パソコン無料相談会

 今日は天も高く澄み切った青空になりました。
活センでは、早くから団体さんが秋の旅行会の話をしていましたよ。どこへ行くのでしょうね。
 午後からは、パソコン無料相談会がありました。沢山の方が見えられ、それぞれ自分の悩み事を相談していました。中には、なかなか難しい質問をしていた方もおられましたが、うまく解決したのでしょうか、納得した答えがもらえたのでしょうか。
s-DSCF5086.jpg
パソコンを使用している方、困ったことはありませんか。
毎月第4(火)に定期講座として開催しております、 定員はありません 参加料もいりません 申込もいりません気が付いた事があれば、ご利用してください。

次回は10月25日(火)13:00~15:00です

お問合わせ活セン電話 0143-25-7070     (S)

 

活気ある今日の活センでした!

今日(26日)は、彼岸明けですね!「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、残暑もおさまり過ごしやすい気候になってきました。さて、今日の活センは10名以上の団体さんが3組来館されて、久しぶりに賑わっていました。
110926blog3.jpg

その中で午後には、ミニマムクラブ主催による、「ダンボールコンポスト講座」が開かれました。ミニマムクラブ代表の講師の熱心な説明に聞き入っておりました。家庭で手軽に生ごみを堆肥化出来る講習会です。
110926blog2.jpg

尚、好評につき追加開催が10月17日(月)に決定し、現在受講生を募集中ですが、定員の10名になり次第締め切りますので、早めに活センまでお電話(0143-25-7070)でお申し込み願います。(A)

むかわ町よりお客様が訪問しました!

今日(24日)土曜日の午前中は来館者も少なく静かでしたが、午後3時過ぎにむかわ町からのまちづくりの関係者と活セン登録団体の「羅針盤」と「夢工房とむそーやくらぶ」の関係者が同行して、活センへいらっしゃいました。今後のまちづくりの参考にと室蘭の取り組みの実態を視察されたようでした。

110924blog1.jpg
市職員による市民活動センターの紹介の様子

110924blog2.jpg
むかわ町からのお客様達

110924blog3.jpg
夢工房とむそーやくらぶ代表による活動の説明の様子、

現在、展示ギャラリーでは、10月1日(土)まで、「男女平等参画プラザ団体パネル展」を開催中です。展示時間は月~金曜日は10時から21時、最終日は10時から16時です。ご来館をお待ちしております。(A)

展示ギャラリー更新です

今日(17日)は1日中雨の室蘭でした。そして雨で土曜日のせいか静かな1日でした。一方、展示ギャラリーでは、好評のうちに、ビオトープ・イタンキin室蘭主催のパネル展が終了しました。ご来場になった皆様有難う御座いました。

来週の20日(火)より10月1日(土)まで、胆振地方男女平等参画センター(ミンクール)で活動している、生涯学習団体を紹介するパネル展が開催されます。主催は男女平等参画プラザ祭実行委員会です。

P9170215s.jpg
上の写真は、準備完了の展示ギャラリーの様子です。展示時間は平日は10時~21時、土曜は10時~17時、最終日は16時までです。ご来館お待ちしております。(A)

開催まであと1ヶ月をきりました!

 夏のぶり返しといいましょうか、残暑に見舞われた今日の室蘭。体が追いつかない感がありますが、体調を崩さないように気をつけたいものです。
 
 しかし、秋は日に日に着実に近づいてきているのも確かですね。室蘭の秋深まる時期、来月10月15日(土)~16日(日)にかけて、今年も「市民活動ミュージアム2011」が今年は室蘭市市民会館(輪西町)にて開催されます。

s-DSCF5084.jpg

 今年は、例年夏に開催していました「市民活動センター展示ギャラリー移動展」と同時開催となりました。
 室蘭地域で活躍する様々な分野の市民活動団体を一堂に集め、各取り組みをパネルをはじめステージ発表、体験を通じて紹介します。また、今までに活セン展示ギャラリーを利用した団体や個人の作品を展示します。

 他にも今年は「特別企画」として初日は「災害ボランティア体験トークセッション」を開催します。
 この度の大震災の被災地復興に様々なかたちでボランティア活動をされている方々を迎えて体験談や感じたことなど、お話をうかがいます。また、伊達市噴火湾文化研究所所長の大島直行氏を迎え、地元噴火湾の災害遺構に関する講演を企画しています。
 2日目の16日には青山室蘭市長を迎え「公開enトーク」を開催します。日ごろ室蘭の市民活動やまちづくりに関わる方々ととも市民活動の活性化に向けた議論を展開していきます。

文化の秋、芸術の秋、市民活動の秋をいっぱいに感じていただけるようなイベントにしたいと現在準備を進めています。ぜひご期待ください。(石)

助成金のご案内

今日は、「セブンイレブンみどりの基金」助成金のご案内をします。

■地球温暖化対策助成
 助成の主旨
  森林の保護・保全を通じたCO2削減活動を支援。
 対象団体
  「環境の保全を図る活動」が活動分野として認証されているNPO法人。
 助成内容
  年間助成金額:1団体あたり上限150万円、総額4000万円
  団  体  数:総額内で決定
  助    成:活動資金
  期    間:原則3年間継続

■活動助成
 助成の主旨
  環境市民活動に必要な経費を支援。
  100万円未満と100万円以上では申請書は異なるが、助成する科目・適用範囲は共通。
 対象団体
  NPO法人または任意の環境市民団体。
  ※財団、社団、商店会、観光協会は対象外です。
  ※隔年助成のため、2011年度の「緑化植化活動助成」「地域清掃活動助成」助成先団体の申請は可能です。
 助成内容
  年間助成金額:上限なし、総額5000万円
  団  体  数:総額内で決定
  助    成:活動資金
  期    間:1年間

■自立事業助成
 助成の主旨
  助成期間内に事務所費・人件費などの財政基盤を安定的に確保できる事業を構築し、自立した活動ができる環境NPOを目指す団体を支援。
 対象団体
  「環境の保全を図る活動」が各分野として認証され、かつ3年以上の活動実績があるNPO法人。
  (2009年以前にNPO法人を取得している団体)
 助成内容
  年間助成金額:1団体あたり上限440万円
  団  体  数:2団体
  助    成:事業資金と人件費
  期    間:原則3年間継続。

■広域連携促進助成
 助成の主旨
  同一テーマのもと、複数の団体による広域なネットワークで、地域の環境市民活動の効果を高めるプロジェクトを支援。
  広域で多様な団体による連携を行うことで、問題解決の速度や活動の広がり・深まりを促進する。
  ただだし、プロジェクト構成団体のみを対象とした交流会や協議会のみの開催は、対象外。
 広域の範囲
  構成団体の属する都道府県が複数に及ぶことを広域とします。
  ただし、下記の地域は「広域」として認めます。
  ・北海道
  ・沖縄諸島や小笠原諸島などの諸島地域
 助成内容
  年間助成金額:1プロジェクトあたり上限200万円
  団  体  数:3プロジェクトチーム
  助    成:活動資金
  期    間:原則2年間継続。

応募期間
2011年10月1日(土)~11月30日(水)

詳細は、下記へご連絡ください。

セブン-イレブンみどりの基金
一般財団法人セブン-イレブン記念財団
電 話:03-6238-3872(電話受付時間9:30~17:00※土・日を除く)
FAX:03-3261-2513
URL:http://www.7midori.orj
(K)



 

授賞式

今日は、活セン内にてコカ・コーラ教育・環境財団による盾の贈呈が行われました。

この度、現在展示をされているNPO法人ビオトープイタンキin室蘭さんが、コカ・コーラ環境教育賞に選ばれたのです!

環境教育賞は、環境保全に貢献、努めている個人や、グループを対象に送られているそうです。

室蘭市内の団体が同賞を受賞するのはこれが初めてとのこと。

これは、快挙ですね! 大変栄誉なことです。

s-DSCF5074.jpg


「NPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭」の皆様、おめでとうございます!

天皇陛下行幸の日

 今日は朝から天気がぱっとしません、朝出勤のとき国道の各所に警官が立っており、なにごとがあったのかとおもいましたが、そうなんですね、今日は室蘭に天皇陛下がお立ち寄りになる日でした。何時頃か雨になってしまいましたが、たくさんの方々奉送迎されたのでしょうか。

話が変わりますが、こちらの中央ふ頭では「客船ふじ丸」が寄港しました。今回は日本一周の旅の途上、苫小牧から室蘭までのショートクルーズ企画での寄港で、たくさんの方が楽しまれたみたいです。

さて今日は久ぶりに講座と展示のあんないです。

講座

9月26日 (月)ダンボールコンポスト講座
13:00~14:00 定員:10名 参加料無料但し基材希望者の方
300円  要申込

9月27日(火)パソコン無料相談会があります
13:00~15:00 定員:なし 参加料無料 申込不要

展示

只今開催中~9月17日(土)
花ごよみ・虫ごよみ~ビオトープ・イタンキ活動紹介パネル展

9月20日(火)~10月1日(土)
生涯学習 男女平等参画展

申込が必要な講座は、活センまでお電話ください。

電話0143-25-7070           (S)

満員御礼な活セン!

天気予報では晴れだったのに・・・
1日中曇りでした(涙)
晴れを期待していた私はちょっぴり残念・・・。
でも、風が涼しくて気持ちよかったです♪

さてさて。
今日は午後から活センは満員御礼!
港立市民大学のみなさんが次回講座の打ち合わせをされていました。
また、内モンゴル教育基金のみなさんも10名という人数で来館!
新規の団体さんで「印刷機を今後利用したい・・・」という方もいらっしゃいました。
新しい出会いがあり、スタッフ一同嬉しくなっちゃいました♪

さらにさらに!
写真展でお世話になりました、外川さんもミュージアムで出展する写真を持ってきてくださいました!
うーん・・・打合せしている様子の写真を撮ったのですが、ネタバレになってしまいそうなので今日のブログも写真なしでお送りしました(汗)
内容が気になる方は10月15日~16日に市民会館で行われる市民活動ミュージアムに足をお運びくださいね!
詳細はまた後日お知らせします♪
楽しみにしていてくださいね!


(N)

「リンパを知ろう学習会」参加者募集中!

台風12号が過ぎたと思ったら、今度は地震。
昨夜、浦河沖で震度5の地震がありました。
室蘭市内も震度1ですが、揺れを感じました。
お怪我ありませんでしたか?
もうすぐで東日本大震災から半年。
まだ余震が続いていますので、地震や様々な災害に対する備えはしっかりしたいですね。

さて。
夜の気温が10度台と涼しい気温が続いてきました。
昨日も18度と過ごしやすかったです。
でも、この時期になると増えてくるのが・・・季節の変わり目による風邪。
健康に関する講座が来週行なわれます。
そう、定期講座「リンパを知ろう学習会」です!
NPO法人リンパ健康学普及協会の川島さんによる講座です。
「リンパってよく聞くけど・・・?」という疑問はもちろん、リンパの仕組みや
どんな役割なのかなど教えてくださいます!

これから冬に向かっていくこの季節、是非ご参加ください♪


*リンパを知ろう学習会*
9月12日(月)12:00~13:00
参加無料・定員10名
場所:室蘭市市民活動センター
主催・講師:NPO法人リンパ健康学普及協会 川島雅司氏


(N)

N H Kインタビュー中

 台風は過ぎたはずですが、昨日は大変な一日でしたね。今日は曇ったり雨が降ってみたり、午後には青空が見えたり、忙しい空模様になりました。

 活センギャラリーでは、6日から始まった、花ごよみ・虫ごよみ~ビオトープ・イタンキ活動紹介パネル展が開催中です。代表者がN H Kからインタビューを受けておりました。
s-DSCF5061.jpg
いつの番組か、ニュースかは聞き損じましたが、イタンキがこんなに素晴らしいところですと紹介されます

(S)

ビオトープ・イタンキ活動紹介パネル展開催中

今日は、台風の影響か予定されていた会議も中止になり、来館者も少なく静かです。

活センギャラリーでは、今日から17日(土)まで、NPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭主催による「花ごよみ・虫ごよみ~ビオトープ・イタンキ活動紹介パネル展」を開催しています。
四季の草花や子ども達による「オタマジャクシの放流会」の様子などが、展示されています。

s-DSCF5048.jpg s-DSCF5044.jpg s-DSCF5059.jpg


主催のNPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭は、失われた湿地を復元し、子ども達が生きるものと触れ合える場を作りたいとの思いで、自然保護と自然再生を目指して、平成18年からビオトープの造成をみゆき町の潮見公園内で行い、今年5月の造成工事完了を機に市に寄贈し、8月1日に室蘭市ビオトープ憲章が制定されました。

【ビオトープ憲章】は、ビオトープ・イタンキが未来を担う子どもたちによって、ふるさと室蘭の自然を学ぶ場として活用され、また、自然を愛する市民によって、後世に末永く引き継がれることを願い制定されました。

s-DSCF5053.jpg

(K)

準備中

 朝からどんよりたまーに雨

台風のせいでしょうか?直接上陸はしなくなりましたが
ときより強い風がふいてきます。入口の処に張ってある
ポスターが、ドアが開くたびに剥がれたり剥がれそうになったり

そんな中、明日からはじまるビオトープパネル展準備のため
役員の方々がいそがしく飾り付けをしていきました。
s-DSCF5027.jpg
イタンキ海岸にかって広がっていた湿地帯を利用して
豊かな植生の復活を目指すパネル展です。

四季折々の様子が見られます。        (S)

防災の日

今日9月1日は防災の日です。
防災の日』は、大正12年9月1日発生の『関東大地震』を忘れない為に制定され、避難訓練などの災害時を想定した訓練をおこなう日として知られています。

今朝テレビで岩手県釜石市の沿岸部にある9つの小中学校の避難率がほぼ100%で、「釜石の奇跡」と呼ばれ注目を集めている報道を観ました。
日頃の訓練により、ほぼ全員が、自分の判断や教師の指示などにより地震の揺れがおさまった直後、すぐに避難を開始し、中学生が中学校の上にある小学校の児童を誘導し避難をした様子などが報じられていました。
いざという時は、日頃の訓練が大事だと痛感しました。
今年は、東日本大震災、ゲリラ豪雨、また、台風12号の接近により防災意識は、例年よりは多いのではないでしょうか。

隣の消防署には、地球岬小学校の生徒さん達が、消防自動車を写生していました。
s-DSCF5016a.jpg
s-DSCF5011a.jpg

秋の交通安全運動』が9月21日(水曜日)から30日(金曜日)まで、10日間にわたり実施されます。
この運動に先がけ、活セン前沿道で12時から、交通事故撲滅のため『三万人人と旗の波運動』街頭啓発が実施されました。

DSCF5024a.jpg    (K)

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ