かわらばん編集中!

s-DSCF5450.jpg

今年はは4年に1度のうるう年。
なので2月は今日まで。4年に1度の29日、楽しんでますかー?(謎)
そんな今日、3月を目前に控えているのを天気が察知したのか、急に暖かくなりました。
活セン前の道路も雪が解けて大きな水たまりに。
もう寒くならないことを祈るばかりです・・・!

s-DSCF5449.jpg

そして、只今スタッフは広報紙「活センかわらばん」の3月号を編集中!
こちらももうすぐみなさまの元にお届けいたします♪
写真はネタばれ防止のため手元にあったペンを適当において隠してます(笑)
今回もイベント内容盛りだくさんです。
内容は・・・読んでみてのお楽しみ!

登録団体さんの中でイベント情報の掲載をご希望の団体さんいらっしゃいましたら、毎月24日までにご連絡ください!

(N)

只今取材中!

 私も例年に無い大雪による除雪のおかげで筋肉痛の鈍い痛みを抱えながらの勤務。そんな方、私以外にも多いはずです。今年はうるう年なので、明後日から3月。春が待ち遠しいこの頃です。

 活センギャラリーでは昨日の27日から3月3日まで「15年間 日の出の変化記録写真展」を開催中です。
1月に開催された同写真展ですが、前回も6日間と期間が短く、かつ反響があったことから再び開催するに至りました。

 御歳81歳 アマチュア写真家の外川忠勇氏が撮影、1月に市に寄贈されたイタンキ浜から昇る朝日の写真20点を展示しています。様々な形(20変化)の日の出をぜひご覧ください。

 今日はNHKの取材班が来館。ギャラリーでインタビューをしている模様で、外川さんも熱心に受け答えていました。
 s-DSCF5448.jpg


ちなみにその取材の模様は明日29日(水)の昼12時15分からのNHKのニュースで放送される予定です。
(I)

 
 

キャップ寄贈しました。

 25・26日の観測史上1位になりました、登別の雪、室蘭もそうとう積もりましたね。
皆さん今朝は大変だったのではありませんか。

 今日は久しぶりに晴れて青空になり白い雲がふんわり綿菓子のよう、空だけ春のように・・・

 今日は活センから嬉しい話です。

活センでは、来館者だけでなく、さまざまな方から使用済み切手、ベルマーク、ペットボトルキャップ等をお預かりしていますが、ペットボトルキャップが予定以上集まり今回、室蘭市立港北中学校へ1箱約6,5kgを19箱寄贈しました。
s-DSCF5446.jpg


キャップ800個で20円1人分のワクチンが買えるそうです、活センではこれからもドシドシこのように応援をさせていただきます。皆様にご協力をお願いいたします。  (S)

親子の絆

 今日は朝から雪が降り道路が白くなりました。
このまま降ったらまた少し積もるような気がします。

 活センでは、親子さんが宮古島の写真展を見にきていました、お話では子供さんが、この交流会で宮古島へいってきたそうで写真に大きく写っていました、お母さんがケータイにその写真をとりながら、見に来てよかったね、などと色々そのときの事を、話をしていました、親子の絆をかんじました。ちょっといい感じでした。
この写真展は、今日でおわりです。

なお、来週27日(月)から3月3日(土)まで一度展示しまして大好評をいただきました、外川氏の15年間撮り続けた日の出の変化記録写真展が始まります。今回は最近撮りました写真を入れ替えて展示予定です。皆様のご来館お待ちいたします。        (S)

第2回胆振総合振興局地域特別講演会

s-DSCF5445.jpg

昨日の暖かさは一体どこへやら・・・。
雪が降ったり、やんだり。
晴れたり、曇ったり。
おかしな天気だなぁと感じる今日このごろです。

さて。
胆振総合振興局の方が来られ、講演会のチラシを持ってきてくださいました。
なんと、活センの登録団体でもあります「NPO法人室蘭地域再生工場」の藤当さんが講師!
FMびゅーでも環境に関するコーナーを持っていらっしゃるので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
今回の講演会では、実践事例を交えて、地域づくりから環境・エネルギー問題まで幅広くお話されるとのこと。
面白そうですね~!必見です!
※お申込やお問合せは下記連絡先までお願いします。

s-DSCF5444.jpg

○第2回胆振総合振興局特別講演会○
地域の青い鳥を求めて~室蘭地域再生工場の事例から~


講師:NPO法人室蘭地域再生工場 理事長 藤当 満氏
日時:平成24年2月28日(火)16時~17時30分
場所:むろらん広域センタービル3階会議室A(室蘭市海岸町1丁目4番1号)
参加費:無料
定員:100名
申込:事前にお電話またはFAXでお知らせください。

【申込・問合せ】
北海道胆振総合振興局 地域政策部総務課
担当:木戸・丹崎
電話:0143-24-9561 FAX:0143-23-1443

リフォーム手芸

 今日は久しぶりに天気もよくなり暖かく感じますね。
さて、活センではまたリフォーム手芸「山ぼうし」さんのお話です。
今日も作品展に向け朝一番から活センにきて縫いものをしております。そのなかで、がん患者さんのための帽子と袋物が見本として出来ましたので紹介します。
帽子は冬用と夏用の区別してあり患者さんの気持ちをよくわかって作っています。
s-DSCF5441.jpg
写真左は夏用右冬用

また袋物は大小を作りその時々の使用状況を考えて作ってあります。
s-DSCF5442.jpg
帽子を作る講座は3月12日(月)~14日(水)の3日間行われますので、活センまで申込お待ちしています。       (S)


帽子づくりの講座があります。

s-DSCF5438.jpg
 今朝は雪でしたね、このまま降ったら大変だと思いながら出勤です。今は晴れていますので其のまま其のままでいてと!

さて、活セン 毎月頑張っているリフォーム手芸サークル「山ぼうし」の会が今日も開館がまちどうしいと早くからやってきましたよ。

今日の「山ぼうし」さんは袋づくりをしていました。

来月の3がつ12日(月)・13日(火)・14日(水)の3日間はがん患者さんのための帽子づくりの講座を開催します。

他の町でも、帽子つくりをしている会があると新聞にニュースが出ていました。さて、山ぼうしさんは皆さんと一緒に患者さんを応援しましょうということで、以下のように募集します。

但し2日間かかってで完成しますので、3日のうち2日間参加出来る条件になります。

期日:3月12日(月)~14日(水)各日共13:00~15:00

定員:10名   参加無料

持ち物:フェイスタオル2枚・縫い針・木綿糸・はさみ

主催:リフォーム手芸サークル「山ぼうし」

帽子づくりを希望する方、同じ目的に向かって心を一つにしたい方 この帽子で救われる人がいます。ぜひご参加ください。

詳しくは後日改めてご案内します。

活動センターTLE 0143-25-7070     (S)

見本です!

 今日も寒いですね。
活センには、各町内会や、自治会等の印刷をされる方が多くなってきましたよ。

 さて、話しは代わりますが、3月9日(金)には毎月活センで頑張っているリフォーム手芸サークルの山ぼうしさんの講座が予定されていますが、その時に皆さんと作る予定の布のキーケースの見本がとどきました。
s-DSCF5437.jpg
全体の形は写真のように釣り鐘のようです、その中にキーを入れてしまって置けるようになっています。
簡単に縫え持っていても柔らかさがあり、大きそうですがかさばらなく丸まってポケットにも治まります。
一日で出来なくても、16日(金)の日にも、もう一度おこないますので多くさんの方の受講をおねがいします、まっています。

 北海道胆振総合振興局の地域政策部地域政策課では2月14日(火)~3月31日(土)の期間 東日本大震災で被災されたみなさまに向けて【いぶりから被災地へ!応援キャンペーン】~私たちはわすれない~とした被災地応援メッセージを募集しています。
被災地の1日も早い復興・再生のために、あなたの声を届けましょう。

このメッセージ受付場所は 海岸町1丁目20番30号港湾部庁舎1Fの市民活動センター入口に設置しておりますので投函をよろしくお願いいたします。

 また、今回登録団体として 老人福祉施設 みたらの杜 が登録されました。94団体になりました。 (S)

応援キャンペーン!のメッセージをよろしく

120215b1.jpg
胆振総合振興局よりの依頼により「いぶりから被災地へ!応援キャンペーン」を15日から3月末まで被災地への応援メッセージを募集しています。活センの展示ギャラリー前に用紙を置いて受け付けておりますのでよろしくお願いします。(A)

宮古島関係写真展の予告です

 今日(2/13)の活センギャラリーでは明日から始まる写真展の準備をしていました。
 120213b1.jpg
この写真展は、2010年の7月に室蘭市立喜門岱小学校、室蘭市および室蘭エメラルドの会が宮古島を訪問したときの写真展で、主催は室蘭エメラルドの会です。25日(土)まで開催します。ギャラリーの開催時間は平日は10時~21時、土曜は10時~17時、日曜は休館です。最終日は16時までです。

又、今日は、毎月第2月曜日12時~13時に開催の定期講座である、リンパ学習会です。
120213b2.jpg
私も、昼食後に参加しました。リンパって何?を中心に講師の川島さんが熱心にわかりやすく解説していました。
この講座は,NPO法人リンパ健康学普及協会主催で、定員10名、参加無料、筆記用具持参です。事前申込みが必要なので、活センまでお電話(0143-25-7070)で申し込んでください。次回は3月12日(月)です。申込のお電話お待ちしています。(A)

新着図書のおしらせ

今日の室蘭民報朝刊によると、14日ぶりに真冬日から抜けたそうで・・・。
昨日から室蘭市内暖かいです。
今まで雪が降り積もっていた活セン前の道路も解けて水たまりだらけ。

s-DSCF5422.jpg

でもまた明日から寒くなるそうです~~
ドライバーのみなさん、安全運転でお願いします!

s-DSCF5421.jpg

さて、活セン図書コーナーに3冊の新着図書が入りました!

・こばんさくら/ビーゲンヤン作・永井郁子絵,汐文社,2010
・手話教室入門/全日本ろうあ連盟出版,1996
・手話のハンドブック/篠田三郎・全日本ろうあ連盟,三省堂,1999

こちらの本は市民の方から寄贈された物です。
ありがとうございます♪♪
2週間の期間で貸出出来ますので、ご希望の方はスタッフまでお声かけ下さい!


(N)

作品展目指して

 久しぶりに暖かい日になりました。朝からしばらくの間雪が降っていましたが、暖かくなったり、寒くなったりこんな時には体調の変化に気をつけてくださいね、まだ寒い日が来るみたいですよ。

 今日の活センでは、リフォーム手芸サークルのみなさんだけですが、来月行われる作品展目指して頑張っていました。

毎週月曜日に集まりいろいろな 話題をしながらときには笑い時間いっぱい楽しく縫い物をしていましたよ。

どんな作品が出来るのでしょうか?        (S)

現在、「かってに復興の狼煙プロジェクト」による写真展が開かれています。

この写真展は、従来の被災地の惨状やボランティア達の姿を写した写真展とは異なります。

変わり果てた土地で、必死に前を向いて歩もうとする釜石市民に、

力強いメッセージが添えられているポスターが何十枚と展示されています。

「かってに-」のメンバー二人は、時期は若干違いますが去年釜石に行き、

「復興の狼煙-」のポスターに出会い、非常に強い印象を受けました。

どんな辛い目になっても立ち上がってやるという東北の人が持つ精神的な強さ、逞しさ。

そんな釜石で懸命に生きている人々の姿を、多くの市民に知ってもらいたいとの思いで開催しました。

室蘭では震災の被害はあまりありませんでしたが、釜石で生きる人達の姿から、

自分も頑張らなきゃと勇気や希望を貰えるのではないかと思います。

そして、どうか被災地で頑張っている人達を忘れないで応援し続けて欲しいとも思います。

「復興の-」ポスターをまだご覧になっていない方、是非この機会にポスターを見にいらしてください。(Y)

負げてたまっか

 今日は寒さも一休みでしょうか!節分ですね、年の数だけ豆を食べると良いことがあるとか?。
活センでは只今、東日本大震災の被災地ボランティアに行かれた方によるポスター展を開催しております。
 
s-DSCF5419.jpg
s-DSCF5420.jpg
写真は頑張っている人達です

被災にあった人々の表情が「負げてたまっか」と力強く生きている様子がうかがえます。

2月10日が最終日です多くさんのご来館をお待ちしています。 (S)
プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ