「今、私たちにできること」

 11日の東北太平洋沖地震(東北関東大震災)の発生から6日が経ち、各報道によりその惨状が刻々と明らかになり、なお拡大を続く現状に皆さんも不安な気持ちを抱えていることでしょう。被災など影響を受けている方、ならびに親類知人などに被災された方におかれまして、心よりお見舞い申し上げます。

 写真は、室蘭港の今日の様子です。11日の地震による津波では最大90センチを観測しました。
 活センからは手前に日鋼、奥に新日鐵の工場群が見渡せます。

s-DSCF4422.jpg

 室蘭と同じく鉄の街、岩手県釜石市はご承知の通り、大津波に街がのみこまれ、製鉄所も操業不能に陥る大惨事となっています。

 被害が比較的軽微だったと言える室蘭地方に住む私たち市民が「今、できること」とは何か・・・。
 

 市民ひとりひとりが多かれ少なかれ先行きに不安を抱えている現状で、生活に影響の出ない範囲で支援をする心がけは大事かと思います。
 
 今、身近にすぐ実施できるのは「募金」です。コンビになど各所に募金箱が設置されています。またインターネットを通じカード決裁での募金も見受けられます。その他各種募金が実施されてます。しかし、募金を称した詐欺まがいの行為も横行しているとの事。くれぐれも注意願います。

 血液センターによりますと「血液」が圧倒的に不足しているとのことです。
 室蘭では東町に血液センターがあります。献血にご協力ください。

 今すぐ現地でボランティア活動に携わりたい・・・と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、現地の状況など情報を精査して、然るべき時期に的確な判断の上責任持っっての行動が求められると思います。

 先日、室蘭市内の市民活動、まちづくりに関わる若手有志数人が集まって「何ができるか」話し合ってる場面がありました。

 ここ室蘭からも「支援の輪」が広がろうとしています。(石)




 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ