紅葉は楽しまれましたか

10月も今日で終りです。
天気予報では、週末に雪が降り出す地域もあるとか・・
みなさんは、紅葉狩りなどに出かけられましたか。

うっかりしていた方は、↓をお楽しみください(黒松内町のブナ林)

s-DSCF2933.jpg

実はこちら、活セン内に掛けてあった9・10月のカレンダーの写真です。
まるで絵のようですね。
月が変わるので切り取ったのですが、とてもきれいなのでアップしました♪

先日は、ある企業の方が、一番乗りで2010年のカレンダーを届けてくださいました。
なんだか気持があせります・・


活セン広報誌「かわらばん」11月号が刷り上がりました。
今回の団体紹介は、「(社)日本詩吟学院学風会 室蘭支部」と「室蘭地方紙研究会」です。
登録団体イベント情報や、11月の活セン展示ギャラリー・講座案内なども掲載しています。
マジック教室は定員15名、先着順ですので興味のある方はお早めに!(山川)

美人画は永遠に・・・

s-DSCF2932.jpg
 
 市民活動センター、フロアの一角に「ハリウッドを代表する往年の大女優」2枚の肖像画が飾られています。1つは「ビビアン・リー」もう1つは「オードリー・ヘップバーン」
 美しい肖像画は訪れるひとにいつも微笑みを絶やしません。
  
 これらの肖像画を描き、活センに寄贈いただいた白鳥台在住で元看板絵師、油彩画家の梅津成夫さんですが、10月28日、80年の画家人生に幕を閉じました。

 活センでは平成20年5月に「美人女優100人展」と題し梅津さんが描いた美人画100点を並べた作品展を開催しました。また、今年は8月に丸井今井室蘭店で行われた「活セン展示ギャラリー移動展」にも出品。マリリン・モンローの映画のワンシーンを描いた大作や、美空ひばり、吉永小百合など描きためた海外、日本の往年のスターの肖像画を展示。その美しさと懐かしさに、ご覧になった市民から好評を得ていました。
 活センの一角に華やかに輝きつづける2枚の美人画。活センにお立ち寄りの際にはぜひご覧ください。

 梅津成夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
                   (市民活動センター スタッフ一同)



 

 
 

ギャラリー貸します

s-DSCF2931.jpg
 日1日と寒くなって来ましたが、冬の支度等皆様はいかがですか。
 活センでは、毎月いろいろ展示会を開催しておりますが
個人の方が会場を借りるのには、お金がかかるのではとか、
難しい手続きが必要なのでは?とお考えの人もいらしゃる様です
活センギャラリーは、市民の方のためのイベントギャラリーです。
手続きも特になく、無料でご利用いただけるところです。
 おなたが心を込めて制作した作品を人に見てもらいたい と
思いましたら、一言活センへご相談ください。
プロ アマ問わず営利目的でなければ、どんな作品でもO Kです。
ギャラリーを自由に使えます、どうぞお気軽にお問合せください。

 只今の活セン展示会は、●サロン「ますいち」 絵手紙展を
10月27日(火)~11月7日(土)但し最終日は13時まで
会員15名による作品約70点と、和紙をちぎり、すかした、独特な
風合いを持った絵手紙などを展示中

 ●「室蘭の夜景」 移動写真展は 11月10日(火)~11月21日
(土) 輝く夜の宝石箱、室蘭の夜景を撮影した写真28点を展示
します。(市主催)

 ★スケジュールは変更になることもありますので、事前に確認
されることを、お勧めいたします。

  活セン電話 0143-25-7070(日祝は休館日です) (S)

メンバー募集中!!

今日の活センギャラリーは、昨日のお昼の番組をご覧になって足を運ばれた方が多いようです。

サロン「ますいち」のメンバーのお一人が、「私の栗の絵が出てたから」と、あらためてご自分の作品や、お仲間の作品をご覧になっていました。
作品鑑賞の後、中に入って募集コーナーのポスターをじっくり眺めていらっしゃる方も。

s-DSCF2926.jpg

s-DSCF2928.jpg

市民活動団体の方にお話を伺うと、「いっしょに活動する仲間を増やしたい」と、みなさんがおっしゃいます。
募集コーナーとして張り出しているのは、そのほんの一部ですが、活センでは、各団体の活動内容を身近に感じていただけるよう、登録している市民団体の新聞記事をファイルしてあり、自由にご覧いただけます。
興味を持たれた方は、スタッフにお気軽に声をおかけくださいね! (山川)

パソコン無料相談会

今日から始まった、サロン「ますいち」絵手紙展。
なんとさっそくお昼のNHKニュース(室蘭放送局エリア)で取り上げられ、ユーモア溢れる作品を紹介していただきました。

今日は、NPO法人シニアネットいぶりによるパソコン無料相談会も行われました!
毎月第4火曜日、13時~15時まで行っています。

本日の相談者は7名ほど…。
ノートパソコンをご持参される方が多いのですが、今日は分からない所の画面を写真にとって来られた方がいらっしゃったそうです。アイデアですね~。
シニアネットいぶりのメンバーが、個別に相談にのってくださいますが、順番待ちになる場合もありますので、お時間に余裕をもってご来館ください。
待ち時間にはぜひ、活セン登録団体の資料などをご覧頂いて、新しい出会いを探してくださいね。

次回は11月24日(火)に行う予定です!お気軽にお越しください。
(三木)

サロン「ますいち」絵手紙展

サロンますいち絵手紙展
明日、10月27日火曜日から11月7日土曜日まで、サロン「ますいち」絵手紙展を活センギャラリーで催します。

サロン「ますいち」絵手紙展。今ではすっかりおなじみの展示になってますね。
毎回季節をテーマにした絵手紙が展示されますが、今回のテーマは秋。
十五夜の名月や紅葉、とうもろこしや柿などの野菜や果物、秋刀魚など情緒ただよう作品が揃っています。
他にも、芋版や独特の風合いの和紙を使った絵手紙などバラエティに富んだ内容になっておりますよ。

活センで小さな秋見つけませんか?
なお、最終日は13時までとなっておりますのでお気をつけください。(O)

小さなネアリカ教室

今日は、11月21日に「光と音の三日月祭」を開催する光のアートプロジェクトのみなさんが、「小さなネアリカ教室」を開催してくれました。

ネアリカは、メキシコ・ウイチョル族に伝わる毛糸を使った絵画です。
今回は、色とりどりの毛糸やフェルト、おはじきやキラキラしたリボンの切れ端などを、10cm角のボール紙に貼り付けて、自由な発想の作品を作りました。
s-DSCF2915.jpg

最初は、自由と言われても何を作ればよいのか…と戸惑っていらした方もいらっしゃいましたが、これまでの作品をみて実際に作り始めると、「楽しくなってきた」「これを使ったら面白いかも」と、気分も乗ってきて、互いに作品を見せ「色合いがすてき」「とてもかわいい」「これは斬新だ」と褒めあっていました。
s-DSCF2920.jpg
なんといっても、もう使わない毛糸や布やボタンなどを使って楽しめる、これは立派な「エコ」ですね!
家でも作りたい…と台紙を持ち帰られた方も。
家でじっくり作るのもいいですが、みんなでわいわい作って作品を褒めあうのも楽しいですよ!!

興味を持たれた方は、ぜひ11月21日(土)室蘭文化センターで行われる「光のアートプロジェクト」のイベントに行ってみて下さい。今日作った作品も展示されますし、当日もネアリカを作ることができます。
詳しくは、光のアートプロジェクトのホームページをごらんください。(三木)

「支援袋」が出来上がりました♪

昨日、リフォーム手芸サークル「山ぼうし」のみなさんが制作に励んでいた「支援袋」が出来上がりました。
りんごが入っていた大きめのダンボール箱いっぱいに詰まった支援袋は、フィリピンのストリートチルドレンへの支援や福祉施設へのボランティア活動を行っている、「SYD北海道クラブ」に手渡されます。

s-DSCF2913.jpg

↑フィリピンの貧しい子どもたちを支援する品物(タオル・Tシャツ・歯ブラシ・文房具など)が、この支援袋に入ります。

SYD北海道クラブでは、上記の支援品や支援袋を作る布、ひも、などを集めていますので、みなさんのご自宅で眠っているものがございましたら、ご協力をよろしくお願いします。(山川)

ミシンとパソコン。

 晴れた日中でも街を歩くと頬にかすかに冷たさを感じる今日のお天気。
 今日の活センは朝からリフォーム手芸サークル「山ぼうし」の定例活動と団体の打ち合わせでテーブルはいっぱいに。
 「山ぼうし」の皆さんはフィリピンなど貧困にあえぐ国や地域に物資を送り届けるなどボランティア活動を行っている「SYD北海道クラブ」で物資を入れるのに使用する「支援袋」つくりに会話をはずませながら精を出していたもようです。
 午後からはNPO法人くるくるネットの皆さんも打ち合わせに来館。資料作りに集中です。
s-DSCF2909.jpg

軽快なリズムをとるミシンの音とパソコンのキーボードをたたく音。様々な活動をしている人々が集まる市民活動センターです。 (石)

登録団体のイベントご紹介

本日は活セン登録団体のイベントを2つご紹介いたします。

砂をこすり合わせると「キュッキュッ」と不思議な音が鳴る、イタンキ浜の鳴り砂。
全国でも珍しいイタンキ浜の鳴り砂を、清掃活動などで保全に務めている「室蘭イタンキ浜鳴り砂を守る会」。

毎年、月に1、2回、会員が集まって行うイタンキ浜の清掃活動も10月24日(土)で今年度は終了となります。
一般市民の参加も広く呼びかけております。
ぜひ、イタンキ浜の保全活動にご協力ください。


「NPO法人 科学とものづくり教育研究会 かもけん」が室蘭市青少年科学館の指定管理者になって、はや4年。
11月1日(日)には、かもけん誕生祭・科学館祭を開催します。

主な日程は、
◎工作教室(定員各15名)
1回目 11:00~ 2回目 13:30~
 ・アイロンビーズ
 ・スライム
 ・フランクリンモーター
 ・ホバークラフト
 ・万華鏡
 ・浮沈子
 ・プラ板工作

◎実験教室(定員各15組)
14:00~
 ・水素の性質をさぐる

◎食べ物教室
 ・ポップコーン
  1回目 11:30~ 2回目 14:00~
 ・焼きいも作り(中学生以下対象)
  1回目 11:00~ 2回目 14:00~

◎特別展示
 ・巨大シャボン玉(随時展示)
 ・ドラム缶つぶし
  1回目 11:30~ 2回目 13:30~ 3回目 14:30~

工作教室と実験教室にはそれぞれ定員があります。
当日、窓口にて整理券を発行します。

入館料は大人300円・高校生100円(中学生以下と70歳以上無料)
当日は小学生までにヘリウム風船もプレゼントされます。

満4歳になった、ムッピーが待ってますよ。是非、参加してみてください。(O)

定期講座「リンパを知る会」

 新型を含んだインフルエンザの流行に歯止めがきかない昨今。日頃健康に気をかけている方も更なる用心にこした事はありません。気を付けていきたいものです。
 健康維持、増進の方法にはスポーツや体操などさまざまあり、活センの登録団体にもそれらを主とした目的の団体が数多くあります。
 
 こちら活センでは今日の午後、登録団体「NPO法人 リンパ代替療法普及協会」によります定期講座「リンパを知る会」が、今日は講師2名と健康に関心高い女性参加者6名とともに行われました。

s-DSCF2906.jpg

 講師の川島さんは、今回は筋肉の疲れとそれを癒すリンパの働きなどをわかりやすく説明した後、首筋、鎖骨付近のリンパマッサージを実演。受講した皆さんもマッサージを体験していました。

 講座は終始マッサージへの質問や日頃の健康に関する疑問などが飛び交い、賑やかな講座となりました。

 活セン定期講座「リンパを知る会」は毎月第3火曜日開催 定員8名で事前申込が必要です。申込は市民活動センターで受付ています。次回は11月17日開催、次々回は12月15日開催予定です。

「道地域活動推進功労賞」おめでとうございます!

子どもたちの指にじかに触れることのできる身近な自然の回復を目指し「獲物のあるビオトープ」づくりを進めている、NPO法人 ビオトープ・イタンキin室蘭が、平成21年度の「道地域活動推進功労賞」を受賞しました。

これまでの活動で、ふるさとの多様な生き物が住み着くようになり、イタンキの自然が徐々に回復しています。今春で計画の半分が完成したとのことですが、これからの活動の励みになりますね。
関係者の皆さま、受賞おめでとうございます。


↓ 活センギャラリーで開催中の「ビオトープイタンキ・パネル展」
s-091006-1.jpg

現在活センギャラリーでは、24日(土)の午後3時まで、「ビオトープイタンキ・パネル展」を開催中です。
ハマナスやエゾカワラナデシコ、ダイコンソウなどの植物や、マガモ、カワセミ、ヘイケボタルなどを撮影したパネル約60点を展示しています。
池の造成や、オタマジャクシの放流会など、活動の様子も知ることができます。
まだご覧になっていない方は、この機会にぜひ足をお運びください。

また、NPO法人 ビオトープ・イタンキin室蘭は、10月25日(日)午後2時より、室蘭市民会館でパネル展と講演会を開催します。入場は無料です。(山川)


お問合せ・連絡先
090-8637-8725(大西)

ホームページ
NPO法人 ビオトープ・イタンキin室蘭

室蘭ジュニアオーケストラ 「第17回定期演奏会」

s-ジュニアオーケストラ

今日は、室蘭ジュニアオーケストラ・定期演奏会のお知らせをいたします!


室蘭ジュニアオーケストラ 「第17回定期演奏会」

日時 2009年10月25日(日)・ 開演 午後2時(会場 1時30分)
場所 室蘭市市民会館大ホール  入場無料
 
曲目 マイスタージンガー
    仮面舞踏会
    ペルシャの市場
    ダッタン人の踊り
    亡き王女のパバーヌ
    白鳥の湖


平成4年に発足した同団の活動の中心は、定期演奏会と週一度の練習です。
練習日は毎週土曜午後2時から午後4時30分まで。HNK第1スタジオで行っています。
団員は随時募集中で、音楽に興味はあるけれど楽器にさわったことがない方や、初心者の方も大歓迎。楽器の貸し出しも行っています。
練習も見学できますので、興味をお持ちの方は下記までお問合せください。(山川)


室蘭ジュニアオーケストラ
連絡先 清原 徹雄
TEL 0143-44-1475
FAX 0143-44-4273

「マスイチ早朝探鳥会」ほか

室蘭は道内でも有数の渡り鳥の中継地なんですね。
「鳥や自然のことを知るには、何回か探鳥会に参加するのが一番の近道」、と日本野鳥の会・室蘭支部の方が以前おっしゃっていました。

広報むろらん10月号の「ふるさと 室蘭人」で、事務局長の堀本富広さんが会の活動や定期開催している探鳥会についてお知らせしていますが、明日16日・午前6時にマスイチ浜展望台、18日午前8時30分に測量山唐松平でそれぞれ集合し、探鳥会を実施します。

当日は、双眼鏡の使い方から鳥の見つけ方、それぞれの種の特徴・生態・泣き声などを詳しく説明してくださいます。
早起きができて、鳥や自然に興味をお持ちの方は、参加されてみてはいかがでしょうか。(山川)


↓ 地球岬遊歩道での探鳥会の様子

s-地球岬遊歩道(09.4.29) 

11月には市民野鳥教室も開催されます。

会場 中小企業センター
時間 午後2時~4時


「日本野鳥の会」ホームページ
http://www3.plala.or.jp/wbsj-muroran/

「ネアリカ」って?

 聞きなれない言葉の 講座を紹介します。
活センの登録団体であります(光のアートプロジェクト)の方が
講師となって、行う講座で、メキシコ ウィチョル族の間でやっている
絵画なのだそうで、それを「ネアリカ」と いい、
使われなくなった毛糸や 古着を利用し、10cm角の板に貼り付け
絵を描くものです。それをそれぞれ皆さんがバラバラに思い思いに
作り 大きなパネルに貼り付けモザイク画にし(11月21日土曜日
光と音の三日月祭)に使う物のもとになる「小さなネアリカ」を
作る講座を、おこないます。

●「小さなネアリカ講座」(光のアートプロジェクト)
 10月24日(土) 13:00~15:00
 定員15名 参加料:無料 要申込

●その他に10月27日(火)13:00~15:00
 「パソコン無料相談会」(NPO法人シニアネットいぶり)
 定員なし 参加料:無料 申込不要 ※毎月第4火曜日

ギャラリー展示コーナー

●「ビオトープ・パネル展」は10月24日(土)まで但し最終日は
 15」:00まで                                                    イタンキ浜のビオトープに生息する生き物たちの写真、50点を
 展示しております。

●「サロンますいち絵手紙展」10月27日(火)~11月7日(土)
 増市在住の方が中心となったサロンますいち絵手紙サークルに
 よる絵手紙展。季節の風物詩を描いた絵手紙を展示します。

☆要申込の講座は、定員等ございますので、活センまで お電話で
 申込を、お願いします。

  活セン電話 0143-25-7070 (日祝は休館日です)



秋と言えば・・

ここ何日かで、ぐっと肌寒くなりましたね。
活センでもストーブが登場しました。

ところで、みなさんは「秋」と聞くと、何が思い浮かびますか。どんな風に過ごされますか。
あたたかいお部屋で、ゆっくり読書や映画鑑賞、それとも、季節の美味しいものに舌鼓・・
いろいろあると思いますが、「きのこ」も秋の恵みのひとつですね。
そこで、みなさんに美味しいお知らせをひとつ!

室蘭きのこの会では10月17日(土)・18日(日)に、輪西のぷらっと・てついちで「きのこ展示会」を開催します。
会場には、会員の方が採取したさまざまな種類のきのこが展示されますが、その他に、数量限定できのこ汁も振る舞われます。
室蘭きのこの会の女性メンバーが作る洋風きのこ汁は、毎年とても好評だそうですよ。

お時間のある方はお買い物がてらに、ぷらっと・てついちへ足を運ばれてみては、いかがでしょうか。(山川)

活セン会議スペース

今日は、「仲間同士の集まりに活センを使ってみたいのですが、予約は必要ですか?」との問い合わせがありました。

ここで「活セン会議スペース」の使い方をおさらいしましょう。

・活センを利用できるのは、非営利の自主的な市民活動(営利・政治・宗教にかかわらない活動)、町会や自治会などの活動です。

・活センの会議スペースは占有できません。1団体、机2つ分程度まで(14名程度まで)利用できます。
5名以上の場合はご予約をお願いします。
会議スペースでは、他の団体の会議があったり、印刷機の利用者がいたりしますが、ゆずりあってのご利用をお願いいたします。

・講師料などを徴収するサークル活動には利用できません。

・温かい麦茶あります。(お湯もあります!インスタントコーヒーなどの持込可)

占有できないのは不便と思われがちですが、共有のスペースで活動をしていると、別件で来館された他団体の方と話がはずんだり、思わぬ出会いにつながるというメリットもありますよ。
活センの利用に関して、詳しくはスタッフまでお気軽にご相談ください。(三木)

子供達に水辺の自然を!

s-DSCF2902.jpg
s-DSCF2901.jpg
 身近な平地の自然が失なわれているこのごろ
私達は、子供の指でじかに触れることのできる自然の回復を目指して
「ビオトープ」づくりを進めています と ・・・・・この言葉どうりふる里に
多様な生き物を育んできた、「NPO法人ビオトープイタンキin室蘭」は
只今活動センターのギャラリーで10月24日(土)15時までパネル展を開催中です。
今日はそんな中、海陽小学校四年生の担任が丸井今井
室蘭店で開催された、活動ミュージアム展を見て、大変感動したそうです。
また見にきましたと、一つ一つ写真をとりながら見ていましたよ。
 先生はこういっていました、子供達に、この自然を「命のかがやき」を
見せたい、おしえてあげたいと・・・・・・
嬉しい言葉をいただきました。 10月25日(日)午後2時より室蘭市
市民会館では人工湿地帯について、多くの実践的研究をされている
先生の講演会もありますよと、お話もしました。
いまイタンキ浜は、よみがえっているのです。
 来週にでも、ぜひ活動センターへ、お出かけになってはいかがですか。
お待ちしております。                   (S)

赤い羽根共同募金

 風の強さに台風の余韻がまだ残る今日の室蘭。ひと雨ごとに寒さがしみる季節を迎えてますが、秋の風物詩ともいえるのがこの「赤い羽根共同募金」
s-DSCF2900.jpg
 
こちら活センでも写真のとおり募金箱を置いております。
市民皆さまからの募金・寄付金は民間の福祉施設や社会福祉協議会、NPOをはじめとする各種の福祉団体やグループ、ボランティアの活動を通じて幅広い分野で有効に使われています。(パンフレットより)

 皆さまのあたたかい善意は活センでも受付けておりますのでよろしくお願いします。(石)

                                  

視察に見えられました

s-DSCF2897.jpg
s-DSCF2898.jpg
 肌寒い曇り空、台風が目前にせまって来ている室蘭
そんな日の今日、活動センターに江別市自治会連絡協議会の
御一行様20名が、視察という事でお見えになりました。
 13時から港湾センター3階において、打ち合わせと言うこと
でしたが、いかがだったでしょうか?・・・
 お互い、まちづくり活性化のため勉強し、おおいにまちのために
頑張っていきたいものですね。

           展示ご案内

●「ビオトープ・パネル展」 10月6日(火)~10月24日(土)
但し最終日は15時までです
 イタンキ浜のビオトープに生息する生き物たちの写真、約50点を
展示しています。
●「サロンますいち絵手紙展」 10月27日(火)~11月7日(土)
 増市在住の方が中心となり、季節の風物詩を描いた絵手紙を
展示します。

           講座ご案内

●「小さなネアリカ講座」(光のアートプロジェクト)
 10月24日(土) 13:00~15:00 定員15名 参加料:無料
 要申込
●「パソコン無料相談会」(NPO 法人シニアネットいぶり)
 10月27日(火) 13:00~15:00 ※毎月第4火曜日
 定員なし 参加料:無料 申込不要

☆10月のスケジュールですが変更になることもありますので、
 事前にお電話で確認ください。
☆申込の必要な講座は活センまでお電話でお願いいたします。

     電話 0143-25-7070           (S)
 

小さなネアリカ教室

ネアリカ
朝晩涼しいを通り越して、すっかり寒くなり、庭を飛ぶ赤とんぼや夕日に染まる真赤な空を見るたびに北海道の秋到来を感じてしまいます。
日一日と夜は長くなり、なんだか物寂しくなりますね。

そんな秋ですから皆さんどうしても家にこもりがちになるのではないでしょうか?
そんな時は活センにお任せください。
アートな秋を楽しむための、とっておきの講座を用意しました。

題して「小さなネアリカ教室」。

メキシコ山間部に住む先住民族ウィチョールに伝わる伝統芸能である「ネアリカ」。
彼らにとって「ネアリカ」は単なるアートではなく、神に祈りをささげ精神世界のビジョンを表現した装飾品で、サイケデリックな色彩がたいへん美しいものです。

この「ネアリカ」を光のアートプロジェクトの代表、須藤大介氏が講師となって手作りしていただきます。
材料には使われなくなった布や毛糸を使い、完成したものは11月に行われる光と音の三日月祭で巨大なモザイク画の一部として使用されます。

時間は10月24日午後1時から。参加費無料で、道具はこちらで用意いたします。
先着15名までとなっておりますので、参加ご希望のかたは活センまでご連絡を。(O)

ビオトープ・イタンキin室蘭写真展

活センギャラリーでは、今日から「ビオトープ・イタンキin室蘭写真展」が開催されています。
s-091006-2.jpg s-091006-1.jpg
約60枚の写真パネルには、NPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭がイタンキ浜に造成中のビオトープの花や植物、昆虫や鳥などがたくさん!
早速訪れた方は、「これが花菖蒲なのね」「こんなにたくさんの種類の生き物がいるのか」と驚いていらっしゃいました。

NPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭は、10月25日に市民会館で、札幌大学の矢部先生を講師に迎え、湿原の保全についての講演会を行います。
ぜひそちらのほうにもご来場ください。

~交わりからつながりへ~

s-RIMG0098.jpg

10月3日・4日に開催された市民活動ミュージアムは、総来場者数811人と大勢のみなさんにご覧いただくことができました。

市民活動紹介パネルをじっくりと読まれている方、常設体験コーナーで鳴り砂の音に耳を澄ませている親子連れ、体験コーナーでリンパ体操や護身術を応用した介助などの体験に参加される方など、来場者は、それぞれ興味のあるコーナーに参加されていました。


写真は港立市民大学の「室蘭港カルタ体験」です。
新宮室蘭市長も参加され、大変盛り上がっていました。
読み札を聞いているだけでも、室蘭のありとあらゆる場所や名物が登場して楽しめます。

今回初めての試みとして行った「チラシ・ポスター講座」は、広報むろらんを担当している室蘭市役所総務部・市民対話課の伊藤主査が、講師を務めてくださいました。
夜景見学会の案内チラシを2パターン用意し、具体的に違いを説明してくださったので、とてもわかりやすく参考になるお話でした。

芝垣美男弁護士による「市民活動トークショー」では、地元室蘭を離れて暮していらっしゃる高校の同窓生のお話を交えながら、外から見た室蘭の良さ、室蘭でがんばっている方の活動に触れ、軽妙なトークで来場者の笑いを誘っていました。
私も一番後ろの席で、いちいち頷きながら爆笑していました。

参加された団体のみなさんも、ほかの団体のメンバーと交流を深めていらしたようです。
緊張もしましたが、あっという間の楽しい二日間でした。

ご協力いただいた皆様に、感謝申し上げます。(山川)

市民活動ミュージアム2009!

今日・明日の2日間、丸井今井室蘭店7階催事場で、
「市民活動ミュージアム2009」が開催されております。

明日は12時30分から、芝垣美男弁護士によるトークショーが行われます。
また、10時15分から手話講座を皮切りに、各市民団体による活動体験講座も行われます。
詳しくは右側リンク覧から活センのホームページへ飛んでみてください。

その一方で今日は、海岸町の活センも通常どおり開館しています。

朝は、まち「ピカ」の団体さんが草刈り機を借りていかれましたし、
今日が最終日の室蘭郵便局絵手紙サークル「絵手紙展」も、じっくり見ておられる来館者の姿が。

とはいえ、平日に比べて来館者も少なく。
昨日、夜遅くまで自分が活動している団体のミュージアム用ポスターを作っていた私は思わずあくびが…。

ミュージアムはにぎやかにやっているのでしょうが、その報告はまた後日、ということで。(三木)

赤ちゃんの駅

s-DSCF2893.jpg
10月1日から、市内各所に「赤ちゃんの駅」が設置されました。
詳しくは室蘭市のホームページから、「こども」のページに進むと掲載されています。

活センも「赤ちゃんの駅」のひとつとして、「授乳用のお湯」の提供を行います。
活センにはおむつ交換台・授乳スペースはないので、必要な場合は、近くの室蘭観光教会(旧室蘭駅舎)などをご利用ください。

活センではいよいよ明日にせまった「市民活動ミュージアム2009」の準備・打ち合わせを行いました。文化祭の前の日のような気分です。

とはいえ、私は明日、活セン当番なのですけども。
そう、活センは10時から17時まで通常どおり開館しています。
印刷したチラシが足りなくなった!という団体さん、明日活センでお待ちしていますよ!
s-DSCF2890.jpg
↑地域包括支援センター母恋さんのポスターを囲んで。
団体さんのポスターがぞくぞく集まり、皆さんの力作に「このアイデアはいいですね」「デザインかわいい~!」とスタッフも見入っています。

明日12時45分からは、広報むろらんを作成している室蘭市市民対話課の職員による「チラシ・ポスター講座」が行われます。
申込などは不要ですので、ぜひ丸井今井室蘭店7階催事場にお集まりください。(三木)

今日から10月

 いよいよ今日から10月ですね!
食欲の秋 天高く馬肥ゆる秋、 体調には気をつけましょうね!

 さて只今は、活センで絵手紙展をやっておりますが、おしくも
3日(土)で終わりになります。まだの方は、ぜひご覧ください。

 また前日も、お知らせ致しましたが、3日、4日、は丸井今井
室蘭店で行われる、市民活動ミュージアムの最終チェックをして
おります。
皆様には今以上に楽しくまた参考になる様準備を整えております。
どうぞご期待ください。

各団体の方々もポスター作りなど大変でしょうが、頑張ってください。
どのような、仕上がりか、楽しみです。      (S)

 
プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ