室蘭きのこの会講座 「日本の冬虫夏草の不思議」

今日は午後1時から、室蘭きのこの会・西原さんを講師に迎え、「日本の冬虫夏草の不思議」と題した講座が開かれました。

現在活センギャラリーではセミや甲虫、その幼虫にとりつくキノコ「冬虫夏草」のパネル展を開催中ですが、実際に標本を見たりしながら聞くお話はとても興味深く、みなさん熱心に耳を傾けていました。

s-DSCF2800.jpg

s-DSCF2805.jpg

西原さんによると、「きのこは生物扱いではないため、貴重な働きがあるも研究が進んでいない分野」とのこと。
・きのこは落ち葉を分解するため、森に葉っぱが大量に落ちてもたまらない。
・ボリボリの名で親しまれている「ナラタケ」は数千年の歴史を持っている。
など楽しく説明してくださいました。

最近は「冬虫夏草」に免疫機能を向上させる働きがあると注目されているそうです。

室蘭きのこの会では、いっしょに活動する仲間を随時募集しています。
植物や自然に興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。(山川)


室蘭きのこの会

代表者 西原羊一
TEL 46-2189
FAX 43-1521


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

活センサポートチーム

Author:活センサポートチーム
 室蘭市市民活動センター(活セン)行政パートナーのブログ。平成22年度から「活センサポートチーム」が行政パートナーとして室蘭地域の市民活動を応援します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ