かわらばん4月号完成

 今日は年度末。異動や退職のごあいさつと、年度末ならではの光景が見られる今日の活センですが、お天気は今日も平年以上の陽気です。こうなると眠気にさいなまれることも多いと思いますが、運転にはくれぐれも注意いただきたいです。
DSC_0428(1).jpg
 活センの広報紙、活センかわらばん4月号が完成しました!
 今号は新年度らしく、各団体の会員や講座参加者の募集のお知らせが充実しています。
 「活センかわらばん」は市内の公共施設の他市内各所にて配布しております。
 いろいろと動き出す春です。楽しく充実した春、そして新年度を過ごそうと思うとき、活センかわらばんはきっとお役に立ちますよ!(い)
 

明日から展示「室蘭のれきけん札幌通編」

活センでは明日3月31日から、蘭歴建見会と「むろらん・てつのまち写真館」による展示、「室蘭のれきけん札幌通編」が始まります。
s-DSCN0012.jpg
蘭歴建見会は2013年7月に結成された、室蘭の古い建物を調査し保存活用について考える市民グループで、2014年に室蘭市海岸町~中央町にかけての古い建物をまとめたマップを作成しました。2000部作製したマップの一般への提供は終了しましたが、そのマップの説明や市民から提供を受けた古い地図を展示するほか、掲載された建物の写真を「むろらん・てつのまち写真館」からあらためて提供を受け、展示しています。
「むろらん・てつのまち写真館」とは、室蘭出身の方が運営するfacebookのコミュニティで、室蘭の今を写真を通じて紹介しています。現在市外にお住まいの、室蘭に関わりのあった方なら「なつかしい~」と、現在室蘭にお住まいでも「こんなところがあったっけ?」と思われる写真が何枚もあります。ぜひこちらのfacebookコミュニティものぞいてみてください。

引き渡し式

 今日は暖かになり良い日になりましたね。
今までの天気に戻らないでほしいですね
さて、本日2階の港湾部での人の出入りが多いと思っていましたら、新船の引き渡しがあることがわかりました。
話を聞きますと、午前中は港湾部と保安部庁舎において説明会があり午後からテープカット等の式が催されるようです。
s-DSCF7689.jpg
許可なくては、近寄れないと言うことで写真が遠く小さくなってしまいましたがなんとなく分るでしょうか。
名前は漁船取締り船『北海』といっていました。これからの活躍を期待いたします。 (S)

休館のお知らせ

年度末の忙しい時期ではありますが、3月21日(土)は祝日のため活センは休館いたします。

また、先のことではありますが、第18回統一地方選挙の投票所開設準備のため、下記の日時を休館させていただきます。

4月10日(金)17時閉館・4月11日(土)休館
4月24日(金)17時閉館・4月25日(土)休館

あらかじめご了承ください。

東北に思いをよせて・・・

 暖かい空気に包まれた今日の室蘭。うとうとと眠気がやってくるのには困りますが、ドライバーさんは眠い時には仮眠をとってくださいね。
 3月11日は東日本大震災の日。前後して報道でも振り返ったり、現在を伝える場面が多く見受けられましたが、あれから4年、苦難の復興が進む中で被災地を支援し、また支援する団体を応援する団体や市民の活動も熱心に続けられています。
 活センで今日から始まった展示「届け東北へ クリスマスコンサート&支援バザー ご報告とお礼」は、宮城県を拠点に被災地で暮らす女性の支援を中心に行っているNPO法人みやぎジョネット(みやぎ女性復興支援ネットワーク)の活動を支援している室蘭の団体△(トライアングル)室蘭女子会が主催する展示です。
DSCF7682(1).jpg 
昨年12月にエンルムマリーナで行なわれたクリスマスコンサート&被災地支援バザーの活動報告、そしてみやぎジョネットによる支援活動ならびに被災地である南三陸町の被災時と現在の様子を写真で紹介しています。
DSCF7681(1).jpg
 被災地に出向いてサロンを開設して交流、おしゃべりの場をつくり被災地の人々とりわけ女性の心を癒し、相談に応じる。こうした市民活動を支援する活動もまた市民活動なのです。展示を拝見すると被災地の復興が進んでいる様子も分かりますが、反面まだまだの印象も受けます。瞬間でも東北の被災地に心を寄せるのもまた「支援」のひとつかと思います。
 展示は3月28日(土)までです。(い)

印刷機も大忙し

 今日の朝は暖かい日になりましたね。
週の初めということでしょうか、各団体さんは新年度からの行事と3月最後のイベントで大忙しのようです。
印刷機もフル回転です。
s-DSCF7679.jpg


活センの印刷は、予約の受付は行なっていません。時間に余裕をもち、お互いに譲り合ってご利用ください。

さて、ギャラリー明日からは『「届け東北へ クリスマスコンサート&支援バザー」ご報告とお礼』ということで被災者支援グループからの謝意と宮城県南三陸町の被災地の時と今現在をくらべた写真展がはじまります。皆さま是非ご覧いただいて、被災者の皆さんへメッセージをください!お待ちしています。  (S)

次回作品展にご期待

 昨日までの嵐朝静かになったと思っていましたら、突然また大風が吹いて玄関前に出していた看板が剥がれそうになってしまいました。急いで直しましたので何事もありませんでしたが。

さて、活セン開催中のたたら製鉄の世界展はさすが人気があり、興味をもった方はいろいろ質問しています。14日(土)13時~15時には講座もありますので、ご来館お待ちしています。
また、17日(火)から始まります『「届け東北へ クリスマスコンサート&支援バザー」ご報告とお礼』の準備のため△(トライアングル)室蘭女子会の方が資料や展示物をたくさん持ってきていました。その中で特に目についたのが、東北地方の地図でした。
s-DSCF7675.jpg
昨日が4年目の鎮魂の日ということで気になったものです。まだ復興が進んでいない、余震も続いているのも気になりましたが、災害前と現在の様子をパネル展示しますので是非ご覧ください。(S)

まち・むら 地域づくりの参考に

 未明からの暴風雨にて小中学校は臨時休校、伊達方面では国道の通行止めなど影響がでた今日みたいな日は、必要以外には外出せず、静かに過ごされるのがよいかと思います。
 
 選挙も近いこともありますが、地域、まちづくりの課題や未来のことなどを考えたり、思いを馳せたり、そんな機会もあるかと思います。
 市民活動センターには市民活動、まちづくり活動の参考になる冊子や図書を配置し、自由にご覧になることができます。
 DSC_0416(1).jpg
 その一部でありますが、「地域づくり」(一財 地域活性化センター 発行)は全国の行政、企業、NPOなどが地域活性化、地域再生に取り組む事例中心にを紹介されいます。今月号には老朽した空き家の活用に取り組む広島県尾道市の団体の事例が紹介されているなど、室蘭地域が抱えるまちの課題の参考になる事例も見受けられます。
 自治会町内会情報誌「まち・むら」(公財 あしたの日本を創る協会 発行)も同様の取り組みを紹介していますが、地域コミュニティーの取り組みを中心に全国各地の活動を紹介しています。
 町会をはじめ、まちづくり活動など地域課題の解決や活性化に向けて活動している中で、全国の取り組みにふれることはいい刺激になり、参考になることと思います。ぜひご活用ください。(い)

今日も鉧(ケラ)の話です

 道東地区の皆様には申し訳ないほど今日の室蘭は天気がよいです。

ギャラリーも日本古来の製法を用いた、たたらの製鉄を一目見ようと来館された方などから沢山の質問をうけていましたよ。

今回は鉧(ケラ)が沢山出品されています。その塊(かたまり)から刃物等が出来上がる話は聞きいってしまいます。
s-DSCF7663.jpg

素晴らしいたたらのパネルと一緒にごらんください。(S)

たたら製鉄の世界

明日から展示「たたら製鉄の世界」が始まります。
室蘭登別たたらの会の皆さんに、すでに展示の準備を整えていただいてます!
s-DSCF7661.jpg
平成9年に輪西神社祭典でたたら製鉄が行なわれたのが、室蘭での(そして道内での)初めての一般公開たたら製鉄だったそうで、そのときの新聞記事なども展示されています。
s-DSCF7662.jpg
↑たたら製鉄でできる鉄の塊「ケラ」

3月14日(土)13時からは、室蘭登別たたらの会代表の石崎さんによる講座「たたら製鉄の世界」もありますので、お申し込みの上、ぜひご参加ください!熱い語りと映像でたたらについて面白く学べます。
講座お申し込みは0143-25-7070 活センまでお電話でどうぞ!
プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ