大学生の目(2)

みなさん、こんにちわ

今日の天気はすごいですね。雷がなったり、大雨が降ったりと空もなかなか忙しそうです。


ところで今日は、私が思ったことについて話します。

現在、活センでは今年入学した室蘭工大生が調べたことについてまとめたポスターが6枚貼られています。
ポスターの中には室蘭の知名度を上げるにはどうしたら良いかというものがありました。

室蘭工大生は室蘭について何も知らない人がほとんどです。私の周りの友人で室蘭について知っている人はほとんどいないと思います。
なぜ、室蘭工大生は室蘭について興味がないのかというと、単純に興味がないからですね。
興味がないから知ろうとしないし、調べようとも思わない。

これは室蘭市からすると重大な問題です。大学生が自分のいる「まち」に興味を持つことは大切なことだと思います。
なので、このような授業は室蘭について知る良い機会だと思いました。

正直、私も受けてみたかったです 笑

なぜ、興味がないのか理由は様々ですが、私が思ったことは、入ってくる情報量が少なすぎるということです。
例えばですが、東室蘭駅のホームや入口などに「○○なまち室蘭」など室蘭の宣伝になる看板があるだけで印象は変わるかもしれません。
室蘭工大生は、室蘭で雲海が見れることや白鳥大橋が人気アニメの映画で出てくることをあまり知らないと思います。
すこしでも室蘭に関する情報が自分に入ってくれば、室蘭の印象は変わるかもしれないですね。


今日は、分かりきったことを長々と書いてしまいました。
こうしたらもっと良くなると分かっていても予算が無いなど、様々な理由があるんだと思います。
やはり、「まちづくり」は難しいですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ