北の近代三都物語

空知は、石炭を掘り出すことによって北海道の開拓を先導した
小樽は、港と運炭鉄道によって北海道のゲートウェイとして繁栄した
室蘭は、空知の石炭から鉄や鋼を作り日本の近代化を支えた

そこは、近代北海道

今日の暮らしの原点が…ここにある



上記は、「北の近代三都物語」のパンフレットのコピーです。
石炭をキーワードに、空知・小樽・室蘭の3地域が連携、フェスタや写真展などを合同で開催いたします。
室蘭では連動した企画として、てつのまちプロジェクト主催の「アイアンフェスタ2010」や「夜の工場景観ツアー」などを9月25日(土)・26日(日)に開催いたします。

空知で採掘された石炭は、室蘭の製鉄所の燃料に使用されるなど、私たちの生活に密接に関わってきた歴史があります。
キャンペーンを通じて、北海道の産業を支えた炭鉱の歴史を振り返ってみてはいかがでしょうか。
北の近代三都物語

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ