-DSCF2304.jpg

今日は、活セン登録団体「室蘭ウィンドソサイエティ」の第19回定期演奏会についてお知らせしたいと思います。

日時   平成21年3月15日(日)
     開場14:30 開演:15:00

場所   室蘭市市民会館

入場料  500円

演奏曲目 2009年度吹奏楽コンクール課題曲より
       ル・ボウ・ジャパン ほか

※入場券は、当日受付にて販売
 お問合せは、事務局・矢野さんまで 090-1521-6876

室蘭ウィンドソサイエティの構成メンバーは、室蘭・登別の学生、社会人、主婦などさまざまで、定期演奏会では45名が演奏します。

演奏会は3部形式で、第1部 クラシック、第2部 企画ステージ、第3部はディズニー映画や、演歌などのポップスステージとなっております。
吹奏楽団が演歌!と、私はちょっと意外だったのですが、第2部の企画ステージも楽しそうです。

メンバーが赤組・白組に分かれて、「紅白歌合戦」ならぬ「紅白音合戦」を繰り広げるそう!
練習もこっそりしていて、お互いの演奏は当日までわからないようです。
ジャッジするのは来場者のみなさんで、入場の際に赤い紙と白い紙を渡されるので、それで判定するんですって。
参加型の演奏会ですね。

お時間がございましたら、足を運ばれてみてはいかがでしょうか(山川)

ホスピスボランティア講習会のご案内

ホスピスとは末期の癌など治療が困難な患者に、自宅もしくは施設で快適な生活を送れるように支援する場のことです。

4月18日午前10時より、カレス・マークホスピスが日鋼記念病院内1階多目的ホールにおいて、ホスピスボランティア講習会を行います。

講習内容はホスピスの理念や必要な知識、心構えなどを実際に現場でケアをしている医療従事者の方々が行います。
講習後、ボランティア活動を希望する方も同時に募集しております。
ボランティアは、お茶会、会報の発行、図書やCDの管理などさまざまな活動を実施しています。

興味のある方は是非、参加してみてください。

受講の連絡先:医療福祉相談室・担当酒本 電話0143-22-2225

活セン広報紙「かわらばん」3月号

s-DSCF2329.jpg

1日発行の活セン広報紙「かわらばん」。
3月号は「まちづくり活動支援補助金」について取り上げています。

市に補助金を申請することを検討したり、実際に相談された経験をお持ちの方は少ないのではないでしょうか。
ちょっと敷居が高いとか、手続きが難しそう、または、自分たちの行っている活動は補助対象にならないのでは?などとお考えではありませんか。


補助対象事業は、

○産業・ものづくりの振興
○観光振興
○健康・福祉の推進
○子どもの健全育成推進
○芸術・文化・スポーツの振興
○景観美化・環境保全
○地域の安全推進
○その他

と多岐に渡っています。

実際に「まちづくり活動支援補助金」を活用した最近の取組みとしては、NPO法人夢工房とむそーやくらぶによる円盤状のゴムチューブを用いたソリ滑りや、東室蘭駅西口地域まちづくりによる沿道ライトアップと音楽を組み合わせたイベントなどがあります。

平成19年11月には、光のアートプロジェクトが、「光と音の満月祭」と題したイベントを行ない、室蘭のシンボルである測量山上空に巨大サーチライトの光による幻想的な世界を作り上げました。


市内に活動拠点を置き、責任を持って事業を行える団体が補助対象となります。
魅力あるまちづくりへの取組みに、ぜひご活用いただきたいと思います。
詳しい話を聞きたい、相談したいという方は、まず市民活動センターまでお問合せください!(山川)

がんばれ受験生!

今日は道内公立高校の受験日。
受験生は今ごろ、試験が終わってほっと一息ついているところでしょうか。


s-DSCF2325.jpg

さて、「祈 合格」と書かれた上の写真、何だかわかりますか!

JR室蘭駅に置いてあったお守りなのですが、中には、レールの上にまいて列車の車輪が滑らないようにする砂が入っているんですよ。
受験生のために合格の願いを込めて、ちゃんと祈祷もされています。

駅を利用する学生さんのことを思い、お守りを準備された室蘭駅の職員さんたちの心配りに感心しました。

室蘭駅には、活セン広報紙かわらばんも置かせていただいてます。
駅をご利用の際は、ぜひ、かわらばんも手に取ってみてくださいね(笑) 山川

今日は何の日?雛祭りの日

 今日は雛祭りです。
 ちなみに、耳の日、金魚の日でもあります。

 特には何もありませんが・・・。  あっ! ありました。
 
 登録団体の方から、ひなあられをいただきました、ちょっとだけ雛祭りの気分に浸りました。
 ありがとうございました。

 本日は、昨日のブログでもお知らせしていましたが、山ぼうしさんのリフォーム展が開催しました。
 作品をご覧になる、お客様が来館し、山ぼうしの方とお話していました。

 3月に入り暦では春ですが、実際にはまだまだ寒い日が続いています。
 春が待ち遠しいですね。
 

山ぼうしリフォーム展

山ぼうしリフォーム展
3月3日のひな祭り。
活センにも可愛らしいお内裏様とお雛様が登場です。

実はこれ、山ぼうしのメンバーが不要になった布などを使って作ったものです。
大小、色や形がさまざまなお雛様が展示中です。

他にも、金太郎や鯉のぼり、今年の干支の丑さんやフクロウ型の財布、巾着やスリッパなど、彩り鮮やかな小物がたくさん展示しております。

山ぼうしリフォーム展は明日、3月3日(火)より3月14日(土)まで行っております。
可愛い小物が大好きな方には特におすすめです。
ぜひ、お越しください。


プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ