3月も残り2日ですよ

こんにちは
今日の天気は曇り、ときどき雨で少し肌寒いですね。気づけば3月も今日を含めて残り2日です。2016年もすでに4分の1が過ぎてしまいました。
time flies like an arrow (光陰矢の如し)
月日が過ぎるのは本当にはやい。年をとるたびに1年の間隔が短くなっているような気がします。10年後、20年後にはもっとはやく時間が過ぎていくのかと思うと、限りある時間を有効に使わないといけないと感じる今日この頃です。

さてさて、昨日のサッカーみましたか。日本がシリアに5-0で勝ちました。前半日本が圧倒的に攻撃するもなかなか得点カが奪えない中、後半に香川選手の反転からのボレーシュートはお見事でしたね。あの1本でゲームの流れが変わった気がします。ここぞという時にシュートを決めることができるのはエースであり、エースの仕事です。次はアジア最終予選です。サッカー男子日本代表にはぜひワールドカップに出場してほしいですね。

暖かい一日

今日は朝から気持のよい日になりました。
気温も上がり暖かい日でしたので、休み中のお孫さんを連れてくるおじいちゃんがちらほら見え、印刷のやり方等、男の子に説明しています。
もう一方のおじいちゃんは女の子と一緒に来館です。
春を感じた一幕でした。

まだやってますよ ゆきまつり活動報告写真展

今日も良い天気ですね
ついに先日寝台急行列車はまなすが廃止となってしまいました。ちょうどその時私は札幌でラーメンの食べ歩きをしていたんですけど、はまなすが廃止になっていた事に気づかずに終電を乗り過ごしてしまい札幌で一夜を明かすことになってしまいました。まあ、翌朝始発の電車で無事に帰れたので良かったんですけど…

第6回雪像ゆき第6回雪像ゆきまつりinだんパラ活動報告 写真展
今年はゆきまつり開催当日とその前の日に雨が降り大変でしたが実行委員の皆さんと市民の方々が作った雪の迷路や雪像の写真が展示されています。私も第五回、第六回で実行委員として参加させてもらっていたのですが市民の皆さんや実行委員の方たちと山で作業をするのがとても楽しくて達成感のある活動だったとおもいます。今年ゆきまつりに来てくださった方もそうでなっかた方もこの写真展にぜひ来てください。そして、来年だんパラで一緒にゆきまつりを楽しめることを願っています。

第6回雪像雪まつりinだんパラ活動報告写真展
期間 3/15(火曜日)~3/26(土曜日)  最終日15:00まで
内容 2月14日に開催された第6回雪像ゆきまつりinだんパラ、準備から開催までの模様を写真(20~3点)でご紹介します。
主催 市民雪像づくり実行委員会

講演会「クマと安全に付き合う方法」、聞いてきました。

KC4H0544.jpg
3月19日(土)、室蘭市市民会館2Fでおこなわれた講演会「クマと安全に付き合う方法」にお邪魔しました。
室蘭岳近くにもクマがいるのではないか…という話から、室蘭きのこの会とNPO法人ビオトープ・イタンキin室蘭の共催により計画されたようです。
講師は、登別クマ牧場の元学芸員、前田菜穂子さん。アイヌとクマの関わりや、海外の自然学習地でのクマとの関わり方、クマのかわいらしい子育てのようす、良いクマと悪いクマがいて、悪いクマは駆除するしかないがほとんどは良いクマで、クマの方から立ち去ってくれること…などを2時間かけて説明されました。
市民会館の中会議室が満員!100人はいましたね。
質問も尽きず、クマに興味のある方は多いんだなぁと思いました。

クマへの対処法を簡単に説明すると、
・クマ鈴は必須!!曲がり角や見通しの悪いところでは、手を叩いて「入るよ~」と声かけをしましょう。
・クマに会った時は複数の人が手をつないで上に上げたり、傘を開いたり、シートを広げたりして体を大きく見せて、クマが去っていくように仕向ける。動作は必ずゆっくり行なう。
・決して走って逃げない。背中を向けずゆっくりと後ずさりして距離を取る。
・それでも近づいてくるのは「悪いクマ」の可能性があり、ナタやカマで応戦するか、首を隠して地面に伏せ、じっとしているのが良い。

という内容でした。
なるべく遭いたくないですが、もしものときには適切に行動しないと命に関わります…。
これから山菜取りのシーズン、ぜひ皆様も心の準備だけはしておいてください!

詳しいお話は萱野茂氏と前田菜穂子さんの共著「よいクマわるいクマ」を参照して頂くか、登別温泉近くの「カント・レラ」のヒグマ学習センターでご確認ください。

余談ですが、ある人が道外出身者の方に
「山に行く前に○○銀行に行って、クマ保険に入った方がいいよ~」
と言ったら、本気にして○○銀行に行った方がいたらしいです。
そんな保険はありませんので、ご注意を!
(み)

サンドアート体験講座 申込受付中

みなさん、こんにちは
今日も暖かいですね。こんな日は散歩がしたくなりますねぇ。散歩をしていると普段気がつかないことに気づいたりして新たな発見があるのです。ぜひ、みなさんも軽い運動に散歩をしてみてはどうでしょうか。

さて、砂で絵を描こう!サンドアート体験講座についてです。
サンドアートとは説明しなくてもわかる方が多いと思いますが砂で絵を描くことです。今回は参加していただいたみなさんに実際に砂で絵を描いていただきます。普段は絵の具や鉛筆などでしか絵を描かないという方もこの講座に参加してみると新しい発見があるかもしれませんね。
只今、講座申込み受付中です。残り3名となっていますので参加したい方はお早めに。

砂で絵を描こう!サンドアート体験講座
日時 4月12日(火) 10時30分~11時45分 
参加費 無料
持ち物 エプロン、ウェットティッシュ
講師 森 マサミチ氏
内容 砂で絵を描いていただく、体験講座

雪像ゆきまつり写真展開催中

 活セン展示ギャラリーでは、市民雪像づくり実行委員会主催による、「第6回雪像ゆきまつりinだんパラ活動報告写真展」を開催中です。2月14日に風雨にさらされた悪天候の中で、準備から開催までの模様を22枚の写真で紹介しています。

160316blog2.jpg
上の写真は制作中のブロック作り風景
160316blog1.jpg
右上は室蘭市のマスコットくじらんかまくら
右下はプロ集団による雪像スパイラル

以上、ほんの一部をご紹介しました。是非活センまでいらして、実際の見事な写真をご覧ください。
来週の26日(土)まで開催しております。
展示時間は、平日は10時~21時、土曜日は10時~17時、最終日は15時まで。日曜・祝日は休館です。(A)

悠悠ライフ教養講座、10周年

s-DSCN0653.jpg
今日の午前中は、悠悠ライフ教養講座の運営委員のみなさんが資料づくりなどをされていました。
今年、悠悠ライフ教養講座は10周年を迎えられるそうです、おめでとうございます!
10周年記念誌を活センにもいただきましたので、お立ち寄りの際にご覧ください。
また、できたてほやほやの平成28年度の教養講座年間計画も資料としていただきました。
悠悠ライフの講座は60歳以上の室蘭市民が対象です。興味のある方はぜひ参加してみてください。

申込方法などは広報むろらん3月号に掲載されています(6ページです)
http://www.city.muroran.lg.jp/main/org1400/documents/2016_03p2-7.pdf

悠悠ライフや室蘭港立市民大学など、室蘭には学びの場がたくさんあります!
北海道の中では雪も少ないですし、札幌や新千歳空港、道南方面などへのアクセスもいいですし(道内感覚ですが)、登別や洞爺湖など温泉・観光地が近いですし(←繰り返しますが道内感覚です)、退職後の移住をお考えの方には、室蘭はいいところだと思いますよ!(み)

たたら製鉄講座終了しました

 室蘭登別たたらの会の石崎勝男氏が講師による「たたら製鉄講座」が活センで開催されました。講座に先立ち、今日は東日本大震災の発生から5年となったことから、全員が黙とうしました。その後1000年以上の歴史を持つ日本古来の製鉄法「たたら製鉄」について日本の歴史をはじめ、室蘭の鉄づくりの歴史をプロジェクターにより詳しく解説しており、14名の受講生は熱心に聞き入っておりました。
160311blog1.jpg

たたら製鉄とは鉄原料として砂鉄、木炭を燃焼熱として、砂鉄を還元し、鉄を得る方法で、その出来た鉄の塊を鉧(けら)といいます。
160311blog2.jpg
上の画像は、明日(12日)15時まで展示の鉧です。

来週15日(火)からは、市民雪像づくり実行委員会主催による「第6回雪像ゆきまつりinだんぱら活動報告写真展」を開催致します。お楽しみに!(A)


たたら製鉄の会 展示会やってます!!

こんにちは
今日は天気も良くあたたかいですね。春が近づいているのが感じられます。なお、私に春が訪れる様子はいまだにない模様。

さて、今日もたくさんの人がたたら製鉄の展示会を見に来ています。さまざまな形の鉱物や刃ものが展示されており、実際に触れることができるのでみなさん興味津津です。ちなみに、私のお気に入りは玄武という名の鉱物です。奈良県出身なので親近感が湧いてしまいます。
こうして日本の文化を身近に感じられるのはうれしいことですね。ぜひ、みなさんも1度市民活動センターへ足を運んでみてはどうでしょうか。


たたら製鉄 活動5年の歩み
 主催:室蘭登別たたらの会
 展示期間 3月1日(火)~12日(土)

かわらばん3月号配布中です!

空から降ってくるものが雪から雨に変わると、春が近いなぁと感じます♪
活センサポートチームの学生さん枠(?)も入れ替わり、そんなところからも季節の変わり目を感じる今日この頃。
そういえば、先日工大の先生が
「初めての一人暮らしも多く、不安な新入生たちを『ようこそ室蘭へ!』と横断幕を掲げるなどして歓迎してほしいですね~」
という話をしていました。そういえばそういう取り組み、あんまりなかったかもしれませんね。
未来を担う学生さん達、歓迎の気持ちで迎えたいと思います!

さてお知らせが遅れましたが、活センかわらばん3月号(PDF)がホームページからダウンロードできますので、3月のお出かけや助成金の申請の参考などにご活用ください。

室蘭市市民活動センター/webかわらばん

<登録団体のみなさまへお願いです!>
年間の行事計画がお決まりになりましたら、活センにもお知らせください。
活センかわらばんの「登録団体情報」コーナーにて随時ご紹介いたします。
また、会員募集などの情報もお寄せください。
よろしくお願い致します!

はじめまして!!

はじめまして
室蘭工業大学 学部2年 中田理幸です。

今日から室蘭市市民活動センター行政パートナーの一員となりました。これまで担当だった畑添さんに代わり担当することになり、少し緊張しています。初めてのことばかりで皆さんにご迷惑をおかけするかもしれませんが一生懸命がんばります。

さて、ここで私のプロフィールを紹介したいと思います。興味がある方も興味がない方も読んでいただければ嬉しいです。

出身地 奈良県橿原市
性別 男
年齢 20歳
趣味 散歩、旅行、雑談
嫌いなこと 勉強(特に国語、英語が苦手です)
室蘭の印象 工場夜景と白鳥大橋のコラボが素晴らしい!また、内陸県の私からすると海が近くて羨ましいです(津波が心配だが・・・)。

私は室蘭出身ではありませんがこのまちをもっと良く出来るように皆さんといっしょにがんばるのでよろしくお願いします。
プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ