「写真と書のコラボレーション展」開催中♪

活センでは市民団体の活動発表や趣味のサークル、町内会のサークル、個人で取り組んでいるさまざまなジャンルの作品発表の場として、ギャラリーを無償で提供しています。

現在開催中の「写真と書のコラボレーション展」は、市内在住の相原勝彦さん、丹波裕之さんによる写真と書の作品展です。
相原さんは2008年に「イタンキ 冬の顔」、2009年に「イタンキ 風と波と砂と」のタイトルで、活センギャラリーで写真展を開いています。
今回は友人の丹波さんの書と、初めてのコラボレーション。
写真のテーマは桜です。

s-DSCF3970.jpg


どの写真も趣きがあり素敵ですが、前日の雨で花びらが落ち、桜の川・・のように見える1枚はとても幻想的です。
相原さんにその話をすると、「これは、たまたまだよ。狙って撮れるものじゃない」とおっしゃっていました。

s-DSCF3973.jpg


丹波さんの書の横には、書かれている文字の意味がわかりやすく解説されています。
展示作品6点の中で私のお気に入りは、室蘭民報10月5日付夕刊でも紹介されている「理順義存」です。
書体が好みなのですが、意味は道理にかない正しい行いをすると書かれていました。

「写真と書のコラボレーション展」は、16日(土)の4時まで開催しています。
この機会にぜひご覧になって、みなさんのお気に入りの写真、書を教えてくださいね(Y)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ