認知症サポーター養成講座が開講されて

本ブログをご閲覧なさっている皆さま、こんにちは。活センサポートチームの長舟和馬です。
(もしかしたら朝ごらんになっておりましたらお早うございます、晩にご覧になっておりましたら今晩は。インターネットは何時でも閲覧できるので適切な挨拶が難しものですね)

最近は涼しくなり夜は長袖で就寝しないと風邪を発症するのではないかと恐れている次第です。皆さまもお風邪には十分ご留意ください。

さて、本日は、タイトルにある講座が開かれました。活センが会場であり、朝からレイアウトを考えたり設備を整えたりとしてきました。

下に掲示した写真のとおり、すべての椅子に参加者が座り講師の話を熱心に聴いておりました。身近に認知症の方がいる方もいるようで、講座終了後には質問をするされている方もいました。

講座の中では、映像を流す時間がありましたが、作業している傍ら聞こえる内容には、地域の一人ひとりが気づき、声をかけたり配慮するなどの応対が必要とありました。

皆さまも、一度調べものをしたり身近に認知症の方がいないか気を配ったりしてみて、皆さまが気快くなる一助になっていただけることを心より願っております。

また、このような文章を書くからには、小生も積極的に配慮していきたい、そんな風に思う講座でした。

それでは皆さん、さようなら。120927Small.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ