吹雪の中雪かきを行って感じ得たこと

本ブログを閲覧なさっている皆さま方へ

こんにちは、活センチームの長舟和馬です。
いかがお過ごしでしょうか。毎年12月7日~8日ごろは、二十四節気の一つである大雪という節季であることをご存知でしょうか。本日はまさに大雪であると感じる日和です。足もとの悪い中皆さまはご安全に過ごせていらっしゃるでしょうか。

危険な場所へ外出することのないよう、安全な一日を過ごしていただくことを願うばかりです。本日お手伝いを活センで行っておりますが、玄関の雪かきを雪まみれになって行うことで思ったことがあります。それは、どこまで行っても終わりはないということです。これは必ずしも雪かきに関することばかりではなく、実に様々な事について当てはまると思います。

雪かきに類似したものでは落ち葉を掃いて集めるということがあるのかと思いますが、それだけでなく、例えばボランティアに代表する相手を気遣う気持ちは終わりがないと思います。

『こうすれば相手は喜ぶかな』、『こんなことをしたら相手は悲しんでしまうかな』その他もろもろの事があるでしょう。しかし、そういった気持に終わりはないのです。終わらないから素晴らしいということもあるでしょう。私の配った気持ちが、相手に伝わりその気配りが連鎖するということはどんなに素晴らしいことでしょうか。

こんな感じで良い意味の文章にしておりますが、『雪かきについては何時まで行ってもすぐ積もって終わらないなぁ』なんて気持ちでいっぱいの雪かきでした。

とりとめもない話をしてしまって大変恐縮ですがそれでは本日はこのあたりで本日のブログを終わらせていただきたく思います。皆さん、良い週末を。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ