今日で3月も終わりです。

早いもので3月も今日で終わりです。
明日から新年度が始まります。

今年最大の出来事は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。
この地震により東北地方では多くの尊い命を失い、また家を失ったりと多くの被害がありました。
そんななか今日の新聞に被災地の卒業式のことが載っていました。
校舎を津波で失い、生徒はバラバラになり卒業式をあげることが出来ないので、校長先生自身息子さんを亡くし奥さんは行方不明の辛い中、担任の先生と一緒に避難場所を回り生徒一人一人に卒業証書笑顔で手渡していたと報じられていました。

室蘭市では22日から室蘭市市民活動センターと室蘭テクノセンターで始まった、支援物資の受付が今日18時で終了いたします。
この間多くの市民や団体から支援物資が届けられました。
最終日の今日は、地域で取りまとめて届けに来るところが多いようです。

この皆さまの善意が、被災地の皆さまに一日も早く届く事を願っています。

s-DSCF4471b.jpg

(K)

源ちゃんママの親バカ「薬の袋」展 始まる

 3月とりわけ下旬は「別れの季節」といいますが、進学や就職、転勤など様々な事情で室蘭を離れられる市民もいらっしゃるでしょう。とりわけ育てた子どもの「巣立ち」となりますと、期待と不安といった気持ちは子どもと同様に親の側も抱いているもので、親子の情愛を感じ取れるそんな季節なのかと思います。

 活センギャラリーでは今月29日から4月8日(金)まで、源ちゃんママの親バカ「薬の袋」展を開催しています。心身障害児(者)と共に歩く会「ひまわりクラブ」の代表を務める河上邦子さんが、高校時代寄宿舎で暮らす息子の源さん(3月に伊達高等養護学校を卒業。今春から社会人)に持たせた薬の袋に描いた絵やメッセージを展示しています。その数884枚。

 s-DSCF4469.jpg
 
 キャラクターや源さんが趣味のトラック等乗り物の絵の横には季節を伝える言葉や勉強や体育祭、発表会など学校行事に取り組む息子さんを励まし、ねぎらう離れて暮らす母親からのメッセージが添えられています。

s-DSCF4468.jpg
 こちらは源さんが小学校時代にお世話になった当時の学校職員の吉田さんとの一枚。右に河上さん親子。
 
 ギャラリーには救援物資を持ってきた方もフロア内に移したギャラリーを訪れ、皆さん見入っている様子です。

 親子の情愛を感じる今回の展示。皆さんにもぜひご覧ください。(石)
 


資料作り大変です。

 今朝の室蘭岳は雪でしろくなっていました。
震災地の事を考えると大変なことが、わかるようです。毎日々救援物資が届けられております、活動センターですが、心より感謝申しあげます。
受付には募金箱も置いてありますのでご協力をお願いします。
s-DSCF4444.jpg
物資の数々
また今月は各所決算期にあたるのでしょう、総会等のいろいろな資料作りに多大な枚数を、印刷しておりました。
s-DSCF4443.jpg

(展 示)
明日29日(火)~4月8日(金)まで河上邦子氏が3年間に渡りお子様の服用した薬の袋に描いた絵等を展示します。大変な苦労が感じられる、気がします。

(講 座)
4月2日みんなで楽しめるレクリエーションゲームの講座があります。定員15名参加料:無料 13:00~14:00 子どもからご年配の方々にも無理なくできるので、ご参加お待ち致します。
申込は 0143-25-7070活動センターです。  (S)

「山ぼうし」作品展終了しました

3月15日から開催の「リフォーム手芸サークル「山ぼうし」作品展も、今日(26日)盛況のうちに終了しました。大勢のご来場有難うございました。
110326blog1.jpg

今日(26日)の室蘭民報に、東日本大震災から復興作業関係者に使ってもらおうとメッセージ入り軍手1万組発送の記事が掲載されました。下の写真は活センスタッフが心を込めて書いた軍手の一部。
110326blog2.jpg

室蘭市ではここ活センと室蘭テクノセンターで、3月31日(木)まで市民の支援物資を受付けております。
110326blog3.jpg

受付時間は9時から18時です。併せて募金箱も設置しております。皆様のご協力をお願いします。(A)

室蘭港立市民大学 学生募集

 お知らせのとおり、こちら市民活動センターとテクノセンター(東町)の2ヶ所にて22日から「東日本大震災」の室蘭市の救援物資を受付ています。今日も毛布や紙おむつなどの指定された物資を抱えながら持込み寄付される市民の姿もみられ、途切れる事のない市民皆さまの善意によって多くの物資が集まってきています。受付期間は31日までとなっています。

 さて、今年も「室蘭大好き人間集まれ」を合言葉に、室蘭港立市民大学では平成23年度の学生を募集中です。

s-DSCF4442.jpg

 今年で8年目を迎える室蘭港立市民大学。室蘭の歴史・名所・施設などを見学・体験し、興味・関心を深めるバラエティーに富んだコースになっています。室蘭再発見!新発見!にあなたも「学生」となって参加しませんか?

 今年はチマイベツ浄水場の見学、測量山ウォーク、八木義徳生誕100周年記念講演会など、入学、卒業式を含め年間10回の講座と客船歓迎イベント、スワンフェスタへの参加と内容盛りだくさんとなっています。

 受講料は年間3,700円 また各回500円で聴講できます。

 お申込みはFAX・メール・葉書で氏名・住所・電話・性別・年齢を記入の上、事前にお申込いただきたいとのことです。

 お問い合わせは 
 〒051-0022 室蘭市海岸町2-3-2(室蘭産業会館1階 NPO法人羅針盤内)
 電話:83-6662 FAX:83-6663 Eメール:toriyama@kuru2.net
室蘭港立市民大学運営委員会(鳥山さん)までお願いします。   (石)

 

 

東北関東大震災被災者支援物資受付

3月11日に発生した東北関東大震災、今尚続く余震。
毎日報道される災害状況と福島原発の状況。
今回の被害の大きさに驚き、家族を探す被害者の映像を見ると涙が止まりません。

各地でいろいろな支援の輪が広がっています。
室蘭市でも昨日(22日)から支援物資の受付が、室蘭市市民活動センターと室蘭テクノセンターで始まりました。
当活動センターには、昨日の受付開始から今日(11時現在)沢山の物資が届けられました。

   s-DSCF4441b.jpg
   s-DSCF4438a.jpg

受入期間:
  3月22日(火)~3月31日(木)9時~18時 ※土日も可
受入場所:
  ○室蘭市民活動センター(海岸町20-30室蘭市港湾部庁舎1F)
  ○室蘭テクノセンター (東町4丁目28-1)
受入物資:被災地からの要請リストをもとに品目を限定しています。
  ○毛布(きれいなもの)
  ○ボックスティッシュ(新品)
  ○紙おむつ(乳幼児~大人用各サイズで新品)
  ○インスタント麺
  ○主食缶詰、副食缶詰

※上記以外の物は、受付けられませんのでご了承ください。(K)

支援物資受け入れはじまる。

 東北関東大震災の報道で毎日大変ですが、
活センでは、本日22日(火)~3月31日(木)まで支援物資の受付を始めました、時間は9時~18時まで26日(土)27日(日)も受付いたします。
s-DSCF4433.jpg
市長さんもお見えになり、激励していきました。受け入れには被災地の要請もあり限られた品目なっていますので詳しい事は電話でお問合わせください。

0143-25-7070 または総務課25-2215(内線2210)へお願いします。

当センターへは直接品物をご持参ください。場所は海岸町1丁目20-30旧室蘭駅舎裏方面に消防署があります、その右隣にセンターがあります。義援金は受けておりませんが、募金箱は置いてあります。
s-DSCF4436.jpg

 また今日は講座がありました、ギャラリーの展示もやっています、多大な印刷もありました。大変にぎあっておりました。(S)

「北海道からエールを送ります」

東北関東大震災から1週間が過ぎました。
地震発生当時、図書コーナーの整理中でした。
活セン内に設置しているテレビでNHKをつけ、津波が街を飲み込んでいく様子を見て活センスタッフ、来館者の皆さんと言葉を失いました。
被災されたみなさまにお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈りしています。

さて、今日の活セン。
朝から印刷機利用の団体さんが多数来られました!

s-DSCF4429.jpg

もうすぐ4月♪総会が各地で行われるとの事です。
印刷機ご利用の際はぜひ活センで!(宗教・商用利用はできません)

午後になると「復興に挑戦する人々の手を守る会」のみなさんが来られました。
今回の東北関東大震災での被災の中、懸命に復旧活動を行っている方々に軍手を送るという活動を企画したそうです!
この活動でなるほど!と思ったのは「ただ軍手を送るだけじゃなく、メッセージを書こう!」というところ。
あつまったメッセージには「北海道からエールを送ります」「わたしたちはみんな仲間」「一日も早い復旧を祈っています!」など暖かいメッセージがたくさん寄せられています!

s-DSCF4430.jpg

お話を伺うと、しが総合食料品店各店にて軍手にメッセージを記載する運動が行われるとの事!
日時は急ですが、明日と明後日の・・・3月20日(日)9:00~18:00&21日(月)10:00~18:00です。
ぜひ、しが総合食料品店各店でお買い物の際は復旧活動されているみなさんへのメッセージをお願いいたします。

日時:2011年3月20日(日)9:00~18:00、2011年3月21日(月)10:00~18:00
場所:しが室蘭駅前店および市内しが各店



(N)

救援物資受け入れ準備!

これまでの活センギャラリーは、東北関東大震災の被災者支援の為の救援物資の保管場所になります。下の写真は、今日(18日)午前中までの『山ぼうし』作品展の展示状況です。
110318blog1.jpg


午後には、 『山ぼうし』作品の会議室への引越しをしました。(下の写真)3月26日(土)迄開催されます。
110318blog2.jpg


是非お立ち寄りください。(A)

災害義援金詐欺にご注意!!

今日も13時14分に岩手県沖で地震があり、室蘭は震度2と発表されました。
 11日の大震災から余震が続いており、被災地の皆様方には 眠れぬ夜を過ごされている事と、心よりお見舞い申し上げますと共に被災地の一日も早い復興を心より祈念致します。

 今回の震災で多くの方々が被害に遭われ、各方面で義援金を募集しておりますが、その中に心無い人がおり、稚内の方で義援金詐欺があったとラジオで聞きました。
 私たちの善意を踏みにじるような行為は絶対に許されません。
 義援金詐欺はハガキ、電話、訪問、メールなど様々な手口が使われます。

 また、節電要請や内容の真偽が定かでないチェーンメール、義援金募集を装ったフィッシング詐欺や振り込め詐欺などの行為には気を付けましょう。
目立つのは公的機関を思わせるような名称を使い、ハガキやメールで義援金を募るものです。
「公的機関の職員が電話や訪問で義援金を求めることはありません」

 総務省では、東北地方太平洋沖地震に関連して「チェーンメール、電子掲示板、ミニブログ等で誤った情報が流れています。報道や行政機関のウェブサイトなど、信頼できる情報源で真偽を確かめ、チェーンメールなどに惑わされないようにしましょう。また、チェーンメールを転送することは、いたずらに不安感をあおることにつながります。チェーンメールを受け取った時は、すみやかに削除して転送を止めて下さい」とお願いしています。

 フィッシング対策協議会でも、義援金は信頼できる企業やサイトを選んで行うように注意するとともに、類似のフィッシングサイトを発見した際には、フィッシング対策協議会( info@antiphishing.jp )まで連絡してほしいと呼びかけています。

訪問、電話で募金勧誘はありえません。
くれぐれも相手にしないでください。
 (K)

「今、私たちにできること」

 11日の東北太平洋沖地震(東北関東大震災)の発生から6日が経ち、各報道によりその惨状が刻々と明らかになり、なお拡大を続く現状に皆さんも不安な気持ちを抱えていることでしょう。被災など影響を受けている方、ならびに親類知人などに被災された方におかれまして、心よりお見舞い申し上げます。

 写真は、室蘭港の今日の様子です。11日の地震による津波では最大90センチを観測しました。
 活センからは手前に日鋼、奥に新日鐵の工場群が見渡せます。

s-DSCF4422.jpg

 室蘭と同じく鉄の街、岩手県釜石市はご承知の通り、大津波に街がのみこまれ、製鉄所も操業不能に陥る大惨事となっています。

 被害が比較的軽微だったと言える室蘭地方に住む私たち市民が「今、できること」とは何か・・・。
 

 市民ひとりひとりが多かれ少なかれ先行きに不安を抱えている現状で、生活に影響の出ない範囲で支援をする心がけは大事かと思います。
 
 今、身近にすぐ実施できるのは「募金」です。コンビになど各所に募金箱が設置されています。またインターネットを通じカード決裁での募金も見受けられます。その他各種募金が実施されてます。しかし、募金を称した詐欺まがいの行為も横行しているとの事。くれぐれも注意願います。

 血液センターによりますと「血液」が圧倒的に不足しているとのことです。
 室蘭では東町に血液センターがあります。献血にご協力ください。

 今すぐ現地でボランティア活動に携わりたい・・・と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、現地の状況など情報を精査して、然るべき時期に的確な判断の上責任持っっての行動が求められると思います。

 先日、室蘭市内の市民活動、まちづくりに関わる若手有志数人が集まって「何ができるか」話し合ってる場面がありました。

 ここ室蘭からも「支援の輪」が広がろうとしています。(石)




 

「山ぼうし」作品展

活セン展示ギャラリーでは、今日からリフォーム手芸サークル「山ぼうし」作品展を3/26(土)まで展示しています。
展示作品は、縫いぐるなどの小物から作衣、ベストなど285点を展示しています。
会場には、サークルの皆さんがいらして、見に来られた方の応対をしていました。

s-DSCF4410b.jpg  s-DSCF4414.jpg

皆さまのお越しをお待ちしています。♪♪

また、お昼からはNPO法人リンパ健康学普及会の「リンパを知る会」の講座があり、参加された方は熱心に聞いていました。

s-DSCF4407a.jpg

忙しいです.

地震の勢でしょうか、土曜日は静かな一日だったようですが、鈍よりした空は悲しみと恨みをひとつにしたような地震の後の色のようにみえます。まだ余震が続いていますが、皆様のところは、大丈夫でしたか?
 さて活センの今日は朝から大変忙しいです。会議の場所は一杯になりましたし、印刷の書類も机の上に一杯です。
s-DSCF4387.jpg

また明日から始まるイベントのため作品作りや、飾り付けを急ピッチで仕上げています。s-DSCF4388.jpg
大変ですね
皆さんに見て戴こうと言う気持ちがあふれていました。 (S)

今日(12日)は静かな土曜日です

11日午後に発生の東北地方を襲った巨大地震はM8.8で国内観測史上最大の地震。死者・不明者は12日午後には1千数百人位と報じられていたが、1日も早い復旧が望まれる。

活セン展示ギャラリーでは、3/1より始まった「市民雪像パネル展」は好評のうちに今日で終了しました。
大勢の方のご来場大変有難うございました.
110312blog.jpg

来週の15日から26日の予定で、リフォーム手芸サークル『山ぼうし』作品展が開催されます。
針仕事の好きな同士が集まり、制作されたリサイクルの袋物や帽子等約100点展示予定です。
今日もいらして制作に一生懸命でした。

又、活セン定期講座の「リンパを知る会」が3月15日(火)12時~13時の予定で開催します.。
参加無料で、現在活センにて受付けております。まだまだ定員まで余裕がありますので、奮ってご応募ください.。活センスタッフ一同お待ちしております.。(A).

今日の活セン

 活センの窓から外を見ると、なんだか暖かい感じに見えますが、今日も寒い日です、活センに来られる方の着る物も冬のようですよ。午後からは雪が降ったりやんだり繰り返しています。
さて活センの中では昨日で終わりました公共端末機がいよいよ取り外されました。
s-DSCF4381.jpg
写真は取り外し中のもの

4月よりは公衆無線LANの試験サービスをするとの事皆さまのお手持ちの携帯情報端末機でインターネットが無料で利用できるようです。楽しみですね。

講座の方では、リンパを知る会が3月15日(火)12:00~13:00に行われますがまだ定員の余裕があります、いつも好評な講座ですので、お早めに申し込み下さい、定員になり次第締め切ります。

パソコン無料相談会は3月22日(火)13:00~15:00にあります。定員なし申し込み不要ですので直接活センまでお越しください。

 活セン電話 0143-25-7070        (S)

今日(3月9日)で「室蘭市情報公共端末」終了です

今日の活センは訪れるお客さんは殆どなく、静かな水曜日でした。

さて、活セン展示ギャラリーの一角に設置の、「室蘭市情報公共端末」(下の写真右側)は、今日で終了する旨、室蘭市役所より、お知らせがありました。
110309blog.jpg

又、この端末に変わり、4月上旬より「公衆無線LAN」の試験サービスを開始し、お手持ちの携帯情報端末等で、インターネットが無料で利用できるとの事で、非常に楽しみです。

上の写真左側に少し写っておりますが、「市民雪像パネル展」が、12日(土)迄開催中です.お近くにおいでの際には、是非お立ち寄りください。尚、最終日は16時までです。(A)

情報公共端末終了します。

午前中は太陽が出ていて、いいお天気だったのに・・・。
午後になってみると、

s-DSCF4378.jpg

ご覧の通り。
・・・って、写真では分かりづらいのですが(汗)雪がまた降ってきました。
2月中は暖かく、雪もすっかりなくなっていたのになぁ・・。

s-DSCF4379.jpg

別の場所でも撮影してみましたが、降っている雪は・・見づらいですね(汗)
でも雪が暖かさですっかりなくなっているのがわかります。

さて。
活センに来られた方の中で「あれ?」っと思った方いらっしゃるかもしれません。

s-DSCF4380.jpg

展示ギャラリーの側に設置してました「室蘭市情報公共端末」ですが、明日3月9日をもって終了する事となりました。
4月上旬から無線LANの試験サービスを開始するとの事です。
長い間、ご利用ありがとうございました。
印刷機での資料作りと一緒に新年度からの打ち合わせ、情報収集などにぜひ無線LANをご利用くださいね♪

※この件に関するお問い合わせは室蘭市高度情報推進(0143-25-2712)までお願いいたします。

(N)

これからの季節、活躍します!

 今日も穏やかな天気の室蘭です。一歩一歩春が近づいているようですね。

 さて、3月は年度末。明けて4月は年度始めと、決算や総会など市民活動や町内会、サークル活動をされている皆さんにとっては何かと慌しい時期と思われます。

 それらの資料作りに役立つのがこの印刷機。

s-DSCF4376.jpg

 ここ活センには1台の印刷機(白黒印刷)が設置されています。用紙を持ち込んでいただいて、1製版(1面)30円で印刷できます。(市民活動など非営利な活動に基づく印刷にご利用ください。営利目的、政治および政党、宗教に関わる印刷はご遠慮いただいております)
 必要な方には領収書を発行します。その際はスタッフにおたずねください。

 例年これからの時期、印刷機の利用者が増えてきます。少し早めに、余裕を持っての利用をお勧めします。

 なお、利用に際しての「予約」はできませんが、団体での利用など事前に連絡いただけると助かります。先着順、時には利用者どうし譲り合っての利用のご理解とご協力をお願いいたします。(石)
 

 

 

ワンドスコープ万華鏡づくり講座

今日の活センは朝から賑やかでした!

開館と同時に山ぼうしのみなさんが来られました!
3月15日から行われる展示の準備に一生懸命でした。
「早くやらないと間に合わなくなるよー!」という田上さんの声が聞こえてきて、熱いやる気がヒシヒシ伝わってきました。

s-DSCF4372.jpg

午後からは毎年恒例となりました「万華鏡づくり講座」が行われました。
今年は「ワンドスコープ万華鏡づくり講座」と題して行われました。
ワンドスコープとは・・・

s-DSCF4297.jpg

↑これです。
アルファベットのTみたいな形の万華鏡です。
一般的に見る万華鏡とは違って、オイルとビーズなど入れてゆっくりと動いていく様子を見るのが特徴です。
写真では分かりづらいですが、凄くキレイで時間を忘れます・・・♪

s-DSCF4373.jpg
s-DSCF4374.jpg

机に道具や材料を用意して準備万端!みなさん、一生懸命に作ってました。
難しそうなところは講師の近藤さんのユニークなお話でわかりやすく解説!
笑い声も聞こえてきて楽しそうでした♪

終了後はほとんどの参加者のみなさんが開催中の「市民雪像パネル展」にも足を運んでくださいました!
みなさん雪像の完成度の高さにビックリしていました!
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました♪

(N)

雪像がいっぱい

 今日の活センは午前中電話が沢山かかってきました。特別な用件はありませんでしたが、続けてあったので最近ではちょっと珍しいと思ったものですから?

 さて活センでは、明日5日(土)13:00からNPO法人科学とものづくり教育研究会主催による、ワンドスコープ万華鏡の講座があります。万華鏡の先端に液体が流れる装置を付けその中のビーズやガラスが色々変化して見ている人を楽しませるというものです。珍しいのでぜひ参加されて作ってみてはいかがでしょうか。

 また今展示されている市民雪像パネル展では、雪像を見に行けなかった方にも21基の写真を展示中s-DSCF4371.jpg
こんなのもあったのかと楽しませたくれます。
12日(土)最終日は16時までですので皆さまのご来館お待ち致します。(S)

『ワンドスコープ万華鏡づくり講座』受講者募集

今日3月3日は、女の子の成長を祝う桃の節句「雛祭り」です。
わが家には、子供はいませんがちらし寿司を食べてお祝いしようと思っています。(笑い)
また、み(3)み(3)の語呂合わせで、耳の日でもあります。
出勤途中で聞いたラジオ放送の中で、「耳の日」であることから日本民間放送連盟ラジオ委員会が2008(平成20)年に「民放ラジオの日」に制定したと言っていました。

さて、活センでは3月5日(土)開催の「ワンドスコープ万華鏡づくり講座」の受講者を募集しています。

講 座 名:ワンドスコープ万華鏡づくり
講座日時:3月5日(土)13:00~15:00
材 料 費:300円
持 ち 物:なし
定  員:15名
主  催:NPO法人科学とものづくり教育研究会
講  師:近藤 忠義さん
申 込 先:室蘭市市民活動センター 電話0143-25-7070

ワンドスコープ万華鏡とは、密閉された棒状の容器(ワンド)の中に、色とりどりのガラスビーズが液体の中で流れ、回さず、ワンドをまっすぐ立てたり、斜めにしたり角度を変えることによって見る万華鏡です。

s-DSCF4298.jpg s-DSCF4297.jpgs-DSCF4300.jpg


また雪ですね!

 今日の朝も真っ白な雪になっていました。
せっかく道路が、乾燥してきたと思っていたら、また雪の道になってしまいました。
s-DSCF4366.jpg
(自分的には)あまり寒さは、感じませんでしたが、このような天気はいつまで続くのでしょうか?

 さて、活センでは、昨日1日から始まりました「夢工房とむそーやくらぶ」による、市民雪像パネル展が好評です。12日(土)までです沢山のご来館お待ちしています。  (S)

市民雪像パネル展

今日(3/1)は朝から雪模様で一面の銀世界に変わりましたね!

さて、ここ活センの展示ギャラリーでは、今日より12日(土)迄市民雪像パネル展が開催されております。先月、13~20日の間、室蘭高原だんパラスキー場で、市民雪像づくり実行委員会主催により、開催された「市民雪像ゆきまつり」での市民が雪像の制作の様子や見事な雪像の写真が展示されていますので、是非ご覧下さい。
110301blog.jpg


又、「夢工房とむそーやくらぶ」による平成22年度の事業活動の写真も展示しておりますので併せてご覧いただけます.。(A)
プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ